LinQ、1日限定の夢の国Anniversary Festival 2022「Dream LinQ Land」を開催!

LinQ、1日限定の夢の国Anniversary Festival 2022「Dream LinQ Land」を開催!

LinQ、1日限定の夢の国Anniversary
Festival 2022「Dream LinQ Land」を
開催!

九州・福岡を拠点に活動するアイドルグループLinQが4月17日、福岡:Zepp Fukuokaで11周年記念ライブLinQ Anniversary Festival 2022「Dream LinQ Land」を行い、結成当時から続く周年ライブを開催。
11周年のライブタイトルにはメンバー自らが考案したテーマパーク風演出を織り込んだ夢の国「Dream LinQ Land」と名づけた。会場に集まった多くの来場者へパーク内の注意事項をLinQ一期生の深瀬智聖よる会場アナウンスが流れ、メンバーによるテープカットと続きLinQの代名詞とも言える曲『ハレハレ☆パレード』で幕を開けた。

MCでは海月らなが「今回のタイトルは、福岡にテーマパークが減ってしまい福岡にもっと笑顔を増やしたい、全国から笑顔を集めたいと思いから一日限定の遊園地を作ろうとなりました。
一日限定”と言う事で日本一短い遊園地ですが、ファンの皆さんと濃密な時間、空間を作って行きたいと思います!」と語った。
さらに案内キャストに扮した金子みゆ、涼本理央那はテーマパーク「Dream LinQ Land」へエリアを紹介した。テーマパークの5つのエリア(フードエリア、可愛いエリア、絶叫エリア、ショーエリア、光のエリア)で構成し、それぞれのテーマに沿った選曲で進行し会場をひとときの夢の国へと作り上げ、絶叫マシーンに乗っているかのような演出や映像と光、スモークを使った演出で終始会場を沸かせた。
LinQとして初めて周年ライブに挑んだ、大空莉子、黒田れい、有村南海の3名は『あっという間に終わりそう』『自分達で作り上げたものを披露できとても気持ちがいい』『ファンの皆さんのおかげでアドレナリンが出てます』など、初の景色を楽しんだ様子をストレートに表現した。
2022年3月にLinQの卒業を発表し、今年の8月でアイドル活動を終える新木さくらは自身としては最後の周年ライブとなる。可愛いエリアでソロ曲「さくらずっと」を披露。
『大好きなMACOさんが作ってくださった「さくらとずっと」を歌えて本当に幸せでした。ソロ曲を周年ライブでやるのは私が初めて。LinQに新たな歴史を刻みました。今まで9回のLinQ周年ライブに立ちましたが、今回の11周年ライブは素敵な景色が思い出のひとつとなりました。このライブがラストとの周年ライブで本当によかったと心から思えました。』と語気を強めた。
本編の最後に披露した曲、I am...ではメンバー直筆の歌詞を映像で投影しながらそれぞれの想いを表現。ファンは全員に配られたペンライトで会場オレンジ一色にして応え、最高の雰囲気を創り上げた。
また最後には新木さくらの卒業ツアー、髙木悠未の福岡マラソン参戦、金子みゆの映画出演など周年ライブの終わりに相応しい新たなチャレンジを発表。メンバーの入れ替わりもありながらも成長と進化でLinQは8名での12年目に突入した。
LinQメンバーコメント
<髙木悠未>
最近のLinQは、メンバーそれぞれの得意分野を活かしあって
それぞれの役割でセルフプロデュースをするグループで構成していて、11周年ライブのテーマや楽しませ方の会議でぶつかりながらも皆んなで良いものを作ろうの気持ちで周年を迎えました!
福岡のテーマパークがどんどん無くなってしまった街に
1日開園の「Dream LinQ Land」という遊園地をLinQで作り
映像、演出、構成、非現実的な世界観などをみんなで練りました!沢山こだわりを詰め込んだので会場のお客さんの反応を見るたび見るたびこちらも楽しくなってワクワクしていました!
<海月らな>
LinQ沢山の皆さんに愛されながら、11周年を迎えました!
LinQと言うグループはメンバーや体制が変わりながら受け継がれて来たからこそ、
11年と言う長い年月愛され、そして沢山の方に応援し続けて頂いていると思っています!
逆に捉えると私の様に後から入って来たメンバーも多くその11年目の数年しか所属はしていませんが、卒業生の方、これまで携わって下さった方々と”想いの大きさ”は同じで在りたいと思っています。
そして12年目を迎えたLinQですが、一人一人がその12年の歴史と言う大きなカバンを背負って、今のLinQの良さをもっと沢山の人に伝えて行きたいと思います!
<涼本理央那>
今年は8人で初めての周年でした!メンバーでセトリや演出、セットも自分達で考えました!今までの周年で1番盛り沢山になったんじゃないかなと思います!!
8人では初めて披露する曲だったり、個人的にも初の歌割りのとこを歌ったりしたんですが楽しんでやる事が出来ました!!!
新しいグッズも増えて、ステージから私のグッズを持ってくれてる方を見つけた時はすごく嬉しい気持ちになりました!!
これからもファンの皆さんがもっと喜んでもらえるようなことを考えていけるように頑張ります!
<金子みゆ>
沢山練習したからこそ、達成感と寂しさでいっぱいです笑
毎年毎年1番楽しい周年ライブだった。を更新しています!
12年目、メンバーとしても、個人としても引っ張って行けるような存在になれるよう頑張ります!頑張れそうな気がしています!幸せな時間をありがとうございました♡
<大空莉子>
LinQ11周年本当にありがとうございました!
初めての周年ライブで1から自分達でどんなライブにしたいか考えて作り上げたステージ、どうやったらファンの皆さんが飽きずにライブを最後まで楽しめるのか考えることもワクワクしました!
ステージから皆さんが楽しそうにする姿を見て私ももっと楽しくなれました!
これからもLinQのメンバーとしてプラスになれるように頑張っていきます!
12年目のLinQも楽しみにしてて下さい!
<黒田れい>
企画からメンバーで考えて毎年してる周年と違う感を出そうだとか、やっぱり周年っぽくエモくする?とか最初からみんなで考えて、セトリやフォーメーションもメンバーで考えて、頭抱える時や怒られる時も悔しい時、あったけどそれがあったから気持ちがよくて11周年を迎えれたんだなと思いました!メンバーみんなが優しくてかわいくてとっても良いグループです!
LinQになって初の周年で緊張もしたけどファンのみんなが笑顔で見てくれてとても安心しました!
<有村南海>
すごくあっという間に終わってしまって、いつまでもこの時間終わってほしくないぐらい最高な時間でした!!この最高な時間をメンバーそしてファンのみなさんと過ごせたことがとても幸せだなっと感じました。12年目の LinQ私自身ももっと成長して LinQをもっと大きなグループにできるようにしていきたいです!!11周年ライブに関わってくれた全ての方にありがとうです!

<セットリスト>
11th special ver. OP映像】
M1 ハレハレ☆パレード
M2 フクオカ好いとぉ
<MC>
M3 カロリーなんて
M4 シュワシュワシュワリ
M5 ハピ☆デリ
M6 LOVEBOMB
M7 CHIKU-TAKU
M8 DingDong
M9 さくらとずっと
<映像>
M10 LinQuest~やがて伝説へ...
M11 ウェッサイ!!ガッサイ!!
M12 Fighting Girl
M13 ShiningStar
<映像>
M14 君とhigh toch!!
M15 I’mOK
<映像>
M16 Go!Go!Yell~キミ・イズ・ビューティフル~
M17 絶対Alright!
M18 HANABI!!
<映像>
M19 ONE FOR ALL FOR ONE
M20 祭高音頭
M21 人生最強・花景色
M22 FUKUOKA。~福を可するのだ♪~
M23 Iam…
<アンコール>
M24 SunSunRise!!
M25 for you
<Wアンコール>
M26 FUKUOKA。~福を可するのだ♪~
■ 新木さくらアイドル活動最後のツアーを4大都市5公演にて開催決定。
「ARAKI SAKURA Graduation tour〜『Dear you,』 」開催決定!!
【開催日程/会場】
7/24(日) 福岡 DRUM LOGOS
7/31(日) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
8/07(日) 名古屋 ReNY limited
8/14(日) 東京 新宿 ReNY
8/20(土) 福岡 UNITEDLAB
■ 福岡マラソン2022公式アンバサダーにLinQが就任
また今回、LinQメンバーを代表して髙木悠未がフルマラソン(42.195km)に挑戦します!
精一杯大会を盛り上げていきますので、どうぞよろしくお願いします。
【開催日】2022年11月13日(日)
大会に関する情報は下記URLよりご覧ください。
福岡マラソン2022
https://www.f-marathon.jp
■ 映画「猫の記憶」糸島を舞台にしたハートフルな映画の主演に金子みゆが決定!
映画の詳細は猫の記憶公式Twitter、Instagramで今後情報開示します。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着