配信シングル「Break through the wall」

配信シングル「Break through the wall」

AK-69、
新曲「Break through the wall」の
配信がスタート!

ヒップホップ・キングのAK-69が、世界中で展開するパフォーマンスアスレチックブランド『UNDER ARMOUR』のコラボレーティング・アーティストとして制作した新曲「Break through the wall」が、4月8日(金)に配信リリースされた。

今回の楽曲は、「スポーツの壁」に直面する若者を応援する『スポーツの壁を、突き破れ』キャンペーンテーマソングとして制作。貧困、ジェンダー格差、身体的偏見、人種差別、プレー環境不足、勝利至上主義など、日本国内に存在する、あらゆる「スポーツの壁」。そんな壁に直面しながらも挑み続ける次世代アスリートにスポットライトをあて、ジャンルを問わず立ちはだかる壁に、真剣に挑む者の心に突き刺さる物悲しくも力強い「これぞAK-69」と言えるアンセムが完成した。

楽曲制作においては、女子ラグビー 鈴木実沙紀選手、ブラインドサッカー 川村怜選手など性別、障がいの壁と闘うアスリートとの実際の対談からインスピレーションを受け、アスリートたちが直面している壁を打ち破るような熱いメッセージが歌詞に込められた楽曲に仕上がっている。

4月14日(木)には、実際に壁と戦う次世代アスリートたちが出演する本楽曲のMVの公開も予定されている。

さらに、新曲「Break through the wall」は、楽曲制作にあたり、性別や障がいによる壁に挑み続けるアスリートたちと対談し、彼らの生の声を聞いて歌詞にメッセージを込めた。この対談をはじめ、トラック制作や、北海道でのスタジオレコーディングなど、楽曲制作過程に密着したドキュメンタリー特別番組『MY NAME IS』が、 4月10日(日)22:00〜 ABEMAで放送されることも決定。

また、AK-69は4月23日(土)には自身5度目の東京・日本武道館ライブ『START IT AGAIN IN BUDOKAN』を開催する。今回は360度全方位にお客様を入れる“センターステージ”に挑戦。 また、「音楽をもってしての演説」というコンセプトを掲げたライブとなるので、こちらもお見逃しなく!

【AK-69 コメント】

「UNDER ARMOURとのコラボレーションで書き下ろしたこの「Break through the wall」は、全ての"壁に挑む人"に向けて書いた楽曲。 様々なジャンルでそれぞれの壁がありますが、そこに真剣に挑んでいるかどうか。 俺は真剣に挑んでいるんで、それをこの曲に詰め込みました。 いわゆるタイアップ的な「頂いたテーマ」に沿って書いた訳では全くなく、普段の自分の活動や訴えてることが完全にリンクして、最初から最後までAK-69そのものを表現できたので、とてもオーガニックなコラボになりました。打ち合わせの段階から、頭の中で曲が鳴っていたし、降りてきた楽曲と言っても過言ではないですね。 UNDER ARMOURからも「こういう曲にして欲しいとか、もっとここは直してくれ」とかそういうオーダーは一切なく、俺を信じて全て任せてくれたのも嬉しかったですし、音楽の力を信じてくれている素晴らしいアスリートブランドだなって感じます。全ての"壁に挑む人"たちに聴いてもらいたいですね」
配信シングル 「Break through the wall」2022年4月8日(金)配信

【AK-69「Break through the wall」歌詞】

いつものような土曜日
あくせく流れてく時の中で街模様に
押しつぶされ気味で俺は暮れる途方に
あの日ママが言ったよ「みんなと仲良くするように」
でも社会では闘い
乗り越えれねぇ壁は神は与えねぇとか言うけど
Only the real 正味壁が邪魔で邪魔で仕方ねぇ
誤魔化し 群れたりじゃ腹は空かさねぇよ
荒野の一匹狼 腹は膨れねぇよ
なりたい… なりたい… 誰でもねぇ”俺”に成りたい
あの日憧れた自分を棺桶入れようとする日々
悪条件 構わねぇ そこにしかチャンスがねぇなら
You got it?


Break through the wall
奪わせはしねぇよ
今はまだ震えてる心に 声を掛ける静かに
沈黙に蘇る日 降りしきる雪のように
できない… できない… 涙で息もできない
一か八かもう一度奮い立たす言葉に
胸ぐら掴まれてる 俺は敵に負けない
敵は己 Ya know mean?
Break through the wall…
Break through the wall…
Break through the wall…
Break through the wall…

どこで誰がどうしたって?ダッセークソ噂話
重ねたって人生は赤字 雑魚ども群がる祭り
下手なマスキングじゃ 隠せん核心
口で武装できるVerseに 何も感じんて何が肝心?
全てやった上で言霊吐き出す気
バカにしてた表情は全員忘りゃせんし 俺のガソリン
バカヤロウ、ターケと眼切る 運命にOne shot紡ぐOne kill
待てど暮らせどもBad things 浴びるバッシング 狂気の博打
信じられねぇ事信じなきゃ夢はNothing

※ × 1

Break through the wall…

【ライブ情報】

『START IT AGAIN IN BUDOKAN』
4月23日(土) 東京・日本武道館
開演18:00予定
出演者: AK-69
GUEST:ANARCHY / ¥ellow Bucks / SALU / ちゃんみな / RIEHATA / DJ RYOW and SECRET ※五十音順、敬称略
<チケット>
¥8,800(税込)
チケットご購入:https://ak-69.jp/ticket/StartItAgaininBudokan/
※全席指定
※3歳以上有料。3歳未満のお子様はひざ上鑑賞の場合のみ入場無料。
※本公演は政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を基に作成したガイドラインに沿った形で開催します。
※現時点では当日程で開催予定です。感染拡大により延期・中止となった場合のみ払い戻しを受け付けます。

配信シングル 「Break through the wall」
ドキュメンタリー特別番組『MY NAME IS』
『START IT AGAIN IN BUDOKAN』
AK-69×UNDER ARMOUR
AK-69

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着