(前列左から)松重豊、山田孝之、松本潤、広瀬アリス、大森南朋、(後列左から)音尾琢真、山田裕貴、杉野遥亮、板垣李光人

(前列左から)松重豊、山田孝之、松本潤、広瀬アリス、大森南朋、(後列左から)音尾琢真、山田裕貴、杉野遥亮、板垣李光人

松本潤主演の2023年大河ドラマ「どう
する家康」に大森南朋、山田裕貴ら豪
華俳優陣が集結 松本「“チーム家康
”が戦国をどう乗り越えていくのか、
僕自身も楽しみ」

 NHKで2023年放送予定の大河ドラマ「どうする家康」の出演者発表会見が15日、オンラインで実施され、主演の松本潤のほか、新たに出演が発表された大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、板垣李光人、音尾琢真、広瀬アリス、山田孝之、松重豊が出席した。
 大河ドラマ第62作となる本作は、「リーガルハイ」、「コンフィデンスマンJP」など、数々のヒット作を手掛けてきた脚本家・古沢良太氏が、徳川家康(松本)の生涯を新たな視点で描く波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント作。
 昨年11月に発表された「どうする!?」と家康に難題を突きつける5人に対して、今回発表されたのは、家康を支え、共に窮地を乗り越えていく“チーム家康”のメンバー。
 会見では、酒井忠次を大森、本多忠勝を山田裕貴、榊原康政を杉野、井伊直政を板垣、鳥居元忠を音尾、於愛の方を広瀬、服部半蔵/正成を山田孝之、石川和正を松重が演じることが明らかに。
 この他、会見には欠席したが、大久保忠世を小手伸也、平岩親吉を岡部大、鳥居忠吉をイッセー尾形が演じることも併せて発表された。
 会見に出席した出演者が一堂にそろうのは、この日が初めて。しかし、松本を中心に笑いを交えつつ、質疑応答は和やかに進み、早くも息の合ったチーム家康感を漂わせていた。
 発表を受けて松本は「時代に翻弄(ほんろう)されたところから始まるか弱きプリンスが、仲間たちの力を借り、どういうふうに戦国時代を生き延び、江戸という大きな時代を作っていくのか。そこをしっかり描けたらと思っています」と意気込みを語った。
 さらに、松本は「視聴者の方に『こんなチームが自分たちで作れたらいいね』『こんなチームがあったらいいね』と思ってもらえるようなチーム作りができたらと思っています。“戦国オールスターズ”という数々の武将、数々のストーリーがある中で、このチーム家康が、それをどう乗り越えていくのか。僕自身もすごく楽しみですし、みんなで楽しんで乗り越えていけたらと思っています」と語った。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着