「さらば、ウルトラマン」というキャッチが施されたティザービジュアル

「さらば、ウルトラマン」というキャッチが施されたティザービジュアル

「ULTRAMAN」FINALシーズン、23年配
信決定 石坂浩二ナレーションの特報
披露

「さらば、ウルトラマン」というキャッチが施されたティザービジュアル(c) 円谷プロ (c) Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (c) ULTRAMAN 製作委員会 2 Netflixアニメ「ULTRAMAN」シリーズのFINALシーズンが、2023年に配信されることが決定した。シーズン2の生配信番組内で発表された。
 あわせて披露された特報映像では、ULTRAMANが倒れた姿をバックにカラータイマーの点滅音が響くなか、「ウルトラマン、立て!」という石坂浩二によるナレーションが入る。石坂は1966年に放送された初代「ウルトラマン」1~19話でナレーションを務めており、特報では宇宙恐竜ゼットンの印象的な音と声が響くなど、初代「ウルトラマン」の最終回を思わせる演出となっている。
 アニメ「ULTRAMAN」シリーズは、円谷プロの特撮作品「ウルトラマン」を原作とした漫画のアニメ化。原作から約40年後の世界を舞台に、かつてウルトラマンと同化していた早田進(CV:田中秀幸)の息子である早田進次郎(木村良平)がウルトラマンスーツに身をつつみ、平和を脅かす者たちと戦いを繰り広げていく。アニメ版は「攻殻機動隊 S.A.C.」の神山健治と「APPLESEED」の荒牧伸志が共同で監督を務める3DCG作品で、19年にシーズン1が配信された。4月14日から配信中のシーズン2では新キャラクター・東光太郎(CV:前野智昭)が登場している。
 漫画「ULTRAMAN」原作者の清水栄一氏、下口智裕氏からのコメント全文は以下のとおり。
【清水栄一、下口智裕(原作)】
気付けば長いお付き合いになったアニメ「ULTRAMAN」ですが、ついにファイナルシーズンとなります。
シーズン2からオリジナルの展開となりましたが、物語の縦軸はもちろん、そのマインドも共有した作品だと思っております。
それはファイナルシーズンでも変わりません。
もうひとつの「ULTRAMAN」がどのような結末を迎えるのか。僕たちも心から楽しみにしております!!

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着