鈴木拡樹が天才数学者を演じる 劇団
チョコレートケーキ古川健(脚本)×日
澤雄介(演出)  舞台『アルキメデス
の大戦』上演決定

2022年10月シアタークリエにて、舞台『アルキメデスの大戦』の上演が決定した。2020年6月に開幕することなく全公演中止となってしまった本作が、2年の時を経て再び動き出す。
『ドラゴン桜』や『インベスターZ』などユニークな作品で鋭く時代に斬り込んできた漫画家・三田紀房が、数学者の視点から第二次世界大戦を描くという、かつてない切り口で創り上げた漫画『アルキメデスの大戦』。2019年の夏には映画監督・山崎貴によって映画化され、大きな話題となった。
このたび、舞台化にあたって脚本と演出を手掛けるのは、読売演劇大賞をはじめ数々の演劇賞を受賞し、いま演劇界が最も注目する劇団のひとつ、劇団チョコレートケーキのクリエイター陣。独自の視点で史実に隠されたドラマを紡ぐ古川健の脚本と、骨太な作品の中に人間の心情を丁寧に描く日澤雄介の演出によって、舞台『アルキメデスの大戦』が劇場で幕を開ける。
主人公の天才数学者・櫂直(かい ただし)役には、多くの舞台に出演し、近年では映像にも活躍の場を広げ、抜群の存在感と確かな演技力で観客を魅了する鈴木拡樹。
鈴木拡樹
巨大戦艦の建造に反対し、櫂に大和建造を阻止させようとする海軍少将・山本五十六役には、映像作品での名演が光るベテラン神保悟志。
また、櫂を補佐する海軍少尉・田中正二郎役として、舞台作品を中心に人気と注目を集める宮崎秋人が出演する他、田中と共に櫂に協力する尾崎財閥令嬢の尾崎鏡子役を、第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞後、話題作への出演が続く福本莉子が演じる。
巨大戦艦の建造を推し進める海軍少将・嶋田繁太郎役には、作品ごとに七変化する姿と演技力が高く評価される小須田康人。そして、櫂が真っ向から戦うことになる嶋田派の造船中将・平山忠道を、繊細な演技で人間の陰陽を巧みに表現する岡田浩暉が務める。
コメント
【漫画家 三田紀房(原作)】
企画から2年、様々な困難を乗り越えて、関係者の皆様のご努力により実現できることに、心より感謝いたします。映画化に続く舞台化は原作者として最高に嬉しい! キャストの方々の演技、舞台演出や音楽を生で観賞できることに、今からドキドキ、ワクワクしています! 毎回チケットを買って全部観たい! カレンダーと睨めっこしながら予定を考えるのが楽しいです!
【映画監督 山崎貴(舞台原案)】
楽しみにしていたアルキメデスの舞台版がコロナ禍のため延期になってから早数年流石に売れっ子ばっかりだし再結集は難しいのかなと半ば諦めていた時、上演決定の朗報が飛び込んでまいりました。決定に至るまでには様々な難しい調整があったと思われます。関係者の皆さんご苦労様です。そして諦めないでいてくれてありがとうございます! きな臭いこの時代だからこそ戦争というものの本質を炙り出してくれる舞台になっていることを期待します。
【脚本 古川健】
コミックと映画、それぞれとても魅力的な作品で、その舞台化ということで大きなプレッシャーを感じながら執筆しました。原作の魅力を損なわない脚本になっていればと思います。演劇らしい魅力がお客様に伝われば嬉しいです。舞台版も素晴らしいキャストに恵まれました。俳優の皆様の躍動する姿が必ず感動を生んでくれると確信しています。どうか舞台版の『アルキメデスの大戦』もご期待くださいませ!
【演出 日澤雄介】
2020年にコロナの影響で公演中止となった舞台「アルキメデスの大戦」に再び向き合えることが出来ることを本当に嬉しく思います。2年という時間の流れは世界を大きく変えました。その変化が「アルキメデスの大戦」にも色濃く反映されてしまうことでしょう。2022年版の「アルキメデスの大戦」、主演の鈴木拡樹さんをはじめバラエティに富んだ俳優さんと共に、作品に潜む〈狂気と美しさ〉を探し求めたいと思います。
【鈴木拡樹】(櫂直役)
舞台「アルキメデスの大戦」を上演することが再び決定しました。前回は稽古をすることもできませんでしたが、もう一度皆が集まって、この作品を一から作っていけることを本当にうれしく思います。まだまだ気が抜ける状況ではないかもしれませんが、この作品が無事に上演されることがまた一つ演劇の復興の一歩だと思って突き進んでいきたいと思います。
【宮崎秋人】(田中正二郎役)
舞台「アルキメデスの大戦」の上演がやっと叶うということを聞き、大変嬉しく思います。鈴木拡樹さんをはじめとするキャストの皆さん、演出の日澤さん、スタッフの皆さんとようやく動き出せるのかと思うと今から楽しみで仕方ありません。しかし、一昨年から世界情勢が悪化して"戦争“が過去のものでは無く現在進行形となってる今、今作に出演する為にはより一層の覚悟を持って挑まなければいけないという切実感があります。応援よろしくお願いします。
【福本莉子】(尾崎鏡子役)
2020年、全公演が中止になり稽古すらも出来ず大変悔しい思いをしましたが、2年越しのリベンジが叶ってとにかく嬉しい気持ちでいっぱいです。このスケールの大きな作品が舞台でどんな風に生きるのか、私もまだ未知数でとてもワクワクしています。ぜひ劇場に足を運んでください!
【近藤頌利】(高任久仁彦役)
劇団Patchの近藤頌利です。「アルキメデスの大戦」がどのように舞台で表現されるのか、楽しみでなりません。激しい議論の応酬は、まるでアクションシーンのような迫力があるのではないでしょうか。言葉一つ一つを大事に、丁寧に役を演じたいと思います。よろしくお願い致します。
【岡本篤】(大里清役)
戦争を扱う作品と向き合う時、〝いま〟に繋がってしまう哀しみを覚えずにはいられません。世界の困難な状況に心を痛めながらも、日々の暮らしにいや気を感じながらも、それでも生きなければならない。生きてこそなのだと思います。素敵なキャストの皆さんとご一緒出来る事に狂喜しながらも、気を引き締めて臨める事が俳優としての幸福なのだと噛み締めております。
【奥田達士】(大角岑生役)
前回はコロナ渦の始めの頃の夏の日に、公演中止が決定しました。顔合わせの直前の事でした。制作さんも苦渋の決断だったと思われます。そして私も、公演を楽しみにしていらしたお客様に、申し訳無い気持ちでいっぱいでした。しかし今回改めて公演が決定し、チャンスを頂ける事になりました。素晴らしいスタッフと俳優に囲まれ、身震いしております。堪うる限りの力をもってのぞみたいと思っております。宜しくお願い致します。
【小須田康人】(嶋田繁太郎役)
当初上演が予定されていた一昨年の、その前年にこの作品への出演のお話をいただいて、映画では橋爪功さんが演じられていた嶋田繁太郎少将役をやらせていただけることをとてもうれしく思いました。なのでそこから数えれば3年越しの喜びですね。まだ半年近く先ですけれど稽古初日から千秋楽までの日々が楽しみでたまりません。頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします!
【神保悟志】(山本五十六役)
コロナ禍というの災難により一旦は公演することの出来なくなった本作品に改めて向き合うことが出来、役者として大変な喜びと共に皆引き締まる思いでもあります。ご覧頂くお客様に「本当に良かった」と思って頂けるよう全身全霊をこめて頑張りたいと思っております。
【岡田浩暉】(平山忠道役)
『アルキメデスの大戦』は映画で観ていて、お話を頂いてとても嬉しかったです。しかも舞台用の台本がまた素晴らしく気合いが入ったものです。中止からの復活。これも運命と受け止め、魂に訴えてくる様なこの物語りをしっかりとお伝えしたいと思います。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着