【週末アニメ映画ランキング】「ドラ
えもん」21億円、「呪術廻戦 0」133
億円突破、「オッドタクシー」は10位
発進

(c) P.I.C.S. / 映画小戶川交通パートナーズ 4月2日~3日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。首位「SING シング ネクストステージ」、2位「映画 おそ松さん」、3位「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」と上位3本に変動はなかった。公開5週目に入った「ドラえもん」は、土日2日間で動員12万人、興収1億4900万円を記録。累計では動員178万人、興収21億円を突破した。
 4位には、4月1日公開の新作「モービウス」がランクイン。同作は、スパイダーマンの敵役として登場するマーベルコミックのキャラクター、モービウスが主人公のダーク・アクションだ。5位は「余命10年」で、第94回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」が前週10位から6位に順位を上げている。
 「劇場版 呪術廻戦 0」は7位にワンランクダウンしたが、累計動員は950万人、興収は133億2000万円を突破した。最終興収133億7000万円を記録した国内歴代興収18位の「アナと雪の女王2」に迫っている。
 4月1日公開の新作では他に、「東西ジャニーズJr. ぼくらのサバイバルウォーズ」が9位に初登場。そして、「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」は10位スタートとなった。同作は、2021年4月から6月にテレビ東京で放送され、一見するとほのぼのとした動物アニメのようで、中身は本格ミステリーという作風で大きな話題を集めたテレビアニメの劇場版。花江夏樹飯田里穂木村良平山口勝平、お笑いコンビの「ミキ」と「ダイアン」らテレビアニメ版キャスト陣も集結した。

新着