「地元茨城への愛を背負って、仲間と
ともにお祭りとして会場をぶち上げに
行く」/【FINALIST INTERVIEW バフ
ァリン編】マイナビDANCE ALIVE HER
O’S 2022 FINAL

『アライブ』の名で親しまれ、今年で17年目を迎える「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL」。ストリートダンス界最強ヒーローを決めるダンスイベントとして、数多くのダンサーたちのドラマと才能を花開かせてきた。毎分毎秒が歴史の転換点となるこの日に向けて、多くの新世代ダンサー達が過酷な予選に挑戦し、ファイナル出場を勝ち獲った。令和ジェネレーションとも呼ぶべきファイナリストたちは、何を思いあの舞台へ上がるのか。
今回はSEED DANCERとしてALL STYLES SIDEの舞台に立つバファリン(IB6side)にインタビュー。茨城をレペゼンし、ダンスアライブFINALでの準優勝、チームとしてJAPAN DANCE DELIGHTで2度の特別賞など、記録だけでなく、確かなテクニックとユーモア溢れるダンスで名勝負と語り継がれる記憶も刻みつけてきたお祭り男、バファリンの素顔に迫る。
ダンスのルーツや師匠について教えてください
 ダンスに触れたのは17歳で、それまでは音楽としてHIPHOPは聴いていました。特に師匠という人はおらず、勝手にDVDを見てダンスを始めた感じです。なので強いて言うならその時にDVDで見ていたOmarionが師匠です。ジャンルも技の名前も知らない中、映画の中のOmarionがやっていたように踊りたい、と練習をしていました。ダンスを習ったのも、地元に悪い先輩がいて、お金が欲しかったのか「俺が教えてやるよ」と言ってくれて、その人に道端でクラブステップを教えてもらったくらいです(笑)。今でも仲はいいですが師匠という感じではないですね。ダンスを本格的に始めたのは大学に入った18歳の時でした。最初はアップダウンなど、HIPHOPっぽいこともやっていましたが、その後はずっとポップをやっていました。独学でやってバトルに参加して、東京の先輩からアドバイスしてもらったりで、(今の自分があるのは)ラッキーだと思っています。技の名前とか基礎とかを知ったのはめっちゃ後でしたし、知らずに踊っていましたが、基礎練は楽んでましたね。影響を受けたダンサーと言われて思い浮かぶのは、Battle Of The YearのCo-thkooとHilty & Boschが4人で行ったショーに衝撃を受けて、しばらくCo-thkooの真似をしていたことです。ダンスで影響を受けた人は少ないですが、人として影響を受けた人はいます。例えばICHI(13-boogie)さんは元々POPをやっていて、一緒に練習して話したり「これはどうだ、これはどうだ?」と研究したりしてたので、ある意味両方影響を受けてるかもしれません。
茨城をレペゼンしているとお聞きしました、地元への想いなど教えてもらえますか?
ずっと茨城で過ごしてきたので、地元愛は熱いです。昔バトルで戦っていた時、同世代がうまくて、俺には何があるだろうと考えて、自分は地元を背負っている、というところだけが唯一誇れるところだと気づきました。「みんなうまい人に習ってきただろうけど、こっちは叩き上げだぞ」と反抗心を燃やしていました(笑)。なので(自分を育ててくれた)地元への愛はありますね。もっと地元が発展してくれたらと思ってダンスを踊っています。
地元の良いところはどこだと思います?
情報が少ないところが好きですね。情報が多すぎると何を信じたらいいかわからなくなるけど、少ない情報を信じて愛せるよね、とBROTHER BOMBさんに昔言われました。その言葉はすごくいいなと思って。また、横のつながりは強いと思います。良くも悪くもですが、繋がりが強いのかなという気はします。アライブのファイナルに出ると決まったら茨城の仲間、150〜200人位がチケットを買って応援に駆け付けてくれます。今年はコロナ禍でいつもより減ってしまいますが、仲間とともにお祭りとして楽しめたらいいなと思っています。
JAPAN DANCE DELIGHTで2度の特別賞を受賞しましたが、現在のチームでの活動について教えてください
現在はIB6sideでの活動がメインです。楽しくやらせてもらっています。レッスンをしたりワークショップにも呼んでもらっています。チームとして日本だけじゃなくていろんなところに挑戦したいというのがあり、海外のコンテストにも出てみたいですね。どちらかというと派手でキャッチーなことが好きなので、海外ではウケがいいかなと思って(笑)。海外の人にエンターテインメントとして通じるかを試してみたいし、派手で元気なことがやりたいんです!渋くかっこよくも良いんですが、人前で踊るときはわかりやすく楽しんでもらえるものが大切だなとこだわっています。
アライブにチャレンジし始めたきっかけはありますか?
本気で両国を目指そうと思ったのが25歳の頃、ファイナルで準優勝させてもらった時ですね。その前の年も予選に出ていましたが、渋谷の関東予選に出ていただけ。その先を見ておらず、予選を上がってみたい、位の熱量でした。各地で行われる地方予選に出るつもりもありませんでした。
次の年は地方予選も込みで頑張ろう、となって、当時はポイント制の時代でしたが、カリスマックス関東で優勝し1発でいくことができました。
最近は、コロナ禍というのと、気持ちの関係でしばらくバトルには出ていませんでした。直近で出たのも昨年7月の1回だけ。青森でやっているSHIROFES.2021というイベントのシードダンサーに呼ばれてPOPPIN’ 1ON1 "SAMURAI"というバトルに出ました。それ以降も出ていません。昔はなんでも出ていたんですが、バトルにそこまでの熱がなくなって、自分が出ようと思った時に出ることにしました。自分が信頼してるジャッジのもとで、1回1回考えて出よう、と無駄打ちしないようになりました。それ以外は地元での活動や育成、チームでのコンテストの方が楽しいと感じていたりもします。自分の中で違う段階に入ったというのはあると思いますね。
アライブのシードダンサーとしてオファーされたとき、どのようなお気持ちでした?
「やっとか。早くしてよ。俺呼べば会場は沸くよ?」と思っていました(笑)。ファイナルに出て2回とも会場を沸かせた記憶があります。1度目は準優勝、2度目はIBUKIちゃんとのバトルで負けてしまいましたが、一番いいバトルだったと多くの方に声をかけてもらいました。ジャッジが自分に手をあげるかは別として、会場を沸かせる自信はあります。アライブは衣装から面白くしていこうというこだわりがありました。練習着っぽい感じでいくのもな、スーツで登場するのがいいなと考えてファイナルの時はスーツで挑戦しています。スーツはダンスがクリアに見えないし、ロンTなどの方が見やすいのですが、お客さんがいると考えるとそこから楽しんでもらいたいという想いがありました。
アライブに向けての調整などはしていますか?
ずっと筋トレしています(笑)。人生でほとんどしてこなかったんですが、コロナ禍に入って筋トレを始め、シード決まってからは更にやっています。基本的には腕と背筋と胸筋、あと脚です。HITで自分がよく使っている場所を鍛えています。多少変化があって、筋力が強くなったのもあって、HITが気持ちよく入るようになりました。あとはなるべく踊るようにしていますね。
アライブというイベントへの想いはありますか?
ダンスアライブは自分の中では良くも悪くも人生を変えたイベントです。知名度が上がって、いろんなところに呼んでもらえるようになりました。その年はバファリンとリュウイチというチームでゼロコンも優勝したので、色々な人に名前を知ってもらえたのかなと思います。ダンス人生を変えたイベントとして影響力は大きかったと思います。ジャッジにはぜひ自分のエンターテインメント性を見てほしいと思っています。今はわかりませんが、昔はお客さんにダンスをやってない人も多かったですし、アライブはダンスを知らない人との架け橋だと思っています。結果も含めわかりやすさって大事だと思うんです。アニソンバトルが今盛り上がっていますが、年齢関係なしに、かましたら勝つわかりやすい文化が育っていて面白いなと思って見ています。アライブにはオーディエンスにどちらが良かったかを聞くシステムもあるので、全員あげてくれたら負けてもいいなという気持ちもあります。
アライブに向けての意気込み
負けてもなんでもいいので、会場をぶち上げたいです。4月17日、全部(のショーやバトル)込みであいつが一番良かったとなればいいなと思います。もちろん優勝したいですが、バックボーンもないし、地方でやってて先輩やルーツがない中で、ジャッジも気持ちよく手をあげれないかもしれません。ぶち上げられればそれでいいやと思いますし、結果がついてくればそれが一番ですね。優勝しようと意気込みすぎるとよくない方向にいきそうなので、盛り上げていくぞという気持ちで頑張ります。
マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINALは2022年4月17日(日)!
ダンスバトルの他にも、豪華なゲストダンサー、ダンススタジオ/高校ダンス部/ダンス専門学校/大学生・社会人ダンスサークルによるショーケース、さらには高校ダンス部の頂点を決めるダンスコンテストなども同時開催。世界最大規模のダンスフェス「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL」、今後も続々と更新される出演者情報をチェック!
名称:マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL
開催日:2022年4月17日(日)
会場:両国国技館(東京都墨田区横網1丁目3番28号)
開催時間:OPEN 11:00 / START 11:30
主催:株式会社アノマリー
特別協賛:株式会社マイナビ
FINAL特設サイト

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着