グリブラ#61 4/29放送は太田基裕を
講師に迎え「2.5次元ミステリアスの
極意」笹本玲奈&小野田龍之介が「ミ
ュージックショー」に登場

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一✕井上芳雄『グリーン&ブラックス』。
放送開始から6年目に突入し、2022年4月29日(金)#61放送は、『夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」』にて、“2.5次元ミステリアスの極意”を放送する。
毎回、ミュージカルにおけるあらゆる“極意”のプロフェッショナルを迎え、奥深いミュージカルの世界を楽しく学ぶことができる企画、『夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」』。
今回は、2.5次元ミュージカルを中心に様々な舞台作品に出演し、ミステリアスな存在感で観客を魅了している俳優・太田基裕が稽古場に登場。レギュラー出演の井上芳雄をはじめ、木村達成、川久保拓司が、“2.5次元ミュージカルのミステリアスの極意”を学ぶ。ミステリアスなキャラクターを表現するうえで、太田が大切にしている奥義が明かされる。
『グリーン&ブラックス』#61
『グリーン&ブラックス』#61
『グリーン&ブラックス』#61
ミュージックショーのコーナーでは、井上自身が主演し、6月より帝国劇場で上演されるミュージカル『ガイズ&ドールズ』より「Luck Be A Lady」を披露。
さらに、東急シアターオーブで絶賛上演中のミュージカル『メリー・ポピンズ』より、メリー・ポピンズ役の笹本玲奈とバート役の小野田龍之介が「チム・チム・チェリー」と「何もかもパーフェクト」の2曲で構成するスペシャルメドレーを披露する。
そしてこの4月から、さらに「グリーン&ブラックス」を楽しむためのショート動画シリーズがスタートする。夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」でミュージカルの極意を伝授した講師と、極意を教わった出演者が、1対1の振り返りトークを展開する。
本編の収録では聞けなかったこと、極意についてもう一度細かく聞きたいアドバイスなど、より深堀りした内容も届ける。本シリーズは放送と連動し、毎月末金曜夜にWOWOWオンデマンドでレギュラー配信。今月は“2.5次元ミステリアスの極意”の講師の太田と、木村の組み合わせでのトークを放送する。
▼夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」“2.5次元ミステリアスの極意”
井上芳雄のメッセージ
あらためて、2.5次元ミュージカルの世界は奥深いな!と思いました。道具一つの扱いにしても、思いを込めて、形もちゃんと美しく…というのは僕らがやっているミュージカルにおいてもそうありたいです。太田先生の仕草はさすがに綺麗でした。今回も、川久保くんと達成くんと一緒に先生に立ち向かう、その時間自体が学びでしたね。観てくださる方にも、こうなっているんだ!といった気づきになってくれたら嬉しいです。今後、2.5次元の舞台を観る時に、さらに面白いんじゃないかなと思います。
太田基裕のメッセージ
収録中、もう脇汗びっしょりでした。でも、芳雄さんもすごい汗かいていらしたから、あ、皆同じなんだと思って(笑)。いろんなアプローチを見ることが出来て、面白かったですね。俳優の皆さんはそれぞれの美学を追求しながら演じていらっしゃるので、美しさの概念も個人差があると思います。僕は僕なりの、ちょっとしたこだわりの部分をお話させてもらった感じでした。やはり人間を演じるので、心発信が基本で、そこに見せ方を追加していくと考えています。本質をとらえながら、どう表現していくかが、少しでも参考になっていればいいなと思います。
木村達成のメッセージ
今回の極意では、自分が2.5次元の舞台をやっていた当時の役になるために突き詰めていた感情を呼び覚ましていただきました。確かに鍛錬というか、ヒールを履く練習をして自分をいじめていた記憶が(笑)。でも、そういう苦しい感覚を日常に染み込ませていないと、舞台上でその動きが出来ないんですよね。さまざまな役に巡り合った時に、ポテンシャルだけでやれる人もいるけれど、やっぱり努力あってこそ生まれるものがあると思います。僕らはエンターテインメントを届けるために努力する、その過程がこの極意の稽古場で覗けると思いますので、ぜひご覧ください!
川久保拓司のメッセージ
「グリブラ」で僕を観た、ということで2.5次元の舞台のお話をいただきまして!まさに次、その舞台に挑むこのタイミングで、今回モッくん(太田基裕)にいろいろと教えていただきました。「役へのアプローチの、最初の入り口がわからない」という相談をしたんですよね。形から入って、それを自分に馴染ませていくのか、それとも自分らしさを突き通していけばいいのか…。モッくんに「一緒に進んでいく感じで」と言われて、とても腑に落ちた感がありました。謎めいた振る舞いにどんなストーリーを乗せるかで、これだけいろんな表現が生まれるんだよ、というところをぜひ皆さんに感じてもらいつつ、楽しんでいただければと思います。
▼「Luck Be A Lady」
(ミュージカル『ガイズ&ドールズ』より)
井上芳雄のメッセージ
井上芳雄
以前グリブラで、宝塚版の歌詞で歌わせていただきましたが、今回は歌詞がそれとは違うバージョンです。コーラスの方々にも入っていただいて、やっぱりカッコいいナンバーですよね。幸運を授けてくれと女神に向けて交渉している歌で、その必死さも見えて面白いなと思いました。6月から帝劇で、7月には博多座で、新たなバージョンの『ガイズ&ドールズ』を上演させていただきます。今回のグリブラ・バージョンは、大貫さんのアレンジがちょっとジャズっぽくて素敵なので、ぜひ観劇の予習に楽しんでいただけたらと思います。
▼「チム・チム・チェリー」、「何もかもパーフェクト」によるグリブラSPメドレー
(ミュージカル『メリー・ポピンズ』より)
笹本玲奈のメッセージ
笹本玲奈
現在『メリー・ポピンズ』の公演中なので、曲がかかると体が勝手に本番モードになるのですが、今回は特別バージョンとして歌いました。「何もかもパーフェクト」はメリーが最初に登場して、子供たちに「私はどれだけ素晴らしいか!パーフェクト!」と、魔法を使ってバッグからいろんなものを取り出しながら説明する歌なんです。だから絶対にミスが出来ないので、いつもヒヤヒヤして(笑)。本番ではこのシーンさえ乗り切れば、その後はもう乗っちゃうんですよね。それくらい私の中では重要なナンバーで、今回も集中して歌わせていただけて嬉しかったです。
小野田龍之介のメッセージ
(左から)小野田龍之介、笹本玲奈
舞台では煙突掃除屋として汚れた格好をしているけど、普段はスタイリッシュで売っている僕です(笑)。今回の衣装も、偶然笹本さんと僕で「グリーン&ブラックス」になっていて、さすが心が通じ合っているコンビだなと。最初に歌った「チム・チム・チェリー」は、おそらくミュージカルをあまり観ない方もご存知の曲ですよね。この“チム・チム・チェリー”って言葉は、もしかしたらバートが子供の時にメリーからもらった言葉だったんじゃないかな…なんて思いながら今、公演をやらせてもらっています。歌っているだけで心がほんわかするこの曲を、今日は新たなバージョンで歌えて、とても楽しかったです!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着