【すゑひろがりず南條】元SMAP中居に
ご祝儀期待していた過去

第七回上方漫才協会大賞の大賞を受賞したすゑひろがりず。ツッコミ担当の南條は、2016年11月にバラエティ番組「ナカイの窓」にて当時13年間付き合っていた彼女に公開プロポーズをして結婚した過去がある。南條は収録後、Twitterにて「私すゑひろがりず南條は入籍致しました!背中を押して下さった中居さん、本当にありがとうございました!」と結婚を報告している。ご祝儀を期待して楽屋へ実は南條は、公開プロポーズが成功して入籍した後、ご祝儀を期待して中居の楽屋に行ったことがある。このエピソードはYouTubeチャンネル「あむあむWORLD」の「【スリル】お正月にすゑひろがりずさんとお年玉1万円対決で大盛り上がり【M-1】」で聞くことが出来る。(あむあむWORLDは、芸人で結成したYouTubeチャンネルである)こちらの動画内で、よしもと芸人のカゲヤマ益田がご祝儀を期待して中居の楽屋に行った南條のエピソードを暴露。南條は当時の自分の行動を嘆いた。ご祝儀を期待してしまった理由公開プロポーズ後、すゑひろがりずとカゲヤマの4人はロイヤルホストでご飯を食べた。その時、カゲヤマ益田が「中居さんは関わった人全員にご祝儀50万くらいくれるらしい」と南條に話したという。南條は中居の番組で公開プロポーズをしていたので、カゲヤマの2人に「南條さんそれは50ありますね」と焚き付けられ、本気にした南條はご祝儀の期待を込めて中居の楽屋へ挨拶に行った。ご祝儀を期待して8秒ほど楽屋で粘ったというが、結局ご祝儀が出ることはなく、肩を落として楽屋を後にしたという。南條は当時を振り返りつつ「番組出たくらいじゃそりゃくれへんよ」と嘆き、中居がご祝儀をくれると噂を流した張本人のカゲヤマ益田に向かって「吹き込まれてこいつらに」と恨んだ。2016年に13年間お付き合いしていた彼女と結婚を果たし、2021年には双子の女の子に恵まれた南條。結婚当初は全くお金がなかったというが、M-1グランプリ出演後はレギュラー番組や、劇場の出番も増えた。今後は順風満帆な生活が続くように心から応援したい。※この記事は個人の見解を含みます。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着