(前列左から)岩田剛典、阿部サダヲ、岡田健史、(後列左から)赤ペン瀧川、鈴木卓爾、宮﨑優 (C)エンタメOVO

(前列左から)岩田剛典、阿部サダヲ、岡田健史、(後列左から)赤ペン瀧川、鈴木卓爾、宮﨑優 (C)エンタメOVO

岡田健史、阿部サダヲの私生活に興味
津々 LINE交換をするも「返事はなか
ったです」

 映画『死刑にいたる病』 完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、岡田健史、岩田剛典、中山美穂、宮﨑優、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト、音尾琢真と白石和彌監督が登壇した。
 本作は、櫛木理宇氏の同名小説を映画化。世間を震撼(しんかん)させた希代の連続殺人鬼・榛村(阿部)から、一通の手紙を受け取った大学生・雅也(岡田)が、独自に事件を調べ始めるが…というストーリー。
 阿部と初共演を果たした岡田は「阿部さんの家に行きたいなと思いました。どんな生活をして、どんな役作りをして、何を食べているのかを知りたいです」と語り、「おかしいですよね?」と照れ笑いを浮かべた。
 阿部は「多分、実際に家に呼んだら、僕が殺すと思っているよね? まだ役が入っちゃってるのかな?」と岡田をからかって笑わせた。
 一方、岩田は「1日だけ共演させてもらったのですが、阿部さん、映画のポスターのあの目のまんまなんですよ。本当に殺されるかと思いました。目に全く光が宿っていない。怖かったです」と告白。
 中山が「すごい役をされている。爽やかにコマーシャルとか出ていらっしゃるけど、お客さんが困ったりしないかと、勝手に心配しています」と口にすると、阿部は「役柄ですから。そこは分かっていただかないと…」と返した。
 また、昼はパン屋、夜は殺人鬼という二面性を持った主人公にちなみ、「共演者のギャップ」について聞かれた阿部は「岡田くんにはいまだにギャップしか感じない。そろそろタメ口になるんでしょ? LINEも交換して『友達になりましょうよ』と言われたし…」と明かした。
 岡田が「でも、それ無視されました。阿部さんからの返事はなかったです」と寂しげに話すと、阿部は「既読はしましたよ」と返して笑わせた。
 映画は5月6日から公開。
[gallery ids="1324937,1324938,1324939,1324940,1324941,1324942"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着