ブルース・リウがドイツ・グラモフォ
ンと専属契約を締結 ショパン「夜想
曲第20番嬰ハ短調」をデジタルリリー

ドイツ・グラモフォン(DG)が、ブルース・リウとの専属契約締結を発表した。24歳のカナダ人ピアニスト、リウは昨年10月のショパン国際ピアノ・コンクールに優勝し世界の檜舞台へと躍り出た。DGは、コンクールを運営するフレデリック・ショパン研究所の協力のもと、コンクールでのライヴ録音を収めたリウのCD「ブルース・リウ 第18回ショパン・コンクール優勝者ライヴ」をすでに発売しているが、この度遂に正式な契約を交わすこととなった。
DGは、リウとの契約を記念して、ショパンの「夜想曲第20番嬰ハ短調」を録音し、本日4月1日(金)にeシングルとしてリリースした。
ドイツ・グラモフォン社長のDr.クレメンス・トラウトマンは、「ブルースをDGに迎えることができ、大変うれしく思っています。ショパン・コンクールとそれ以後のコンサートで彼は、知的でダイナミックなピアニズム、想像力、自発性を世界に示しています。同じくカナダ出身のエミリー・ダンジェロ、ヤン・リシエツキ、ヤニック・ネゼ=セガンらと共にDGに所属しますが、これは、今日のカナダが才能ある音楽家を多数輩出していることを証明するものです」と述べた。
ショパン:夜想曲第20番嬰ハ短調』ジャケット写真
リウは、「DGの家族的な雰囲気が大好きなので、DGの一員となったことをとてもうれしく思っています。その家族の一員になることで、私のショパン・コンクールのアルバムを制作した素晴らしいチームとはもちろん、異なる音楽分野や背景を持つ非常に才能あるアーティストたちとコラボレーションする機会がたくさん得られると期待しています。どんな未来が待っているのか、楽しみでなりません」 」と語った。
また、リウは現在、2枚のアルバムを企画している。1枚はフランスをテーマにしたもので、ショパンやラモーを含むレパートリー。生まれ故郷の音楽を探求したいというリウの願望と、フランスとの個人的なつながりを反映したものとなる予定だ。2枚目には、3月初めのイギリス・デビューで演奏した作品、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第2番を取り上げる予定となっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着