室龍太主演、彦摩呂、髙汐巴、下村青
ら出演 ドラァグクイーンをテーマに
した、舞台『リプシンカ 〜ヒールを
はいた男!?たち〜』を上演

2022年6月、大阪・東京にて、舞台『リプシンカ 〜ヒールをはいた男!?たち〜』が上演されることが決定した。
13年前の2009年、今はなき吉本興業の京橋花月で初演、2011年に新宿シアターサンモールでキャストも新たに再演された本作が、この度、11年ぶりに上演する。
本作は、日本ならではの“ドラァグクイーン”をテーマにした物語を作りたいというきっかけから、大阪に実際にあるダイニングレストランからインスパイアされた舞台。
室龍太
出演は、リストラされたサラリーマン・大原力に、室 龍太。「リプシンカ」オーナーには、彦摩呂が初演、再演からの続投。また、元宝塚男役トップスターの髙汐 巴、元劇団四季の看板俳優・下村 青、バレエ大好きで人気の吉本新喜劇の松浦景子(吉本新喜劇)、そして小谷嘉一、菊池ハルらが出演し、装いも新たに物語を紡ぐ。
彦摩呂
髙汐巴
下村青
さらに、八方不美人<ゲスト出演>、ナジャ・グランディーバ<特別出演>、実際に活躍する“ドラァグクイーン”たちも登場し、舞台に“華”と“毒”を添える。
【STORY】
ダイニングレストラン「リプシンカ」では、夜な夜な“ドラァグクイーン”によるショウが行われていた。 オープン当初は物珍らしさもあり、連日連夜賑わっていたが、まもなく10周年を迎える現在、その人気にも陰りが見えたのか、お客の減りが激しい。
不安に駆られたオーナーの鈴木(彦摩呂)は、10周年パーティーを機に話題作りにあるアイデアを実行することに。そのアイデアを聞き彼の右腕である“ドラァグクイーン”のドロシー(下村 青)を始め、周りのクイーンは驚くが、店のためと渋々了承する。そのアイデアとは、 “ドラァグクイーン”を一般公募し、10周年パーティーでリップシンクショウをすること。が、応募してきたのはリストラされたサラリーマン、中年女性、ベトナム人留学生といったひと癖もふた癖もある面々だった!
はたして、彼らは“ドラァグクイーン”としてショウに立つことができるのだろうか……。

室龍太 コメント
舞台『リプシンカ 〜ヒールをはいた男!?たち〜』に出演させていただくことになりました。
僕は“大原 力”というリストラされたサラリーマン役を努めさせていただきます。自分の事はさておき、「誰かの為に立ち上がる」そんな“大原 力”に凄く心を動かされました。素敵なキャストの方々とスタッフの皆さんで協力し、素敵な作品をお届けいたしますので是非、劇場にお越しください!
彦摩呂 コメント
皆さん、こんにちは。なんと!この度『リプシンカ』11年振りの再演となりました。当時はまだ“ドラァグクイーン”って何?薬局?って言ってた時代でしたが、今となってはテレビやライブシーンなどで普通に目にするようになり、将来は“ドラァグクイーン”になりたいと目指す方も出て来ました。今回のステージもそんな“ドラァグクイーン”の甘く切ないちょっぴり悲しい底抜けに笑える物語です。キャストの皆様も素晴らしい方々が勢揃いです。楽しみです! 長いツケまつげとハイヒール煌めくラメの世界へようこそ!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着