「舞台『弱虫ペダル』The Cadence!
」総北&箱学キャストが発表 川崎優
作、高崎俊吾らが出演

(c)渡辺航(秋田書店)2008/ 舞台『弱虫ペダル』製作委員会 「舞台『弱虫ペダル』」シリーズ最新作「舞台『弱虫ペダル』The Cadence!」の追加キャストが発表された。さらに、公演日程やチケット情報なども発表されている。
 2012年にスタートした「舞台『弱虫ペダル』」シリーズは、渡辺航氏による自転車ロードレース漫画「弱虫ペダル」(秋田書店刊)が原作。人並み外れた健脚を誇るオタク少年の小野田坂道が、ひょんなことから千葉県・総北高校の自転車競技部に入部し、仲間たちとともにインターハイ優勝を目指す姿を描く。舞台シリーズ10周年記念作品となる「The Cadence!」では、キャストを一新しており、坂道役を島村龍乃介、今泉俊輔役を砂川脩弥、鳴子章吉役を北乃颯希が演じる。また、これまで演出や脚本を手がけていた西田シャトナーが総監督と脚本を務め、手嶋純太役でシリーズに出演していた鯨井康介が演出、音楽をmanzo、作詞・歌を桃井はるこが担当する。
 今回発表されたキャストたちが演じるのは、坂道が所属する総北高校、ライバル校・箱根学園(通称:ハコガク)の自転車競技部の面々。総北高校の金城真護役に川崎優作、巻島裕介役に山本涼介、田所迅役に滝川広大、箱根学園の福富寿一役に高崎俊吾、荒北靖友役に相澤莉多、東堂尽八役にフクシノブキ、新開隼人役に瑛、真波山岳役に中島拓人が起用された。あわせて公開されたキービジュアルは坂道をはじめ、総北とハコガクメンバーが集結したものとなっている。
 東京公演は7月5~10日にシアター1010、大阪公演は7月16~18日にCOOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演。チケットの価格は一般が8800円、マルチケース付きのプレミアムチケットが1万1000円(いずれも税込み)。マーベラスメンバーズ先行が4月28日正午~5月4日、オフィシャル先行・LEncore先行が5月11日正午~17日、プレリクエスト先行が5月18日正午~24日に受け付けを予定しており、6月4日正午から一般発売も行われる。
 このほか、「舞台『弱虫ペダル』」10周年を記念した特設ページ(http://www.marv.jp/special/pedal/10th/)も開設されており、原作の「弱虫ペダル」が歩んできた軌跡やこれまで開催されてきた舞台版の様子を写真やプロモーション動画などで振り返ることができる。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着