田中みな実(左)と増田貴久 (C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

田中みな実(左)と増田貴久 (C)「吉祥寺ルーザーズ」製作委員会

【インタビュー】6人の“共同生活”
を描くドラマ「吉祥寺ルーザーズ」 
増田貴久「意外とシェアハウスに憧れ
があります」田中みな実「誰かと一緒
に住むことは考えられないかな」

 企画・原作・秋元康、NEWSの増田貴久が主演するテレビ東京系ドラマ「吉祥寺ルーザーズ」が11日から放映中。本作は、東京・吉祥寺を舞台に、人生の負け組6人が、シェアハウスで一緒に暮らす日々を描いたシチュエーションコメディードラマ。主人公の高校の非常勤講師・安彦聡を演じる増田と、元女性ファッション誌の編集長・大庭桜を演じる田中みな実に、作品に懸ける思いを聞いた。
-面白いせりふがたくさん出てきますが、台本を読んだ印象は?
増田 まだ撮影に入っていないので(インタビューは3月上旬に実施)、今はいろいろ想像しながら、台本を覚えているところです。舞台のような空気感もあり、その場で生まれる6人のギクシャク感も全部含めて、どんな感じなるのか今はすごく楽しみです。
田中 せりふの量がすごく多いので、覚えるのが大変です。本読みもクランクイン直前になりそうなので、少しでも不安な気持ちを払拭しようと、皆さんのお顔をプリントアウトした紙を部屋に貼って、そこに向かってせりふの練習をしています。洋服などを置いている部屋なので、着替えるときに皆さんの視線があるのがちょっと気まずいですけどね(笑)。
増田 僕のは、どんな写真を選んでくれたんですか?
田中 まっすーくんのは、いい感じの写真です。ちょっと格好をつけている写真でした。
増田 ありがとうございます(笑)。
田中 (池上隆二役の)國村隼さんだけ、プリントアウトできる素材が白黒で、お部屋の中でちょっと異彩を放っています(笑)。
-台本の中で気になったせりふはありますか。
田中 これから桜の名言みたいなものがどんどん出てくると思うのですが、1話では「女の自虐を簡単に受け入れる男は古今東西モテた試しがないからね」というせりふが印象的でした。四字熟語などを交えながらトントントンとしゃべっていくのが痛快です。聡に対しては、特に上から目線で、そこもまた関係性が垣間見えて面白いなと感じます。
増田 僕は、皆さんのせりふを受ける側のことが多いので名言は出さないです。皆のせりふに一番かき回されているのが聡で、聡が一言しゃべってみたら、またそこから違う火種が飛んで…みたいなタイプです。
-自身の演じる役柄をどのように捉えていますか。
増田 聡は普通に生きてきたのですが、その過程で心が折れる事件が起きてしまい、それがトラウマとなって、女の人と話すことに苦手意識があって…という役です。人柄的にはフラットな優しいほのぼのした感じの男性かなと思っています。
田中 桜は勝ち気で、正義感が強い女性です。ただ、その正義感というのが世の中全般に共通するものとは少しズレていて、どちらかというと自身の凝り固まった概念。桜にはそういうマイルールがたくさんあるんです。私も1人の生活が長くなってきて、自分が心地いいと感じるやり方や瞬間が増えていき、それを他者に邪魔されたくないな…とさえ思うようになっています。桜の気持ち、分かります。
-例えば、どんなルールがありますか。
田中 2話で聡にジャムを貸すシーンが出てきますが、そこにも桜のルールがあって。1回(パンに)スプーンでジャムを塗ってから、またジャムをすくって、もう1回塗るのはアウトだとか。ジャムの中にパンくずが入るからね。
増田 僕も絶対に入れられたくないので、結構桜さんタイプですね。
田中 私もまっすーくんもそういうのを割と気にするタイプですが、全く気にならない人もいますよね。共同生活をしてみないと分からない、人の悪気のない癖みたいなものがいろいろ出てくるので、「分かる〜!」と激しく共感できることや、「えっ、何がいけないの?」と不思議に思うことも出てくるのではないかと思います。
-共同生活をするとして、絶対に外せないルールはありますか。
増田 僕は水周りが気になります。手を洗って蛇口を閉めた後、そこがビジョビショになっていたら嫌ですね。
田中 めちゃくちゃ分かります。
増田 水滴、1滴も許さないです。そのビショビショになっている蛇口、触りたくないじゃないですか。
田中 うん。そうだね。でもそれはね、何だか結婚が遠のく気がする。
増田 だって嫌ですもん(笑)。
田中 分かるよ。あと手を洗ったときに、パッパって水を切ったときの水滴が鏡についたままにしている人とかちょっと許せなくないですか?
増田 同じです。僕は飛び散らせたくないからパッパとやりません。(水滴が跳んだら)僕はティッシュで拭きます。
-2人とも、共同生活なんて到底出来ないタイプですか。
田中 できないです。
増田 僕は意外と憧れがありますよ。おしゃれなシェアハウスって今増えているじゃないですか。各自のスペースは小さいけれど、共同スペースがすごくおしゃれで大きかったり。そこに憧れます。
田中 でもそれで、水回りビシャビシャにする人いたらどうします?
増田 意外と、住んじゃえば自分で拭くかもしれません。
田中 私は嫌ですね(笑)。1人の空間に慣れ過ぎてしまって、誰かと一緒に住むことは考えられない。それが例えパートナーだとしてもギリギリ嫌だなと思うから、見ず知らずの他人と5、6人で暮らすなんて到底考えられません。
-ドラマのタイトルに絡めて「自分はこの点で負けているな」と思うことはありますか。
増田 NEWSのメンバーは、割と大ざっぱなのですが、僕は結構キチキチしていて…。ほかのメンバーは楽屋でバッグを下にポーンと置いて、中身が飛び出ていても気にしないのですが、僕は“この場所がいい”と思った所に、中身もちゃんとしてきれいに置く。でもそれって時間が掛かる。弁当を食べ終わった後のゴミなども、僕は隅っこに置きますが、メンバーはその散らかっているところにそのまま携帯を置いたりする。でもそういう方が生きやすいというか、なんか格好いいじゃないですか。結局キチキチしているきれい好きな男の子って何だかモテない感あるなってメンバーといると感じます。
田中 ハハハ。大ざっぱって別に格好よくはないけどね。
田中 自分でパッと思い当たることはなくても、番組のキャスティングなどで「負け組」みたいなジャンルでお声掛けいただくことがたまにあるんです。たとえば、「既婚・セレブ妻の皆さん」と「結婚できない皆さん」みたいにカテゴライズされると、ああ、世の中的にはそういうふうに見られているんだなと思い知らされます。そういうお仕事はお受けしないんですけどね(笑)。勝ち負けじゃないじゃない? 生き方の違い。
-今日が初対面とのことですが、お互いの印象を教えてください。
増田 同い年なんですよ。完全に同じ年の人って、僕はあんまり会う機会がなくて。年齢が離れていたりすると、探りながらいかなきゃいけなかったりするのですが、年齢が一緒なのであまり気を使うこともないですね。
田中 まっすーくんは、役柄の聡同様、本当に人の良さがにじみ出ている方だな、と画面越しで拝見しながら思っていました。そして今日実際にお会いしても、聡がぴったりハマるような方で、役作りも要らないんじゃないかなと勝手に思ってしまいます。
増田 ハハハ。バチバチに決めていきますよ(笑)。
(取材・文/山中京子)
 ドラマプレミア23『吉祥寺ルーザーズ』2022年4月11日(月)スタート。テレビ東京系 毎週月曜午後11時6分~11時55分放送。

アーティスト

エンタメOVO

新着