江口拓也、斉藤壮馬らが七福神役に 
ショートアニメ「なならき~Seven L
ucky Gods~」4月27日から公開

(c)IzanagiGames, Inc. 江口拓也斉藤壮馬らが出演するショートアニメ「なならき~Seven Lucky Gods~」の配信が、4月27日からスタートすることが決定した。プロモーションビデオも公開されている。
 同作は、人々の信仰心が薄れ、神通力を失ってしまった七福神たちが、人間たちが作った神拗町で怠惰に暮らす日々を描く物語。4月27日の第1話配信後は、毎月7の付く日にYouTube公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UC6UDlO8rbWdU6YMSyqSsMBA)で新エピソードを配信し、その翌日には本編の裏側を描く小説「なならき~七福神と七野家~」がnoteで公開される。
 江口が七福神のひとりである恵比寿役、斉藤が大黒天役を担当。そのほか、弁財天を青山吉能、毘沙門天を山根雅史、寿老人を高橋伸也、福禄寿を矢野正明、布袋を林大地が演じる。PVでは、恵比寿と大黒天が同作の概要と、配信スケジュールなどを紹介している。
 PVにも使用されている主題歌は、ラッパーの呂布カルマが歌う「Lucky Boy, Lucky Girl」。5月中旬にミュージックビデオが公開される。
 監督・絵・脚本を「ピコ太郎のララバイラーラバイ」「ダッピィズ天気予報」を手がけた谷口崇が一手に担い、企画・プロデュースを「ワールズエンドクラブ」「冤罪執行遊戯ユルキル」で知られるイザナギゲームズのCEOである梅田慎介が務める。
 以下に谷口と梅田からのコメントを掲載する。
【谷口崇(監督・絵・脚本)】
これまでさまざまな縁起の良いアニメを作ってきましたが、今回、以前「おしり前マン」というシューティングゲームを一緒に作った信頼を置いている梅田プロデューサーからお声がけいただいたこともあり、今までに培ったすべてをこの「なならき」に注ぎ込み縁起がいいかんじになりました。発表している以外にも多くのキャラクターが出てきますので、ぜひご覧ください。
【梅田慎介(企画・プロデュース)】
「なならき~Seven Lucky Gods~」というものを私から谷口崇に提案し、作り始め、その後谷口崇自体もイザナギゲームズにジョインし、運命共同体として、なんとか作り切りました。関わってくださった皆様のパフォーマンスもとても素晴らしいのでぜひご覧ください。7のつく日に新しいお話が公開されていきます。初回の4月27日は大安ですが、2話以降は大安かどうかを気にしていません。

新着