BLVCKBERRY

BLVCKBERRY

BLVCKBERRY、
Zepp DiverCityワンマン決定
&2ndシングルはシド 明希の提供曲

2021年7月の始動からメンズアイドルシーン最速で進化を続ける”BLVCKBERRY”が、結成一周年を記念したワンマンライブ『BLVCKBERRY 1st ANNIVERSARY ONEMAN「極上東京」』を8月25日にZepp DiverCity (Tokyo)にて開催することを発表した。

これまで新宿ReNY、新宿BLAZE、Spotify O-EASTという名だたるライブハウスを全て即日ソールドアウトしてきたBLVCKBERRYがZepp DiverCity Tokyoという新たな壁に挑戦する。こちらの公演は4月5日に東京・Spotify O-EASTにて行われた『BLVCKBERRY 2nd ONEMAN LIVE「僕らの未来図」』のアンコールにてメンバーの口から直接発表されたもので、映像ベースでの告知だったこれまでとは違ったことや、この日のライブが“重大発表あり”と銘打たれていたことにも頷くことができる。

また、「極上東京」というタイトルは、この日のライブのオープニングでのオーディエンスの度肝を抜く演出でも披露された新曲「TOKYO DOPE」に紐づけられたもので、スラングで“カッコイイ、最高、ヤバい”を意味する“DOPE”を日本語に落とし込んだセンスのよさもうかがえる。“TOKYO DOPE=東京のヤバい奴ら”、まさしくシーンの中でヒールのような異端な存在感を放つBLVCKBERRYにぴったりたな言葉だ。そんな彼らの新たな名刺ともいえる「TOKYO DOPE」のMVも公開となっており、こちらも見逃せない。

こちらの作品では椎名林檎、スキマスイッチ、クレイジーケンバンドなど著名アーティストのMVを手掛けるウスイヒロシ氏を監督として起用。今までの作風とは異なり、新たなBLVCKBERRYの一面が伺える。

そして、8月23日にはニューシングルのリリースも決定。こちらの作品には「TOKYO DOPE」はもちろん、なんとシドのベーシストである明希から楽曲提供を受けた楽曲を表題曲として収録。BLVCKBERRYにとって初となるSPVRK以外のコンポーザーを招いての楽曲制作ということもあり、どんな化学反応を見ることができるのか注目が集まる。

2021年を破竹の勢いで駆け抜けたBLVCKBERRYの勢いはどうやら2022年もとどまること知らなそうだ。

『BLVCKBERRY 1st ANNIVERSARY
ONEMAN「極上東京」』

8月25日(木) 東京・Zepp DiverCity (Tokyo)
※詳細後日解禁
BLVCKBERRY
明希(シド)
BLVCKBERRY
BLVCKBERRY
『BLVCKBERRY 1st ANNIVERSARY ONEMAN「極上東京」』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着