カネコアヤノ、aiko、ずとまよ、三浦
大知の新曲、マイヘアのニューアルバ
ムなど『New Music Wednesday [Musi
c+Talk Edition]』が今週注目の新譜
を紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、カバーを飾っているカネコアヤノのほか、My Hair is Bad奇妙礼太郎のニューアルバムに、aikoずっと真夜中でいいのに。の新曲、海外からはカミラ・カベロ、チャーリー・プースの新曲など、注目の新作13曲を紹介! また紹介アーティストが出演するライブやフェス情報も掲載しているほか、同番組キッカケで生まれた新プレイリスト情報も要チェック!
カネコアヤノ「わたしたちへ」
カネコアヤノが、約1年ぶりとなる新曲「わたしたちへ」をリリースしました。昨年初の武道館ライブを行い、レキシの新曲「マイ草履」に「にゃん北朝時代」としてゲストボーカルで参加するなど、この1年も様々な話題を振りまいています。今作はCMソングとしてもOA中の楽曲で、凛としたボーカルが印象的な「まさにカネコアヤノ!」という彼女らしさ満載の新曲となっています。これまで、2018年5月に開催された『Spotify Early Noise Night vol.5』に出演したり(ちなみにこの日は羊文学、SPiCYCOL、ドミコも出演)、『Edge』などのプレイリストを飾るなど、Spotifyで何度もピックアップされていますが、『New Music Wednesday』のカバーは今回が初となります。
aiko「ねがう夜」
aikoの新曲「ねがう夜」が配信リリースになりました。前作の「食べた愛/あたしたち」から約7ヶ月ぶりのリリースで、アレンジは「メロンソーダ」でもタッグを組んだトオミヨウが担当、ジャケット写真では、久しぶりにショートヘアになったaikoの姿を見ることができます。今回は先行配信ですが、4月27日(水)にはCDシングルとしてリリース予定で、そこには本楽曲とインストバージョンに加え、新録曲となる「友達になりたい」「ゆあそん」も収録予定です。Spotifyではプレイリスト『Women’ s Voice』のカバーも飾っています。
My Hair is Bad「綾」
My Hair is Badが、5作目となるフルアルバム『angels』をリリースしました。『Mステ』出演やストリーミング解禁、東京渋谷駅前の巨大広告などが話題になっており、Spotifyでもストリーミング解禁後再生回数&フォロワー数が急上昇しています。本作は、2019年6月にリリースしたアルバム『boys』以来、約2年10ヶ月ぶりのフルアルバムです。昨年11月から12月にかけて行われた全国ツアー『フラッシュホームランツアー』で既に演奏され先行配信もされている「カモフラージュ」や「歓声をさがして」など全13曲が収録されています。『New Music Wednesday』にリストインしている「綾」は、先日の国立代々木競技場第一体育館での公演で初披露された新曲で、切ないバラードソングとなっています。Spotifyでは先週に引き続き、日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーも飾っています。
星野源「喜劇」
先週の『New Music Friday Japan』のカバーを飾っていた星野源の新曲「喜劇」。『New Music Friday Japan』内で圧倒的なパフォーマンスを記録し今週の『New Music Wednesday』にもリストイン。今作は、『少年ジャンプ+』にて2019年3月より連載中で、数々のマンガ賞にも輝き、シリーズ累計発行部数が1,500万部を突破している人気コミック原作のテレビアニメ『SPY✕FAMILY』のエンディング主題歌として起用されています。星野源は、「もともと原作が好きで読んでいて、ちょうど最新刊を読み終えたタイミングでオファーをもらった。すごく嬉しかったし、運命のように感じた」、「僕がホッとする家族の捉え方は、『SPY✕FAMILY』で描かれているものと近い部分があった」と作品への思いを語っています。
ずっと真夜中でいいのに。「ミラーチューン」
ずっと真夜中でいいのに。の新曲「ミラーチューン」がリリースになりました。『New Music Friday Japan』内でのパフォーマンスが良く『New Music Wednesday』にもリストインしています。2021年はアルバム『ぐされ』、シングル「あいつら全員同窓会」「ばかじゃないのに」「猫リセット」、2022年2月にはミニアルバム『伸び仕草懲りて暇乞い』を発売するなど、立て続けに新作をリリースしています。
本楽曲は、4月16日(土)と17日(日)に開催される自身初のさいたまスーパーアリーナ公演を前に、ファンの期待を最大限にすべくリリースした楽曲です。今回のMVは『伸び仕草懲りて暇乞い』に収録されている「ばかじゃないのに」の映像を手掛けたスイス在住ベトナム人・イラストレーターのTV♡CHANYが個人制作で手掛けたアニメーションとなっており、ゲーム要素を含むギミックが多く盛り込まれた作品となっています。ずっと真夜中でいいのに。は、7月29日(金)から31日(日)に新潟県苗場スキー場で開催される『FUJI ROCK FESTIVAL ’ 22』の出演も決定しています。
カミラ・カベロ「psychofreak(feat.ウィロー)」
カミラ・カベロのニューアルバム『Familia』がリリースになりました。先週世界各国の『New Music Friday』のカバーを飾り、『New Music Friday Japan』内でも高パフォーマンスを記録し、『New Music Wednesday』にリストインしています。2018年の『Camila』、2019年の『Romance』に次ぐ3枚目のアルバムとなります。アルバムタイトルはスペイン語で「家族」という意味で、自身の家族やルーツがひとつのテーマに。サウンドも、アルバムから先行シングルとしてリリースされていた「Don't Go Yet」、「Bam Bam(feat.エド・シーラン)」で示されていたように、カミラのルーツであるラテン音楽に接近したサウンドとなっています。アルバムにはエド・シーラン、ウィロー、アルゼンチンのシンガーのマリア・ベセラ、キューバのシンガーのヨツエルが参加。楽曲「Celia」には、カミラの従兄弟の8歳の男の子がバックコーラスで参加しています。リリース翌日の4月9日(土)にアメリカで放送されたバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』では『Familia』から「Bam Bam」と「psychofreak」を早速パフォーマンス。「psychofreak」ではアルバム同様ウィローと共演しています。
チャーリー・プース「That’ s Hilarious」
チャーリー・プースが、新曲「That's Hilarious」をリリースしました。『New Music Friday Japan』内でパフォーマンスが良く、『New Music Wednesday』にもリストインしています。楽曲の制作過程などをTikTokに上げ、前作「Light Switch」がリリース前からTikTokでバイラルになりそこからヒットに繋がるなど、TikTokでの活動が大きな話題となっているチャーリー・プース。この「That's Hilarious」もリリース前からTikTokで話題となっていました。この曲についてチャーリー・プースは「リリースされるのをすごく楽しみにしていたけど、聴くと、人生の辛かった時期を思いだすんだ。今まで誰にも話さなかったのだけど、2019年に人生で最も辛い別れを経験した。でも、全てを忘れて、新しいスタートを切って、僕の周りにいる素晴らしい人たちと接することを決めたんだよ。今まで書いた曲の中で最も辛い曲だけども、皆に届けることが出来て本当に嬉しいよ」とコメント。人生の中での「最悪の破局」について歌ったものだと明かされています。
ラウヴ「All 4 Nothing(I'm So In Love)」
ラウヴの新曲「All 4 Nothing(I’ m So In Love)」が『New Music Friday Japan』内でのパフォーマンスが良く『New Music Wednesday』にもリストインしています。2015年のデビュー以降「I Like Me Better」、トロイ・シヴァンとの「i’ m so tired…」などのスマッシュ・ヒット、チャーリーXCXの「Boys」へのソングライターとしての参加、BTSと「Make It RIght」でコラボなど話題を振りまき、日本でもブレイクを果たしたUSのシンガーソングライター、ラウヴ。夏にはデビュー・アルバム以来となるセカンド・アルバム『All 4 Nothing』がリリース予定で、アルバムからの先行楽曲となります。
奇妙礼太郎「たまらない予感」
奇妙礼太郎が約4年ぶりのフルアルバム『たまらない予感』をリリースしました。奇妙礼太郎は昨年カバー・アルバム『song book #1』、ミニアルバム『ハミングバード』をリリースしていますが、スタジオフルアルバムとしては2018年の『More Music』以来となります。今作は『ハミングバード』で初めてタッグを組んだベベチオの早瀬直久をプロデューサーに迎えて制作されており、収録される全ての楽曲が書き下ろしの新曲となっています。Spotifyでは日本のシンガーソングライターの楽曲を特集するプレイリスト『ブルーにこんがらがって』のカバーを飾りました。
秦 基博「Trick me」
秦基博が、約1年ぶりとなるニュー・シングル「Trick me」をリリースしました。ゲストボーカリストとしてシンガーソングライターのmahinaを迎えており、透明感ある女性ボーカルが秦の歌声と重なり合った楽曲となっています。秦基博は「曖昧な関係にある男女間のゆらぎを切り取った楽曲です。女性の歌声が重なることで、「Trick me」が持つ、儚さやもどかしさをより色濃く表現できるんじゃないかと思った時に、浮かんだのは、切なくも透明感のあるmahinaさんの歌声でした」とコメントしています。
Omoinotake「心音」
Omoinotakeが新曲「心音」を配信リリースしました。今作は映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』の主題歌として書き下ろされた楽曲。豊田悠の人気コミック『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』が原作の映画版で、昨年ドラマ版でオープニング・テーマを担当したことから、今回もこの書き下ろしに繋がっています。ホーンセクションとバンドサウンドのあたたかいグルーヴが印象的な楽曲です。
Predawn「Star Child」
女性ソロシンガーソングライター・Predawnが、自身3枚目のアルバム『The Gaze』をリリースしました。2016年リリースの2ndアルバム『Absence』以来、約5年半ぶりとなるアルバムで、ゲスト・ミュージシャンを迎え、バンド・サウンドを軸に置いた作品となっています。『New Music Wednesday』にはインディーロック的なアプローチが感じられる「Star Child」がリストイン。Spotifyでは日本のインディーシーンの注目曲と最新曲を集めたプレイリスト『Edge!』のカバーを飾っています。
三浦大知「燦燦」
三浦大知が約1年ぶりとなるシングル「燦燦」をリリースしました。楽曲「燦燦」は、4月11日(月)から放送がスタートしたNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の主題歌です。NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』は、沖縄が本土返還されたばかりの50年前を舞台に、上京し東京で西洋料理のシェフを目指すヒロインと家族の物語で、三浦大知はドラマの舞台となる沖縄出身。初の朝ドラ主題歌となります。インタビューでは、「まず3曲ぐらい作り、その中でドラマスタッフといろいろ話して、この楽曲に決まった」と明かしています。Spotifyでは、日本のバラードを集めたプレイリスト『メランコリー-Ballads in Blue-』のカバーを飾っています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO

新プレイリスト『共鳴 - Dream Collabs-』が誕生!
先週配信の『NMW [M+T] 』で募集した、「Q&A」のテーマ「あなたにとっての最強コラボソングをおしえて!」をキッカケに新プレイリストが誕生! 人気アーティストの才能が共鳴し合う、コラボ楽曲が特集され、最新コラボ曲から往年のヒット曲まで夢の共演を楽しむことができます。また、ひとりひとりの好きな音楽など個性に合わせて楽曲が変わる仕組みで、あなただけの特別なプレイリストとなっている。ぜひどんな楽曲がリストインしているか要チェック! 
『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!?
今週のメッセージテーマは「今年行きたい or 参戦予定のフェスを教えて!」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着