ティザービジュアル

ティザービジュアル

薄幸の少女と青年将校の和風ラブスト
ーリー「わたしの幸せな結婚」アニメ
化決定 主演に上田麗奈、石川界人

ティザービジュアル(c)顎木あくみ・月岡月穂/KADOKAWA/「わたしの幸せな結婚」製作委員会 顎木あくみ氏による小説「わたしの幸せな結婚」(KADOKAWA刊)のアニメ化が決定した。主演を上田麗奈石川界人が務める。ティザープロモーションビデオとティザービジュアルも公開されている。
 原作は、シリーズ累計400万部を超える和風シンデレラストーリー。ある異能を受け継ぐ名家に生まれるも、継母と義母妹に虐げられて育った斎森美世(さいもりみよ)は、冷酷無慈悲と噂される青年将校・久堂清霞(くどうきよか)のもとへと嫁入りを命じられる。帰る場所をなくした美世は、初対面で辛く当たられながらも、少しずつ清霞と心を通わせていく。「ガンガンONLINE」で連載中のコミカライズ版は、「全国書店員が選んだおすすめコミック 2021」第1位に選出、「第1回 電子書籍で読みたいマンガ大賞」大賞などを受賞している。
 美世役の上田と清霞役の石川は、2020年に公開された原作PVや、21年に上演された朗読劇からの続投となる。また、監督には「ID:INVADED」(副監督ほか)の久保田雄大を迎え、シリーズ構成・脚本を「22/7 ナナブンノニジュウニ」の佐藤亜美、「シャドーハウス」の大西雄仁と豊田百香、キャラクターデザインを「女子高生の無駄づかい」の安田祥子が担当する。アニメーション制作は、「メイドインアビス」のキネマシトラスが行う。
(c)顎木あくみ・月岡月穂/KADOKAWA/「わたしの幸せな結婚」製作委員会 アニメ映像初公開となるティザーPVは、諦念を抱いた美世のモノローグとともに進行。ティザービジュアルには、桜の花が咲き誇るなかにたたずむ2人の姿が描かれている。
 なお、上田と石川が登壇しアニメ化決定を発表したウェブ番組は、6月30日までYouTube(https://youtu.be/z6FTLyNXg4E)でアーカイブ公開中。
 以下にキャスト、スタッフ、原作関係者からのコメントを掲載する。
【石川界人(久堂清霞役)】
この度、アニメ「わたしの幸せな結婚」でも久堂清霞を演じることになりました、石川界人です。
朗読劇で演じさせていただいてから、まさかアニメーションでも関わらせていただけるとは思っていなかったので本当にうれしいです。
清霞や美世の繊細な想いの変化や複雑な人間関係が、アニメになってどのように表現されていくのか今から楽しみです。
ゆっくりと、しかし確かな形で2人の関係が築き上げられていく様子に原作を読む手が止まらなかったことを今でも覚えています。
人との出会いで人間はこうも変わることができるのだと気づかせてくれた作品です。
改めて原作を読み返して収録に臨み、彼らの繊細な想いの変化を演じていければと思います。
【上田麗奈(斎森美世役)】
まさかアニメでも美世ちゃんを担当することができるなんて、すごく……すごくうれしいです。
PVからはじまり朗読劇もお声がけいただけて、思えば長いお付き合いになりますね。
いちファンとしても、この物語がアニメでどう描かれていくのか楽しみでなりません。
旦那様と共に成長していく素敵な美世ちゃんを、皆様にも感じていただけるよう、精一杯頑張ります。
ぜひ見守っていただけますと幸いです。
【久保田雄大(監督)】
いたって平凡な日々を「幸せとは」なんていう、ある種大それた問いを自問自答しながら過ごしています。
原作ファンの方、この作品をアニメで知る方、様々な方に様々な楽しみ方で見てもらえれば幸いです。
スタッフ一同励んでおります。どうぞお楽しみに。
【安田祥子(キャラクターデザイン)】
作中では、キャラクターたちの表情や心の動きに気を付けて表現していけたらと思います。
特に主人公の美世は、斎森家に居る時の自信がなく殻に閉じこもったところから、久堂家に行くことをきっかけに少しずつ変わっていくところを、ていねいに描いていきたいです。
あと着物の難しさを日々痛感しています……。
【顎木あくみ(原作者)】
なんと「わたしの幸せな結婚」をアニメ化していただけることになりました……!
まさか私の書いた小説が、昔から大好きで憧れだったアニメになるなんて思っていなかったので、夢のようです。
これもすべて作品を支えてくださる皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。
アニメで「わたしの幸せな結婚」がどのように描かれるのか、楽しみでなりません!
【月岡月穂(原作イラスト)】
(c)顎木あくみ・月岡月穂/KADOKAWA/「わたしの幸せな結婚」製作委員会【高坂りと(コミカライズ)】
アニメ化決定おめでとうございます!
去年の朗読劇で美世や清霞たちの声を聞くことができてとても感激しましたが、さらに動く姿を見ることができるということで、とてもワクワクしています。
アニメの資料を見せていただいたのですが、とても細かなところまでデザインされていて、アニメならではの表現や迫力が今からとても楽しみです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着