広末涼子、約25年前の自分と共演 「
変わんない」姿でマクドナルドベーコ
ンポテトパイの新CM に登場

4月12日(火)より、広末涼子が出演するマクドナルドのベーコンポテトパイのCMが放映されることがわかった。
ベーコンポテトパイは、4月13日(水)より、全国のマクドナルド店舗にて期間限定販売がスタート。先駆けて放映されるCMでは、約25年前の広末と現在の広末が夢の共演。過去と現在の広末の会話のやり取りを通し、ベーコンポテトパイの発売当初から「変わんないウマさ」を伝える。
また、広末の出身地である高知県高知市の中心街である帯屋町一丁目商店街には、4月13日(水)より期間限定で、高知県限定バージョンの屋外広告が掲出されるとのこと。ベーコンポテトパイの「あの頃と変わんないウマさ」が帰ってきたことと、広末自身が屋外広告とし元に帰ってきたことを、ふるさとの言葉「もんてきたよ」(高知弁で「戻ってきたよ」の意味)」というメッセージと共に伝える。
高知県帯屋町一丁目商店街 掲出イメージ
広末のコメントは以下のとおり。
広末涼子
――CMの25年前の自身と対話する演出を踏まえて、この25年で自身が「変わらない」と思うこと。
大切なものは、変わりませんね。"女優"という夢、大好きな"ふるさと"、大事なものはきっと変わらないのだと思います。
――帯屋町商店街にマクドナルドのベーコンポテトパイのポスターというかたちで帰ってきた(もんてきた)感想。
こんな形で帰郷できるなんて、スペシャルで嬉しい気持ちです。
――帯屋町商店街内の「マクドナルド 帯屋町店」(マクドナルド高知県1号店)での思い出。
帯屋町のマクドナルドは、私の第二の実家!と言っても過言ではないほど、たくさん通ったお店です(笑)。マクドナルドのポテトは私のソウルフードです。
――ポスター掲出に際し、地元・帯屋町商店街の方々へのメッセージ。
ただいま~ みんな、ベーコンポテトパイ食べてよ~!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着