安彦監督が語るザク秘話『機動戦士ガ
ンダム ククルス・ドアンの島』モビ
ルスーツ戦闘カット解禁

2022年6月3日(金)より全国公開される安彦良和監督の劇場版アニメ『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の情報解禁が先週よりスタートしているが、本日4月15日に第2弾として同作の大きな見どころの一つであるメカアクションに関する安彦監督の思いと共にメカシーンの先行カットが解禁された。
以下、解禁カットを織り交ぜて安彦監督のコメントを紹介する。
安彦監督が語るザク、メカアクション
今回、劇中に登場するメカ描写は3DCGで表現され、モビルスーツ同士の地上戦がふんだんに盛り込まれている。その中でもククルス・ドアンが乗るザクは独特な存在感を放つ。
(c)創通・サンライズ
安彦監督は「彼の乗るザクが特別であるわけはないと僕は思っていたんです。TVでも普通のザクでしたし。でも、モビルスーツのデザインを担当してもらったカトキ(ハジメ)さんは非常に思い入れがあるらしくて、やっぱりどこかが他のザクとは違う、ただならぬ雰囲気があったほうがいいと力説されたんですよね。彼の言葉を借りると〈異形のザク〉なんだと。カトキさんが映画のために描いたドアンのザクは、だいぶくたびれて壊れていて、頭もいびつで鼻が長い。いろいろ修理したんでしょうけど、それで異形になるのもおかしいと思えたけど、確かにそのほうが雰囲気が出ていいんですよね。理屈を超えたカトキハジメさんのこだわりをいただいたということです。」と語る。
(c)創通・サンライズ
第15話の作画的な背景を踏まえた絶妙なバランスの異形のザクによる地上戦は必見とのことだ。
また、サザンクロス隊が乗り込むことになる高機動型ザクは、歴代ガンダムシリーズでお馴染みの大河原邦男氏がこの映画のためにデザインした、オリジナルのザクになっている。
(c)創通・サンライズ
安彦監督「ザクっていうのは地球では基本的にノッシノッシと歩くキャラクターなんです。地上で動きが素早いモビルスーツとなると、どうしてもドムが頭に思い浮かぶんです。あいつらはホバークラフトでスライドするような動きが得意で速い。でも、ドムが出てくるにはちょっと時期が早いなと。それで大河原さんには「ドムの前の世代にあたるようなザクを作ってくれませんか」とお願いをしたんですよね。脚にノズルが付いていて浮力が発生して動くんですけど、具体的なイメージをどうお伝えすべきかちょっと悩ましかったんです。それで思いついたのがスケーターの動き。大河原さんにそれをお伝えして、その登場シーンの絵コンテを担当してもらった副監督のイムガヒさんにも「スケーターの動きを意識してください」とお願いしました。そこのシーンは割といい感じに仕上がったんじゃないかなと思います。」と、映画版で初登場となる高機動型ザクのこだわりポイントを挙げた。
(c)創通・サンライズ
主人公:アムロ・レイのRX-78-02 ガンダムがどんな活躍を見せるのかも、ファンにとっては気になるところだ。
安彦監督は「この映画は何と言っても『THE ORIGIN』でお見せできなかったガンダムが活躍する話ですから、どうやったらかっこよく登場させられるかにも、けっこう気を遣ってます。僕は世代が古いものですから、昔の任侠映画のノリが欲しいと思っていたんですよね。この映画のガンダムは、高倉健さんというより鶴田浩二さんだねって言ってます(笑)。とは言っても物語の中心はドアンでありドアンのザクなので、ガンダムの活躍は限られてます。アムロも制約の多い状況下に置かれることになりますからね。その限られた登場シーンでいかにガンダムをガンダムらしく見せられるか。最近は宇宙空間で光モノが派手に飛び交うような戦闘が多いと思うんだけども、今回はローテクっぽく、まさに大地に立って戦う作品になっています。」と、通常、ガンダムは宇宙空間で戦うことが多いのだが、本作では地上戦を意識したと話し、今までのMSアクションとは一味違うと語った。
(c)創通・サンライズ
安彦監督による映画版ならではMSアクションは見どころとなりそうだ。
先行カットの内容
新たに解禁された先行カットは、アムロ・レイが操縦するRX-78-02 ガンダム(以下、78ガンダム)とククルス・ドアンが操縦するMS-06F ドアン専用ザク(以下、ドアンザク)、さらには高機動ザクが激しく交戦するもの。
ドアンザクが攻撃をする瞬間や、78ガンダムがビーム・サーベルを2本とも構える姿、ルッグンにぶらさがる高機動型ザクなどが見られる。
『機動戦士ガンダム』 第15話「ククルス・ドアンの島」同時視聴 キャンペーン開催!
(c)創通・サンライズ
メカアクションの先行カット解禁を記念して、TVアニメ『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」の同時視聴キャンペーンが決定した。
4月15日20時~ガンダム公式YouTubeチャンネルにて特別配信予定。
「ククルス・ドアンの島」公式Twitter上での同時視聴キャンペーンに参加し、「#ドアン同時視聴」をつけてツイートすると、5分おきに安彦良和監督描きおろしの超ティザービジュアルのミニ複製ポスターが40名にあたるプレゼントキャンペーンも実施予定とのことなので、ぜひ参加したい。
(c)創通・サンライズ
『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』は、2022年6月3日(金)より全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着