芦田愛菜×なにわ男子・高橋恭平、“
幼馴染”のふたりが並ぶ 映画『メタ
モルフォーゼの縁側』場面写真を解禁

6月17日(金)公開の映画『メタモルフォーゼの縁側』から、芦田愛菜と高橋恭平(なにわ男子)の姿を収めた場面写真が解禁された。
『メタモルフォーゼの縁側』は、「このマンガがすごい!」「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理氏の同名漫画を実写映画化するもの。劇中では、17歳の人付き合いが苦手な女子高校生・佐山うららが、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の市野井雪とBLをきっかけに出会い、58歳差の友情をはぐくんでいく姿が描かれる。うららを演じるのは、芦田愛菜。雪を宮本信子が演じる。二人の共演は、2011年の『阪急電車~片道15分の奇跡~』以来10年ぶり2度目。そのほか、高橋恭平(なにわ男子)、古川琴音生田智子、光石研、汐谷友希、伊東妙子、菊池和澄、大岡周太朗らがキャストに名を連ねている。脚本を担当したのは、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』『ちゅらさん』や、『阪急電車~片道15分の奇跡~』、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で知られる岡田惠和氏。ドラマ『妖怪人間ベム』『奇跡の人』などの狩山俊輔監督がメガホンをとっている。
うららは、空き時間はノートの隅に落書きをしたりしながら一人で静かに過ごしている。同じ高校に通う幼馴染の河村紡(高橋恭平)は、うららにとって気心の知れた相手で、明るい人気者。二人は幼いころから同じ団地に住み、互いを「つむっち」と「うらっち」と呼び合っている。解禁された場面写真は、大事な提出物に間違えて絵を描いてしまったうららに、紡が笑いながら「どんくさいな」と声をかけるシーンを切りとったもの。劇中で紡は、うららの“ある挑戦”を応援し、良き理解者になるという。
『メタモルフォーゼの縁側』は6月17日(金)ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着