イギリスを代表する作家、ケネス・グ
レーアムの児童文学作品をミュージカ
ル化 『ザ・ウィローズ』予告編、ポ
スタービジュアルが解禁

2022年7月8日(金)に公開される映画『ザ・ウィローズ』の予告編とポスタービジュアルが公開された。
『ザ・ウィローズ』ポスタービジュアル (c)Marc Brenner
本作は、人間の社会に類似しているような世界で、動物たちが繰り広げるファンタジーな物語がつづられるミュージカル作品。イギリスを代表する作家であるケネス・グレーアムの世界的に人気を博す児童文学作品「ザ・ウィンド・イン・ザ・ウィローズ(原題)」が原作となる。

『ザ・ウィローズ』 (c)Marc Brenner
本国でも大人気を博したイギリス発のミュージカルが、日本の映画館に登場。本作は、伝統あるロンドン・パラディウムで上演された演目を特別撮影し、日本語字幕スーパー付きで上映する。
『ザ・ウィローズ』 (c)Marc Brenner
作品は、人間の特性をそれぞれ良くとらえている、動物たちで織りなすファンタジーな物語がつづられていく。友情と家族の大切さ、故郷への想い、傲慢と偏見をあらためる気持ちなど、人間社会では直接に表現できない事柄も、動物の世界では歌と踊りとともに、いとも簡単にメッセージを発信でき、それはまるで、現代の風刺画を見ているようだ。
『ザ・ウィローズ』 (c)Marc Brenner
動物たちを演じる俳優たちと各クリエイターは、エンターテイメント界で活躍する逸材ばかり。役者においては、ロイヤル・シェークスピア・カンパニー公演作品や、『アラジン』、『ピーター・パン』、『ザ・サウンド・オブ・ミュージック』などの傑作に名を連ねている名優ぞろいだ。
中でも、ミスター・トード役のルーファス・ハウンドは、度肝を抜く面白さで、舞台役者としては勿論のこと、コメディアンとしての才能も十分に見せつけている。

本物のお屋敷やカフェのような舞台セットのゴージャスさも見どころの一つで、制作陣は、海外ドラマ『ダウントン・アビー』と『メリー・ポピンズ』のミュージカルなどの脚本家でも有名なジュリアン・フェローズが、楽曲はヒットメーカーで音楽デュオのジョージ・スタイルズ(作曲)とアンソニー・ドリュー(作詞)(『メリー・ポピンズ』他)が務めている。彼らの作品は、トニー賞やローレンス・オリヴィエ賞、エミー賞などにもつながっている。

『ザ・ウィローズ』 (c)Marc Brenner
『ザ・ウィローズ』 (c)Marc Brenner

2012年オリンピック開会式の映像監督でもあるティム・ヴァン・ソメレンがシネマ版監督を、演出は、『オズの魔法使い』の芸術監督や『不思議の国のアリス』などの演出経験を持つレイチェル・カヴァノーが偉才を発揮しているのだから、贅沢な作品といえるだろう。
約2時間のショート・トリップを、小粋な動物たちとエンジョイしたい。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着