ベルウッドレコード50周年記念ロゴ

ベルウッドレコード50周年記念ロゴ

ベルウッドレコードが2022年秋に
50周年記念コンサートを開催

ベルウッドレコードが50周年を迎えるにあたり、そのアニバーサリーコンサートがレーベルを支えたアーティスト達とともに今秋開催されることが決定した。これに併せる形でベルウッドレーベルの1970年代の名作カタログが今秋、配信・ストリーミング解禁されることも決定! これに関わる情報は今後、50周年の特設SNSなどを通して随時更新告知していくとのことだ。

ベルウッドレコードは1970年代、日本のフォーク・ロックの黎明期を支え、後のJ-POPの発掘に大きな影響を与えたレーベル。キングレコードの社員だった三浦光紀氏がニューミュージックを手掛けるため、初のメジャー系独立レーベルとして立ち上げ、1972年4月25日にその記念すべき第1弾をリリースしてから半世紀となる今年、レーベルは設立50周年を迎える。

【三浦光紀氏コメント】

ベルウッドレコードは本年4月25日をもちまして創立50周年を迎える運びになりました。これも偏に、ベルウッドの作品を半世紀に亘って応援してくださったファンの皆様はじめ、ベルウッドから作品を出してくれたミュージシャン、レーベルを支えてくれたキングレコードそして、ベルウッドの真の主役である裏方(関係スタッフ)の方々の厚い支援と温かいレーベル愛の賜物だと、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

思えば、1962年のビートルズとボブ・ディランの登場によりロックの時代が到来し、70年代には、そのロックやフォークが世界のメインカルチャーにまでなり、商業的成功を果たしたアーティスト達が社会的メッセージを発信するなど、正にミュージシャンが社会をリードするまでになりました。そんな状況の中1972年、ベルウッドレーベルは産声を上げました。
私は「商業的価値より文化的価値」を標榜する米国のフォークウエイズレコードを念頭に、「レコード芸術の追求」と「アーティスト至上主義」を掲げ、ベルウッドのレーベルが『信頼の証』となるべく、「クオリティが高く、時が立つほど価値が上がるレコード作り」を目指し、レーベル運営をやらせていただきました。
あれから50年、世界的なアナログレコードの人気再燃の流れが顕著になったり、昨年末に発刊された『プカプカ/西岡恭蔵伝』(小学館)に「ポール・マッカートニーのレコード・コレクションにベルウッドレーベルのレコードが数多く集められているのは有名な話らしい。生前のジョン・レノンもベルウッドレーベルのレコードを大切に所有していた」というお話しがあったようにベルウッドレーベルは世界からも注目されるようになっていったようです。

音楽の未来は「ストリーミング」から「ストリーミング+NFTメタバース」に向かってるなどと予想される今、私もベルウッドレーベル50周年を機に、ベルウッド作品の世界化と芸術化を推進できればと思ってます。
今後とも、何卒ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【50th Anniversary Concert】

ベルウッドレコード50周年記念コンサート 
日程:2022年11月11日(金)  
会場:東京・中野サンプラザ ※出演者・チケット販売情報は後日発表
主催・企画:ベルウッドレコード/キングレコード
制作:トーン
運営:ディスクガレージ

【レーベル レビュー】

日本において、1972年から活動を開始したベルウッドほど独創的かつ画期的であったレーベルはない。キングレコードという大手の配給システムを背景にしながら、その発想は柔軟で、いつもミュージシャンの側に立っていた。メジャーでありながらもインディーズのような自由な志、これがベルウッドレコードであったのだ。日本のフォークとロックの歴史に、大きなターニング・ポイントを与えたレーベルだと言っていいだろう。だからこそ、はっぴいえんどを筆頭にして、高田渡、六文銭、はちみつぱい、加川良、あがた森魚、ザ・ディランIIといった所属アーティストから熱い支持を受け続けたのだ。昨今、日本の70-80年代の音楽が海外で評価され、アナログ盤(LP盤)で再発されることが多くなった。その中にベルウッドの音源が含まれている。日本で初めてレーベルのカラーを全面に打ち出したのがベルウッドレコードであり、このことは世界中からも注目されているのだ。
ライター 小川真一

ベルウッドレコード50周年記念ロゴ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着