映画『バブル』完成披露試写会に志尊
淳、広瀬アリスらが登場!「作品に携
われて本当に最高」

日本が誇る最強クリエーターが集結し、新たなアニメーション映画『バブル』が誕生!世界に降り注いだ泡(バブル)によって重力が壊された東京で出会った特別な能力を持つヒビキと、不思議な少女・ウタが沈みかけた世界で激しくも切ないメロディーを紡ぐSFファンタジー。5月13日の公開に先駆けて4月7日に都内で完成披露試写会が行われ、主人公の声優を務めた志尊淳さんをはじめ、広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、監督・荒木哲郎が登壇。映画の見どころや裏話を語ってくれました。キャスト陣がご挨拶豪華キャスト陣が登場し、ひとりずつ会場のお客様へご挨拶。ヒビキ役の志尊さんは「こうして無事に皆さんに観ていただける機会をいただけて、とても嬉しいです。今日は楽しんでいって下さい。よろしくお願いします」。続いてマコト役の広瀬さんは「いよいよ皆さんに観ていただくということで、とても緊張しております。短い時間ですが、ぜひ楽しんでいって下さい」と緊張気味にご挨拶。カイ役を務めた梶さんは「いよいよこうやって皆さんにご覧いただける日が来たんだと、とても嬉しく思います。荒木監督に『今度素敵な作品を作るんです』っていうお話を伺っていたので、それが皆さんに届くのが本当に嬉しいです」。電気ニンジャ・リーダー役の畠中さんは「僕も荒木さんからこの映画が公開されるずっと前から話はずっと伺っていまして、皆さんに届くのを本当に楽しみにしていました」と間も無く公開を迎える喜びを言葉にしました。ウサギ役の千本木さんは「こうして素晴らしい皆様と一緒にここに立てていることを本当に嬉しく思います。本当に素晴らしい作品です!そのことをいっぱい伝えられたら嬉しいです」と笑顔で挨拶しました。荒木監督からは「今日はありがとうございます。映画がついに公開になり、お客さんに観ていただけるという日がきて感無量です」とご挨拶。本作のオープニングテーマ『Bubble feat. Uta』を歌っているEveさんからもコメントが届き「荒木監督、虚淵玄さん、小畑健さん、澤野弘之さん、自分の『好き』が詰まったような熱量のある『バブル』に歌でご一緒できて、本当に嬉しかったです。作品はピュアで優しくて、だけど、ド派手なアクションと壮大な世界観、個性豊かなキャラクターたちがたくさん出てきて唯一無二の体験をさせていただきました」と作品に携わることが出来た喜びを言葉にしました。『バブル』の見どころ&裏話ダイナミックなアクションシーンを観た時の感想を問われた志尊さんは「僕が声を入れたときはアクションシーンが完成していない状態だったんです。本作を見せてもらった時に、抽象的な言葉になってしまうんですけど…。スゴい!ものスゴいダイナミックで、カメラワークがスゴかったんです。『どうやって作ってるんだろう?』って思いました。アクショーンの中にも感情が見えてものすごく面白かったです。アクションに馴染みがない方でもそれを汲み取ってもらえるのではないかなと思いました」とダイナミックなカメラワークのアクションシーンを絶賛。続いて広瀬さんは「アトラクションに乗っているような気持ちがずっと高揚している状態に陥りました。ずっとハラハラドキドキというか…。観ているあいだワクワクが止まりませんでした」と日常ではなかなか見ることができない景色が楽しめると語りました。すると突然…。「すみません!このメンバーが素晴らしすぎて…緊張しすぎて…喉が締まりすぎて…。実は今日めちゃくちゃ大人しいんです。冷や汗が止まらなくて…ごめんなさい!」と緊張していることを明かし、会場は笑いに包まれます。『進撃の巨人』よりもアクションシーンに苦労したという荒木監督は「大変でした。この作品では、愛のある場面にアクションシーンがあるので、そこが良いところだと思います。こだわりました」と苦労を明かしました。荒木監督が監督を務めた作品『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』に参加した梶さんが監督のスゴいポイントを問われ、答えようとしたその瞬間…。「すみません…。汗拭きに行っていいですか?」と突然広瀬さんが降壇。「すみません!カメラでいっぱい撮らないで~(照)」と恥じらう広瀬さんに「そうです!僕を撮って下さい!今!」と梶さんがすかさずフォローを入れ、笑いを誘います。気を取り直して、梶さんは「パルクールはもちろんアクションが売りになってくるので…その映像を作るっていうのは物凄く大変なことだろうなと思いつつも、いつかアニメーションで観てみたいと思っていました。それが詰まったフィルムだったなと感じています」。荒木監督の作品の印象は「静と動でいうと、動!エモーショナルで、感情的で生臭くて泥臭い。僕はそれがすごく好きで気持ちが良かったです」。本作にもそういう部分はありつつも「静の部分、すごく儚くて繊細な部分というのが作品に詰まっているなと感じました。澤野弘之さんの音楽が随所に散りばめられていて、見事に花を添えてくださっているなと感じました」と作品の魅力を熱弁!まだまだ止まらない梶さんは「監督のオリジナル作品が劇場で観られるっていうのはイチファンとして楽しみでした。荒木組の一員として参加させていただいて、完成して遂に届けられるというのは本当に嬉しいです」と魅力をたっぷりと語ってくれました。そこに「ごめんなさ~い」と緊張しすぎで止まらない汗を拭き、戻ってきた広瀬さん。人魚姫をベースとしたヒビキとウタの切ないラブストーリーについて「自分の話なんですけど…。中学生の時に片想いしている子がいて、ずっと話しかけられないまま終わってしまったんです。すごく切なくて、その頃の自分ピュアだったな…。好きだから故に勇気が出なくて話しかけられなかったことを思い出しました。あと…今、切ないです。ごめんなさい(笑)別の意味で切ないです(笑)」と今の自分の心境を重ね、照れ笑いする広瀬さん。「グッときました…。泣いちゃいました」と切ないラブストーリーに胸を打たれたことを明かします。さらに、仮アフレコの段階から本作に携わっていた畠中さんは「その段階から『バブル』はすごく面白かったんですけど、皆さんが声をあてられてさらに面白くなったなと思います」と明かし、完成した作品を見て大号泣したそうです。ネタバレなしで号泣ポイントを聞かれると「心の琴線に触れるような繊細なシーンがすごく多いんです。どこが皆さんの琴線に触れるかというのは物凄く幅があると思うんですが、登場人物の切ない横顔、別れてしまう瞬間の切なさ、背景、色々なところに散りばめられているので、皆さんで探しながらこの映画を楽しんでいただけたら嬉しいです」と見どころを語ってくれました。それを受けて荒木監督は「初号の時に畠中さんが、自分に『良かった』って言ってくれた感じは本物の”それ”だったので、スゴい励まされました」と感謝しました。作品を観て胸に響くものがあったかと問われた志尊さんは「自分の作品っていうのは主観的になって、客観的に作品を楽しめる感じはないんですけど…。この作品はすごく心にくるものがありました」とこれまでにない心境だったと語ってくれました。自身の〇〇姫とは?人魚姫をベースにした本作にちなんで、自分は「〇〇姫、〇〇王子」だという自身の特徴をフリップで披露!志尊さんは「備蓄王子」!「災害のために備えている備蓄が自分でも尋常じゃないな…って思っています。お水が500リットルくらいあって…。簡易トイレも200個くらいあって、懐中電灯は最強な懐中電灯が10個。モバイルバッテリーも20個くらいあって、バッグも4つに分けています」と暴露し、共演者は驚愕!梶さんから「志尊くんの家が避難所なわけではないよね?(笑)」と聞かれると「本当にウェルカムです!災害は備えることでしか安心を得られないので…困ったらなんでも言っていただければ(笑)」と万全に備えていること明かしました。広瀬さんは「家族依存姫」!犬を飼っているという広瀬さんは「時々、仕事が忙しくて預けたりするんですけど、家帰ってきて1人で泣いちゃいます…(笑)それくらいワンちゃんが大事で、家族に依存していますね。」。今日も早く帰りたいか聞かれると「はい。早く会いたいなって思います」と即答でした。梶さんは「人見知り王子」!「王子関係ないんですけど、人見知りです!初めてお会いする方がいるときはめちゃくちゃ緊張します」と志尊さんとの初対面でも緊張したと明かします。「めちゃくちゃ緊張していたんですけど、イメージ通り柔らかく優しくて、お芝居の話になると熱くて、話しやすくて。『安心して話せる人だな』と思ってすごく嬉しく思っています。仲良くして下さい」。人見知りだったことに驚く志尊さんが「人見知りだったんですか!?全然感じなかったです!もちろんです。こちらこそです。後で連絡先…」と舞台上で連絡先の交換を約束していました。畠中さんは「コンタクトよく取れる王子」!「ちょっとこれしか思い浮かばなくて…いよいよ王子の意味がないんですけど…。今日も移動している時に右目のコンタクトが取れまして…。再度付け直したんですけど、今外れそうですね(笑)。緊張でコンタクトって取れそうになるんだなって、今実感しています。」と笑いを誘いました。千本木さんは「妄想姫」。恥ずかしがりながら「自分の中の自分と喋ったり、独り言が多かったり。結構喋っちゃうんですよね…。妄想もしていますし…」と会場を驚かせます。「仕事で忙しい時とか切羽詰まっている時に、自分に『頑張れ!』って言ってしまいます」と明かしました。最後に荒木監督は「作画大変王子」!「自分がやる作品は作画が大変で、絵コンテを出すと大体みんな怒ってるんですよ。僕は良かれと思ってやってるんですけど、いつもみんな怒ってるなって思っています」と作画が大変すぎて怒られると明かし「王子だったら『しょうがない』と思って欲しい」と笑いを誘いました。本作では「嫌がらずに、むしろ物凄く積極的にやってもらっていました。どうもありがとう、皆さん」と大変な作画も快く引き受けてくれたことを感謝していました。りりあ。が中継で登場し生歌唱!ヒロイン・ウタの声優を務め、エンディングテーマ歌っているりりあ。さんが中継で登場!声優初挑戦で本作に挑んだりりあ。さんは「お話をいただいたときは、初めての声優でヒロインの大役だったので不安がたくさんありました。荒木監督が『普段のりりあ。さんでいいよ』って言ってくれて、演じずに普段のままだったのでとてもやりやすかったです」と当時の心境を振り返りました。荒木監督は当初、りりあ。さんにはエンディングの歌だけをお願いしたいと思っていたそうですが「お話をしてみるととても雰囲気のいい方で。普段の感じが魅力的なので、キャラクターにそのまま注入したいと思いました」と明かします。さらに、収録時には自然な魅力を引き出せるように工夫したそうで「素晴らしい声をいただきました。とっても良かったです」と絶賛しました。りりあ。さんがエンディングテーマ『じゃあね、またね。』を披露!緊張しながらも、ギターの弾き語りと綺麗な歌声で会場を魅了しました。「最高でした!りりあ。ちゃん最高だったよ!この曲が映画で流れるタイミングと皆さん想像されると思うんですけど、本当に(胸に)くるんですよね。映画を見終えた後、100%この歌を口ずさみますね!複数人で来ている人の別れの言葉は絶対に『じゃあね、またね。』だと思います」と志尊さんがヒビキとウタの気持ちとリンクした最高の曲だと絶賛しました。最後に志尊さんと広瀬さんが皆さんにご挨拶広瀬さんは「この作品は、とにかくエネルギッシュでピュアで色んな感情が湧き出るような作品です。寝る寸前まで余韻に浸れるような作品です。楽しみにしていただけると嬉しいです。本日はありがとうございました」と笑顔でご挨拶。続いて志尊さん「本日はお越しいただきましてありがとうございます。この作品はだいぶ前から携わらせていただいて、取材や番宣で『この作品の見どころは?どんなところがいいですか?』って聞かれることが多かったんですけど…。僕がこの作品を観た後に心から『この作品に携われて本当に最高だな』って思ったんです。その言葉が自分の中で1番しっくり来たなと思いました。僕の中で残ったように皆さんの環境や気持ちとリンクするところでで、皆さんの心に残る作品だと思っていますので、映画の時間を楽しんでください。ありがとうございました」と見どころを熱弁し、感謝の言葉を紡ぎました。そして、最後に荒木監督から一言!「この作品を作ってみて自分の中になかった扉が幾つも開きました。『こんな気持ちになるアクションシーンってある!?』と思えるような作品を自分が生み出したことが嬉しいです。これをやるために映画の仕事を始めたんだなって思いました。手応えがありました!見終えたあとに甘く切ない感情が押し寄せて、それが皆さんの心に届くといいなと思っています。アクションシーンは特に視界を埋める広い映画館のスクリーンで観ていただけるといいと思います!ぜひ劇場でご覧になって下さい!」と手応えのある作品をしっかりと宣伝し、イベントは幕を閉じました。

新着