キンコン梶原、YouTubeスタッフに不
信感「キモない?」【毎週キングコン
グ】

3月28日配信『毎週キングコング』。今回のテーマは「気持ち悪い経験」!キングコングが長い芸歴の中で気持ち悪いと思ったエピソードを30分間ぶっ通しで喋りまくる!「嫁さんの胸チラ見てどうする?」カジサックチャンネルのスタッフが梶原の奥さんの胸チラをこっそり見ていたエピソードから始める梶原。その現場を梶原が目撃してしまい、思わず「死ぬほどキモない?」。その話を受け、「いや、下心がなかったとしても男としてついつい見てしまうんとちゃうん?」と西野。思わぬ反応に梶原も思わずヒートアップ!「ほな、お前も俺の嫁の胸チラを期待してるんか?」。「そういう話とちゃうやろ」。「いや、そういう話やって」。「誰が見るか!四十過ぎの胸チラなんて」と、まるで漫才の本ネタのようなやり取りが続く。「お前も結婚したらわかるわ」と梶原。ちなみに、梶原は嫁へのヤキモチがひどいことで知られており、子どもができる前は毎晩、嫁に奇抜なコスプレをさせて楽しんでいたらしい。続いてのトークテーマは「キングコングは今でもコンビと言えるのか」。このお題の答えは意外と難しく、「コンビとして活動はしているがテレビなどでのコンビ出演は減っている」というのが正解のようだ。現に、梶原はYouTubeでカジサックという名前で活動している。一方、西野は作家など本を出版し、いわゆる実業家として活動している。また、YouTubeや本を出版したりなど幅広く活動している。昨年、映画「えんとつ町のプペル」で一躍有名になった。なぜ、作家を目指したのか?というと芸能人のタモリがきっかけだったという。他にも様々な本を出版して、本に関する展示会も成功させている。

アーティスト

新着