田中圭がさりげないボディタッチと巧
みな言葉で“女子高生”の心の隙間に
入り込む 映画『女子高生に殺された
い』本編映像第二弾を解禁

4月1日(金)公開の映画『女子高生に殺されたい』から、本編映像の一部が解禁された。
本作は、『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』などで知られる漫画家・古屋兎丸氏の画業20周年記念作品として発表された漫画『女子高生に殺されたい』を実写映画化したもの。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人の9年間に及ぶ“自分”殺害計画を描いた作品だ。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人は、人気教師として日常を送りながらも “理想的な殺され方”の実現のため、9年間も密かに綿密に、“これしかない完璧な計画”を練ってきた。彼の理想の条件は二つ「完全犯罪であること」「全力で殺されること」。明るく平和な学園内で、静かに着実に男の計画は進んでいく。
(c)2022日活
主人公・東山春人を演じるのは『総理の夫』『そして、バトンは渡された』『あなたの番です 劇場版』などの田中圭。田中演じる東山は、一見すると常識的な人間でありながら、自らに潜む衝動を抑えられない、狂気を孕んだ男というキャラクターだ。また、春人を囲む高校生役で南沙良、河合優実、莉子、茅島みずき、細田佳央太らが出演。さらに、大島優子が春人の元恋人で臨床心理士の深川五月役で出演している。メガホンをとったのは、『性の劇薬』『アルプススタンドのはしの方』などの城定秀夫監督。城定監督は、自身の脚本で原作を映画的かつ大胆にアレンジしているという。
第二弾として解禁された本編映像は、田中圭演じる日本史教師・東山春人と、莉子演じる演劇部の京子のやりとりを切り取ったもの。二鷹高校に新しく赴任してきた東山春人は、夕暮れ時のひとけの少ない図書館で、文化祭のクラス演劇の演目で悩む京子に急接近。映像では、思わせぶりな言葉や、さりげないボディタッチでアプローチをはかり、言葉巧みに京子の心の隙間に入り込んでゆく春人の姿が映し出されている。京子は冷静を装うが、ときおり動揺を隠しきれていない様子も。なお、京子は、春人が実行しようとしている“完全犯罪”の登場人物の一人であるという。
『女子高生に殺されたい』は2022年4月1日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着