【4.24『POUND STORM』大会直前イン
タビューVOL.2】世界と闘ってきた男
、岡見勇信が語るLDH格闘技イベント

4月24日、総合格闘技のビッグイベント『POUND STORM』が両国国技館で開催される。
この大会を開催するのはLDH martial arts。EXILEをはじめ数々の人気グループを擁する企業は、実は格闘技・トレーニング部門も設立していた。代表取締役CEOは名選手だった高谷裕之。世界のステージで活躍する岡見勇信も取締役を務める。EXILE HIROが大の格闘技ファンだったことから高谷との親交が生まれ、会社を作って格闘技を盛り上げていくことになった。
世界と闘う選手たちを発掘するオーディションを生き残った選手たち
代官山にジム『EXFIGHT』を構え、世界と闘える選手を発掘する「FIGHTER BATTLE AUDITON」を2度開催。その模様はABEMAの番組『格闘DREAMERS』で2シーズンにわたって配信された。シーズン1を勝ち上がって契約した中村倫也と宇佐美正パトリックは、つまり“LDHファイター”だ。
2人ともプロデビューすると圧倒的な実力で連勝。4.24『POUND STORM』では、中村はブラジルの強豪アリアンドロ・カエタノと対戦。パトリックは修斗のトップ選手である大尊伸光と闘う。この大注目の2試合に加え、日本総合格闘技界で成長を続ける注目選手たちの試合、さらに第2回「FIGHTER BATTLE AUDITON」最終選考となる試合も。
加えてLDHのアーティストたちによるライブパフォーマンスも注目だ。格闘技と音楽が融合したイベントでもある『POUND STORM』。開催を前に、EXFIGHTで岡見に話を聞いた。
「LDHの格闘技」とは?
――今日はよろしくお願いします。一般の方からすると、LDHが格闘技を手掛け、大会を開催するというのは意外なことかもしれません。
「ですよね。僕はもともと選手として所属したんですが、それを知った人はびっくりしますね(笑)。もう10年になるんですけど。中に入って思うのは、やっぱり規模が大きいなと。代官山の駅のすぐそばに立派なジムを作ったり。LDHが格闘技に関わることで、若い人たちに格闘技の魅力、メッセージを届けやすくなっているとも思います」
――LDHのグループのファンの人たちが知ってくれたりするかもしれない。
「実際、このジムも最初は女性会員の方が多かったんですよ。7割が女性でした。たぶんそこが、他の格闘技ジムとの最大の違いかもしれない。格闘技はどうしても“痛い、怖い”、それに男性中心というイメージがあるので。やっぱりLDHファンの方が来てくれたんだと思います」
――メンバーがトレーニングしている動画がSNSにも上がっていたりするので「推しと同じ場所でやってみたい」というか。
「まさにそうだと思います。それを売りにするつもりではなかったんですけど。そういう人たちに格闘技の楽しさを知ってほしいというのが僕たちの思いですね」
「HIROさんと話すと、格闘技への思いがここまで熱いのかと驚きますよ」
――4月には両国国技館で初のビッグマッチが開催されます。他の団体から選手を借りて大会をやるならもっと早くできたと思うんですが、LDH martial artsはジムを作り、選手を育て、とじっくり段階を踏んできました。時間をかけてベースを作ってきた印象があります。
「高谷も自分も“格闘技ってそんな簡単なものじゃないでしょ”という考えだったんです。他のいろんな大会を見ているし出場しているので。大きいところで大会をやればお客さんが来てくれるというものではないし、LDHのアーティストとのコラボレーションをするにしても、頼りっぱなしじゃいけない。それでも格闘技の凄さを伝えたい。じゃあどうするのか。とにかく話し合って考えようと。そこからでしたね。大会をやりたいというプランは最初からあったんですが、それよりも先にジムを作って、サプリメントを販売して、安定してきたら選手を育成して、「FIGHTER BATTLE AUDITON」で発掘。それをABEMAと組んで配信して、と。今ここでやっと大会をやれる段階まできたという感じですね」
――格闘技に対して真剣だから慎重だと。だからいかにもな“芸能事務所が格闘技に進出”というイメージとはまったく違いますよね。LDHの選手の試合に、某メンバーがお忍びで応援に来ていたという話もあります。凄い熱の入れ方だなと。
「HIROさんと話すと、格闘技への思いがここまで熱いのかと驚きますよ。格闘技はもっとこういうことができるんじゃないか、こうしたら盛り上がるんじゃないかと、いろんなアイディアも言ってくれますし。選手の試合が終わると、LINEでメッセージをくれます。LDHの格闘技を世界に広めていきたいという気持ちに関しては、僕たち現場の人間とまったく変わらないです」
――だからこそ、LDHのアーティストとコラボするにしても自前の、所属の選手が育たなければ大会もできないと。
「よくHIROさんが言っていたのは、これは格闘技の大会なんだから、そこはブレないでほしいと。アーティストの人気に頼って大会をやっても続かないよっていうところまで見越してますね。それが一番強い想いだったと思います。あくまで選手を育成するのが先で、その上でアーティストとコラボすることでどんな化学反応が生まれるか。そこが大事ですね」
「そこまでやるか」というシビアなカードだが……
――LDHの熱い感じというのは、格闘技と似ているのかもしれません。
「そういうところから格闘技のイメージが変わっていくといいなと。もちろんプロの試合ですから激しいですし痛みもある。血が出ることもある。でもそこから闘いに向ける熱だったり、自分の弱さを克服する、怖さに立ち向かうドラマを見てほしいですね。そういう意味で格闘技には教育的な面もあると思ってます。だから子供にも女性にも見てほしい。LDHという間口があるので、それが広まってくれたらと」
――アーティストのみなさんの格闘技へのハマりっぷり、練習熱心さも凄いですよね。
「これはお世辞抜きで凄いです。普段の活動もそうですけど何でも真剣にやる、のめり込む姿勢が凄い。特にTHE RAMPAGEのRIKUくんは凄いです。『FIGHTER BATTLE AUDITON』の合宿に参加すると聞いて、番組の演出でちょっとだけなのかなと思ったらメチャクチャ本気で。1600mを5分半で走るというメニューを4本やったんですけど、全部クリアしましたから。しかも先頭グループです。普通の格闘家でもきつい練習をやりきってましたからね。これは凄まじいものを見せられたなと。やっぱり普段やってることの結果なんでしょうね。ミュージシャンとして、普段から自分を律して闘ってるんだなと」
――4.24『POUND STORM』は『FIGHTER BATTLE AUDITON』にエントリーした選手の試合もあり、LDH martial artsの“育成”面もしっかり感じられるマッチメイクですね。
「メインの第3部で『FIGHTER BATTLE AUDITON』出身の中村倫也と宇佐美正パトリックが強豪と対戦します。彼らがいてこその『POUND STORM』なのは間違いない。それに加えてシーズン2のメンバーも試合をします。デビューから両国国技館というのは異例だと思います。しかも相手はプロでキャリアを積んでいる選手ですから」
――どのカードもかなりシビアで、選手にとっては試練ですね。
「冷静に見るとひどいなというくらい過酷です。そこまでやるかというカードですよ。でも彼らのこれまでを見ていると、驚かされるんです。この選手たちだったらいけるんじゃないか、この試練も超えてくれるんじゃないかと。でも一方で“いや、格闘技はそんな甘いもんじゃないぞ”とも思いますし。複雑ですね」
――それくらい強い相手と闘うということですよね。
「本当にどうなるか分からないです。それは倫也もパト(リック)も。正直、怖い。でもワクワク感もあります。倫也はプロ2連勝、パトは3連勝。でも倫也の相手はUFCと契約間近と言われるブラジル強豪ですから。パトと闘う大尊選手も修斗のトップランカー。厳しい試合ですけど、だからこそここで勝って世界に飛躍してほしいです」
――実際、ここまでは乗り越えてきていますから。
「『FIGHTER BATTLE AUDITON』でやってきたことは本当にきついことですから。みんなよく頑張ってるなと。自分だったらできるかなというくらいです。普通の選手の4、5年ぶんの経験を半年、1年で得られる。ただ苦しいですけどエスカレーター的な面もあるんです。脱落しなければどんどん上に行ける、世界を目指せる。環境、道は用意されてますから。世界につながるエスカレーターに乗ったら、もう迷ったり悩んだりする暇もないと思います」
――最後に、この記事を読んでいるみなさんにメッセージをお願いします。
「LDHの音楽と格闘技の融合という、唯一無二のイベントが『POUND STORM』です。格闘技のすばらしさも音楽のすばらしさも味わってほしいですし、どんな化学反応が起きるのかも楽しみ。ぜひ会場で体感してください」
▼FIGHT CARD▼全10試合
【バンタム級】
アリアンドロ カエタノvs 中村 倫也
【ライト級】
大尊 伸光 vs 宇佐美 正 パトリック
【フェザー級】
山本 健斗デリカット vs 河名 マスト
【バンタム級】
風間 敏臣vs 齋藤 奨司
【ウェルター級】
グンター カルンダ vs エフェヴィガ 雄志
【ライト級】
マックス ザ ボディvs オーディン
【ミドル級】
岩﨑 大河 vs 三上ヘンリー大智
【フェザー級】
狩野 優 vs 中村 京一郎
【フェザー級】
スソン vs 宇佐美 秀 メイソン
【バンタム級】
海飛 vs 鈴木 崇矢
【出演アーティスト】
PKCZ(EXILE MAKIDAI、DJ DARUMA、ALAN SHIRAHAMA)
EXILE SHOKICHI
GENERATIONS from EXILE TRIBE
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
MIYAVI
■『POUND STORM』概要
【第1部】
LDH「FIGHTER BATTLE AUDITION」最終選考を兼ねた5試合を開催。 立ちはだかるプロ格闘家を倒して、LDH所属契約を勝ち取るための闘い。夢への第?歩を踏み出せるのか!!
【第2部】
格闘技界注目の若手選手が出場する3試合を開催。未だ負けなしの強者、元レスリング世界王者などが集結。これからの活躍が期待される者たちによる闘い。次のステージに昇るのは誰なのか!!
【第3部】
プロデビューから快進撃を続ける中村倫也と宇佐美正パトリックの2試合を開催。世界への挑戦に向けての試金石となる大注目の闘い。二人はどこまで夢を叶えていけるのか!!

※記事中の「高谷裕之」の「高」の字の表記は、正しくは「はしご高」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着