福士蒼汰・宮野真守出演の劇団☆新感
線最新作、いのうえ歌舞伎『神州無頼
街』 ライブビューイングの開催が決

2022年3月29日(火)に大阪公演楽日を迎え、この後、静岡・東京公演を控えている劇団☆新感線の最新舞台、いのうえ歌舞伎『神州無頼街』。この度、5月14日(土)に舞台のライブビューイング(生中継)が開催されることが決定した。日本全国の映画館約100館&台湾4館で上映する。
また、このライブビューイング開催を記念して、『神州無頼街』でバディを組む福士蒼汰と宮野真守が2017年にそれぞれ主演を務めた劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『髑髏城の七人』Season月 上弦の月&下弦の月のゲキ✕シネ復活上映も決定した。
劇団☆新感線42 周年を迎える22年春は、一昨年コロナ禍により公演が叶わなかった、いのうえ歌舞伎『神州無頼街』を満を持して上演。“幕末”や“侠客”という、これまで中島がいのうえ歌舞伎では取り上げなかった題材を用いて、猥雑で妖しく、摩訶不思議な世界を、主宰・いのうえひでのりが、歌あり踊りあり立ち回りあり、そのすべてをショーアップさせて創り上げ、王道“いのうえ歌舞伎”として届けている。
物語の主人公で博識の若き町医者、秋津永流を演じるのは福士蒼汰。テレビドラマ初主演作品の『仮面ライダーフォーゼ』で中島かずき脚本と出会い、記念すべき初舞台が2017年の『髑髏城の七人』Season月 上弦の月だった。そして陽気でお調子者の口出し屋、草臥を演じるのは宮野真守。福士と同様『髑髏城の七人』Season月 下弦の月が劇団☆新感線初参加だったが、今回は中島による彼のキャラクターに合わせた“当て書き”を得て、さらにそのチャーミングな魅力が表現されている。このふたりが今作で待望の共演を果たした。さらに、松雪泰子、髙嶋政宏、木村了、清水葉月という華やかで実力のある俳優に加え、粟根まことのほかお馴染みの劇団員たちも勢揃いし物語世界をしっかりと支えている。
そんな今作を映画館で体感してみてはいかがだろうか。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着