加藤智子・西川俊介

加藤智子・西川俊介

【加藤智子&西川俊介インタビュー】
W主演映画『私だってするんです』が
、DVD発売&配信するんです!

女優の加藤智子さんと俳優の西川俊介さんがW主演した映画『私だってするんです』が、4月1日より東映ビデオ・オンラインショップにて販売されることが決まった。同日より、MIRAIL限定で配信も開始される。

池袋ヒューマックスシネマにて、3月11日より3月18日までの期間限定で公開された本作は、コミックバンチに連載された小谷真倫さんの同名コミックをもとに荒木憲司監督がメガホンをとった青春コメディ。放課後の教室で自慰をしてた慰舞(演:加藤)が江田(演:西川)に見つかってしまったことをきっかけに、二人が他人の性的興奮要素を記録した「オカズノート」の完成を目指しながら、性と愛情への理解を深め、成長するさまをコミカルに描く。
加藤さんはアイドルグループ・SKE48を卒業後、舞台やテレビで活躍中。現在撮影中の映画『あの日。』や、公開間近の作品も控えている。最近は役柄の幅も広がり、「映画祭で賞がとれるような女優を目指したい」とさらに意欲を見せている。
西村さんは出世作となった『手裏剣戦隊ニンニンジャー』を始め、映画・ドラマで活躍中。5月20日からは東京ドームシティ・シアターGロッソにて上演される舞台『淡海乃海-現世を生き抜くことが業なれば-』にも出演する。
映画公開初日(3月11日)に、二人がGirlsNewsの取材のインタビューに答え、撮影でのエピソードなどを語った。
<インタビュー>
--ようやく公開に漕ぎ着いた今の心境は?
加藤「撮影から4年ですよねぇ。やっとこの日を迎えられて、もう嬉しいという言葉しかありません」
--これだけ期間が開くと思ってましたか?
加藤「いや、思ってなかったです。当時はこんなご時世になるなんて想像もつかなかったので、もっと早く皆さんに届けられると思っていました」
--公開が延期されたときは、少し先になるくらいに思ってましたが、コロナ禍がいまだに続いてる状態ですからね。
加藤「今もコロナウイルスと戦ってる方もいらっしゃいますが、ようやく出口が見えて、芸能界もこれから盛り上げていこうという流れになっているので、私たちもこの作品で世間を明るい気持ちにできればと思います」
--4年も経ってしまいましたが、いまだに忘れられない撮影のエピソードはありますか?
加藤「セリフにセクシーな単語がたくさん出てくるんですけれど、私たちがそういった言葉を熟知してないと、観客に理解してもらえないので、2人で台本を熟読しました。もう恥ずかしいとか言ってる場合じゃなくて、よりよいものを作ろうと真剣でした。いま客観的に見たらすごい現場でしたね(笑)」
--西村さんもやはり恥ずかしかった?
西村「男友だちとなら、そんな話はしょっちゅうありますけど、加藤さんが相手ですからね。すいませんっ!ごめんなさいっ!って気持ちでした(笑)。 役だからと自分に言い聞かせてやらせていただきました」
加藤「いま思うと、きっと私より男性側の方がハードルが高いですよね。本当にプロだと思います」
西村「役柄的にニヤニヤして言ってはいけないので大変でした」
--お互いの印象はどんな感じでした?
加藤「初見はすごくクールの方かなって思ってました。真面目に役に打ち込んで、一人で練習をされていることが多かったのでそう思ったんですけど、だんだん撮影をしていくうちに、天然だなって(笑)。一番印象に残っているのが、次に撮影するところとは全然別のところを直前まで練習してたんですよ(笑)。本番で “よーい、スタート!” って、声がかかった瞬間に “えっ!” って、驚いた顔になっていて、すごく可愛らしい方だなと思いました」
--逆に加藤さんについては?
西村「加藤さんって、こんな清楚な方じゃないですか? それが下ネタみたいなセリフをいえる人なのかな?みたいな印象は最初ありました。でも、さすが女優さんですよね」
--下ネタ的な話は女性同士でもするものですか?
加藤「私の周りではしないですけど、一般的にはするって言いますよね。多分、私が一般とはかけ離れてるんですけど、この映画を観てもらえれば、女の子同士の日常会話が垣間見れて、男性の方はちょっと嬉しいんじゃないかなと思います」
--映画では、人それぞれの変わった “オカズ” も紹介されていますが、お二人のちょっと変わった性癖やフェチとかはありますか?
加藤「私はふっくらした方を見ると、つついてみたくなるんです(笑)」
--どの辺を?
加藤「お腹とか、ほっぺたとか、二の腕とか、ぷにぷにしてみたくて。でも、ちょっと変な人だと思われるから、したくてもすごく我慢してます」
西村「フェチで言うと、鎖骨ですね。鎖骨のくぼみに水を溜めてメダカが飼えるくらいなのがいいです(笑)。きれいな鎖骨に色気を感じます。正直、鎖骨の方が谷間より興奮します(笑)」
--最後にお客様に向けてメッセージをお願いします。
加藤「セクシーな内容を真面目に面白くコメディとして描いた新感覚の作品なので、ぜひ皆さんに体感していただけたらと思っています。」
西村「男の子だったら大好きな内容だと思いますし、たぶん、全人類が好きだと思う。ただのエロだけじゃなくて、高校生らしい甘酸っぱさがある。そういうところにも注目していただきたいです」
 
DVDは、劇場で隔日上映された『私だってするんです』1&2の両作品を同時収録。さらに映像特典として、合計45分以上となるメイキング4種も収録されている。
商品紹介ページ
https://www.toei-video.co.jp/special/surundesu_movie/
商品購入ページ「東映ビデオ」(4月1日(金)10:00より受付開始)
https://shop.toei-video.co.jp/products/detail.php?pid=DSTD04989
限定配信「MIRAIL」(4月1日(金)より)
https://mirail.video/title/4990014
🄫小谷真倫・新潮社 🄫2020 映画「私だってするんです」製作委員会

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着