ミュージカル『ミス・サイゴン』より
、エンジニア役&キム役キャストの歌
唱動画をノーカット初公開

2022年7月29日(金)帝国劇場で初日を迎える、ミュージカル『ミス・サイゴン』。この度、エンジニア役を務める市村正親、駒田一、伊礼彼方、東山義久による「アメリカン・ドリーム」、キム役を務める高畑充希昆夏美、屋比久知奈による「命をあげよう」の歌唱動画が初公開された。
『ミス・サイゴン』 は、『レ・ミゼラブル』のクリエイティブチームが手掛ける第2弾として製作され、日本では1992年から1年半帝劇ロングラン以来、通算上演回数1463回を重ねる大ヒットミュージカル。 ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、エンジニアの経営するキャバレーで知り合った、ベトナム人の少女キムと米兵クリスの二人の愛、別離、運命的な再会。そして、キムの子タムへの究極の愛……と、『ミス・サイゴン』は国と国に引き裂かれた人々の葛藤と悲劇、すべてを歌で表現している。
日本で予定されていた2020年公演は、白熱した稽古を重ねながらも、コロナ禍の影響を受け幻となったが、1992年の日本初演から30周年となる本年に、満を持してキャスト・スタッフが再集結する。
公演に先立ち、ミュージカル『ミス・サイゴン』の代表曲である歌唱動画全2曲が公開された。1曲目は、憧れのアメリカに渡る時がついに来た、とエンジニアがアメリカへの夢を語る「アメリカン・ドリーム」を、エンジニア役の市村正親、駒田一、伊礼彼方、東山義久が4人で熱唱し、2曲目は、幼い息子・タムを守ろうと、母親・キムが深く強い愛情を歌う「命をあげよう」を、キム役の高畑充希、昆夏美、屋比久知奈が3人で歌い上げる。
♪「アメリカン・ドリーム」

♪「命をあげよう」

キャストコメント
■市村正親
市村正親
世界に類を見ないこの年齢で『ミス・サイゴン』に取り組めることは、僕にとって名誉なことであり、輝かしいことです。精一杯、悔いのないようにエンジニアを演じたいと思っています。舞台の上で倒れる覚悟で挑みます!
■駒田一
駒田一
最悪な戦争、悲しみ憎しみ、深い愛。
最高の音楽で奏でられるこの作品を是非。
■伊礼彼方
伊礼彼方
前回は中止になってしまって、多くの方が悲しい思いをされました。
2020年の分も背負ってエンジニアとして平和な世界を夢見せたいと思います。
■東山義久
東山義久
世界が混迷を極める中、ひとつの光となる作品をお届けできるよう誠心誠意務めます。
■高畑充希
高畑充希
この時代にこの演目に参加すること。
強く世界平和を祈りながら舞台に立てたら、と思います。
■昆夏美
昆夏美
ミス・サイゴンは日本初演から30年を迎えます。この歴史に恥じぬよう作品をお届けします。
■屋比久知奈
屋比久知奈
確かにこの世界に生きていた、命の話です。
今こそ、今だからこそ。

なお、2022年の公演は、7月、9月の帝劇公演を皮切りに、11月まで全国9都市での115公演を予定している。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着