​ヨーロッパ企画、『ドロステのはて
で僕ら』に続く長編映画第2弾の製作
を発表

ヨーロッパ企画が長編映画第2弾を製作することを発表した。
初のオリジナル長編映画となった前作『ドロステのはてで僕ら』は、世界各国の45の映画祭で上映され18の賞を受賞、11月にイギリスで発売されたブルーレイ・DVDは現地のAmazonで⼀時1位を獲得。2022年1月7日からはアメリカ・カナダでも劇場公開が始まるなど、2020年の日本での初公開から約2年を経ても海外のSFファンを席捲し続けている。
今回の長編映画第2弾は、前作に続き、京都を舞台にした“時間映画”で、劇団代表の上田誠が原案・脚本を手がける。脚本を書き上げてからロケ場所を探す従来の方法とは異なり、上田はまず場所を決め、その構造を活かした物語を立ち上げていく独自の作劇を行うのだが、今回は京都でのロケ地を公募することになったそうだ。
また、クラウドファンディングも追ってスタートする。『ドロステのはてで僕ら』では開始から1日も経たずに目標達成率100%に到達し、最終的に達成率617%を記録したが、第2弾にも期待が集まる。なお、配給は前回同様、下北沢のミニシアター、トリウッドとなる(共同製作も)。
この度、原案・脚本の上田誠、監督の山口淳太から意気込みコメントも到着した。
上田誠(原案・脚本) コメント
上田誠
ヨーロッパ企画でまた、映画を撮ります。
僕たちは舞台でそうしたように。映画でもひとつひとつ、⾃分たちのやり⽅を⾒つけていきたいと思っています。
思えばずっと前から、「ショートショートムービーフェスティバル」や「京都ニューシネマ」などの⾃主映画祭で実験を重ねたり。いろんな映像作品や、映画祭に参加させてもらったりと。
⾃分たちなりにトライアルアンドエラーを重ねてきたのだと思います。
僕らがとる映画は「まし」になってきて。⻑いものを撮れるようにもようやくなりました。
そうして撮った、初めての⻑編映画が、2020年に公開した前作『ドロステのはてで僕ら』です。
それは慣れ親しんだメンバー・スタッフと、京都ロケで「時間映画」を撮りました。
演劇で培ったやり⽅を⽣かすには、と考えて、⻑回しと、企画性の⾼いアイデアを選びもしました。
⾃分たちとしては、確かな成果を得た実感があります。少しずつ、じわじわと。
踏まえて。次もまた、時間映画を撮ります。
山口淳太(監督) コメント
山口淳太
皆様のおかげで、ヨーロッパ企画でまた映画を作れることになりました。
前作『ドロステのはてで僕ら』は、出演者・スタッフひとりひとりの奮闘のはてに、⽣み出すことができた、奇跡のよ
うな作品だと思っています。そんな『ドロステ〜』は、コロナ禍にも関わらず、国内外でたくさんの⽅にご覧いただき、たくさんのエールをいただきました。ご覧いただいた皆様、映画館の皆様、関わってくださった全ての⽅々に感謝いたします。
奇跡は2度は起こりにくいものです。奇跡のような作品を超える挑戦は、また苦難の道を歩むことになりそうですが、不安以上に昂るものがあります。新しい時間映画にご期待ください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着