初ミュージカルに挑む橋本良亮

初ミュージカルに挑む橋本良亮

橋本良亮、ミュージカル初出演 「『
ユー、明日からデビューだよ』という
ような感覚」

 ミュージカル「ネクスト・トゥ・ノーマル」の初日当日フォトセッション&囲み取材が25日、東京都内で行われ、出演者の安蘭けい望海風斗、橋本良亮(A.B.C‐Z)ほかが登壇した。
 本作は、2009年にトニー賞の11部門にノミネートされ、主演女優賞をはじめ、3部門を受賞したミュージカル。一人の女性、一つの家族の姿を通して、現代社会が抱える家族間の絆やその崩壊、再生を描く。今回の公演では、主人公ダイアナを安蘭が演じるチームと、望海が演じるチームの2チーム制で上演する。
 安蘭は「双極性障がいのダイアナを囲む家族の話で、題材は重いですが、最後は希望で終わるところが大好きです。生かされている、生きている実感をとても感じられる作品だと思います」とアピール。
 一方、望海は「お稽古をして、舞台稽古をして、やればやるほどこの作品が大好きになるので、その気持ちを大切に、来てくださるお客さまに目いっぱいのものをお届けしたいと思います」と意気込みを語った。
 ヘンリー役の橋本は、本作への出演が決まったときの心境を、「これまで音楽劇はいろいろとやらせていただきましたが、がっつりのミュージカルは初めてで不安でした。入りたてのジュニアに、『ユー、明日からデビューだよ』というような感じです」と故ジャニー喜多川さんの口ぐせに例えて会場を笑わせた。
 そして、「最後まで、昆(夏美)ちゃんが演じるナタリーを1カ月間、がっつり愛したいと思います」と宣言した。
 また、橋本は、稽古前に、本作の13年の日本初演にも出演し、ドクター・マッデンを演じる新納慎也に相談したことも明かし、「『難しい舞台ですが、アドバイスありますか』って聞いたら『難しいから頑張って』とだけきて…なので頑張りました」と語った。
 舞台は、4月17日まで、都内・日比谷シアタークリエほか、兵庫、愛知で上演。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着