菅田将暉 日テレ『news zero』新テーマソング「惑う糸」OA開始!

菅田将暉 日テレ『news zero』新テーマソング「惑う糸」OA開始!

菅田将暉 日テレ『news zero』新テー
マソング「惑う糸」OA開始!

『news zero』新テーマソング「惑う糸」本日よりOA開始!

2017年から本格的に音楽活動を開始し、音楽アーティストとしても注目される菅田将暉。2019年リリースの「まちがいさがし」は各配信ストアにて1位を席捲し、ストリーミング2億回再生を突破。
米津玄師と菅田将暉のコラボ曲『灰色と青』のタイトルの意味知ってますか?
https://utaten.com/specialArticle/index/2236
その年には『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場を果たし、『第61回 日本レコード大賞』特別賞を受賞。
2020年11月リリースの「虹」もストリーミング再生2億回を超え、音楽アーティストとしても大きな注目を集めている。
そんな彼が、日本テレビ『news zero』の新テーマソングを担当!2022年3月28日(月)の、23:00〜の放送内にてOA開始となる。
タイトルは「惑う糸」で、作詞作曲を務めたのは、令和時代を象徴するマルチアーティストVaundy。『星を仰ぐ』ではMega Shinnosukeや近藤華など、最近は若い才能とのコラボレーションも重ねてきていた菅田将暉が、現役大学生で21歳のVaundyにレコーディングなどでも刺激を受けながら、試行錯誤の末に楽曲が完成した。
楽曲のリリース等の詳細は追って発表予定。菅田将暉本人、Vaundyそれぞれからコメントも到着!
菅田将暉 コメント
ここ数年、自然とニュース番組を見る時間が増えました。社会との関わり方と自分の日々が近くなってきたからでしょうか。そんなことを思っていた中、頂いたnews zeroのテーマソングのお話。
一度スタジオの方にも行かせて頂きましたが、報道の現場の緊張感に驚きました。
1秒毎に何を伝えていくか何十人もの人が動き続け、出演者も何度も打ち合わせをして、ギリギリまでジャッジしていく。自分の正しさだけではなく、見る人の明日の為に。
今思うとVaundyの作り出してくれた「惑う糸」は、まさにあの景色そのもののようにも思います。
彼にはそういう力があるように思います。戦っている人間を肯定してくれる力。しかもユーモラスに、踊りながら。
決してすんなりとはいきませんでしたが、この曲を歌いながら、僕は迷って右往左往している時間を肯定してもらえた気がして、少し世界が明るくなりました。
善悪で片付けてしまうのは簡単ですが、その先を作っていくのはそこにいる一人一人の人間です。
どんな事が起きようと嘘みたいな事が起きようと豊かな明日に繋がりますようにと願って歌いました。「惑う糸」宜しくお願いします。
Vaundy コメント

この「惑う糸」という曲は、1日の終わりに眠りにつき夢をみて、それまでの自分を忘れることで明日に向き合うことができる、そんなことを綴った曲になっています。
今日という日をしっかり終えて、また明日を始める力を出せるような曲にしたい、と思いながら作っていきました。
菅田さんにしか歌えない、菅田さんのための曲にもしたいと思っていたのですが、実際にレコーディングに入ったら、
シンガーとしての菅田さんの限りない可能性と楽曲に真摯に向き合う姿を目の当たりにして、録っていくのがとても楽しかったです。
菅田さん独自の哀愁のある歌声がこの曲に色をつけてくれていると思います。
人は日々様々なことと向き合い、考え、判断し、忙しい毎日を生きていると思いますが、この曲を聴いているときだけは何も考えずに”惑う糸”でいてくれれば、と思います。
楽曲情報
リリース日未定
菅田将暉「惑う糸」
作詞・作曲・編曲:Vaundy

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着