丸美屋食品ミュージカル『アニー』開
幕~生オケ復活、感動と笑いがいっぱ
い!ゲネプロレポート

【THE MUSICAL LOVERS】ミュージカル『アニー』第46回

丸美屋食品ミュージカル『アニー』開幕~生オケ復活、感動と笑いがいっぱい!ゲネプロレポート
2022年の丸美屋食品ミュージカル『アニー』が4月23日(土)、東京・新国立劇場 中劇場にて開幕した。この東京公演は5月8日(日)まで上演。8月には、宮城、大阪、金沢、名古屋をツアーで巡演する(公演情報欄参照)。
主人公アニー役をWキャストで務めるのは、山崎杏(チーム・バケツ)・山本花帆(チーム・モップ)。大人キャストは、前回から続投のマルシア(ハニガン役)、笠松はる(グレース役)に加え、新たに葛山信吾(ウォーバックス役/※葛山の葛、正しくは下部が「ヒ」)、財木琢磨(ルースター役)、島ゆいか(リリー役)が初参加。演出は山田和也、音楽監督は小澤時史、振付・ステージングは広崎うらんがそれぞれ務める。
初日前日の4月22日(金)には、報道向けにゲネプロ(総通し稽古)が公開された。出演は、チーム・モップ。以下、ゲネプロのレポートを、舞台写真と共にお届けする。

<あらすじ> 1933年12月、真冬のニューヨーク。1929年に起こった世界大恐慌が色濃く残り、誰もが希望を失っていた中で、ニューヨーク市立孤児院には前向きな11歳の少女、アニーがいた。アニーは孤児院を脱走し、犬のサンディと出会うが、警官に補導され連れ戻される。そこにやって来たのが大富豪ウォーバックスの秘書グレース。彼女の取り計らいにより、アニーはウォーバックス邸でクリスマス休暇を過ごすことになる。ウォーバックスはアニーを気に入り、養子にしたいと願うが、アニーが「普通の子と同じように両親と暮らしたい。父さんと母さんを見つけ出したい」と望むので、ウォーバックスは5万ドルの賞金を用意し、アニーの両親を公開捜索する。しかし名乗り出てくるのは、両親になりすまそうとする賞金目当ての悪人ばかり。さらには孤児院長ハニガンと、その弟ルースター、ルースターの恋人リリーも悪事を企んで……。

ミュージカル『アニー』のオリジナル・ブロードウェイ初演は今から45年前の1977年4月21日。NYアルヴィン劇場で開幕し、同年のトニー賞でベスト作品賞など7部門を受賞した。以来、世界での総上演回数は1,900回にのぼる。世界大恐慌直後の1933年、真冬のニューヨーク。誰もが希望を失う中、本当の両親が迎えに来る「明日」を信じて生きる孤児・アニー。彼女が、周囲の個性あふれる孤児たちや、アニーによって変わってゆく大人たちと繰り広げるストーリー展開は、「Tomorrow」をはじめとする名曲の数々と共に、これまでのべ183万人もの観客に感動を与え続けてきた。
『アニー』が日本テレビ主催により日本で上演されるようになったのは1986年から。2022年で37年目を迎える(2020年は新型コロナウイルス感染症の影響により全公演中止、2021年は休憩なしの90分バージョンでの上演)。しかも今年は「アニー生誕100年」とされ(物語の中で、アニーの出生証明書に「誕生日は1922年10月28日」と記されていることに基づく)、丸美屋食品工業の協賛も20周年を迎える。そんな記念すべき“アニー・アニバーサリー・イヤー”の『アニー』は、2021年同様、クオリティと感染症対策を両立させた90分(休憩なし)の特別バージョンで上演された。本バージョンは、未成年、学生、アマチュア向けにマイルドにアレンジされた『アニー Jr.』という台本をベースに構成されたもので、大人がメインのシーンや楽曲、そして歴史や世情を風刺する内容、マニアックな登場人物が一部省かれ、どの年齢層にも非常に分かりやすくなっている。また、感染症対策のために、シーンやミュージカルナンバー、セットや登場人数を減らしている。ただし、2021年では演奏が録音された音源だったのに対し、今年はオーケストラの生演奏が復活した(指揮:福田光太郎)。
「ハードノック・ライフ」

■多彩な顔を見せる山本アニー
オープニング、幕前のデモンストレーションに新演出が加わり、観客の笑いを誘う。高揚した気持ちのまま始まるオーバーチュア。指揮の福田光太郎が客席に一礼し、指揮棒を振り上げる。「Tomorrow」の一節がトランペットで吹かれ、生オケの演奏がそれに続く。この瞬間から、早くも涙が止まらない。そして、幕が上がっていくーー。
山本花帆のアニーは、朗らかで生意気で、力強くて優しい。騒ぎ立てる孤児たちに「ボコボコにされたいの?!」と言い放つ声。孤児たち一人ひとりにかける「おやすみ」の声。ハニガンに命令されて文句たらたらの表情。リンゴ売りのおじさんにおねだりする甘え声。ハニガンにベタベタされると顔を中央に寄せてイヤがる顔。ハニガンに怒鳴られて息を整える姿。難しい単語のスペルを言えて誇らしげな様子……それら、彼女の演技の一つひとつに釘付けになった。なんといっても、自分の欲しいものは自分で勝ち取っていこうとするたくましさが、まさに大恐慌時代を生き抜く孤児そのものだった。歌唱力も抜群な山本のアニーは、大勢で歌っていても、その中で彼女の声が聴きとれるほどクリアな声質だ。ましてやソロの聴きごたえは……ぜひ劇場で体感していただきたい。
「Tomorrow」を歌うアニー(山本花帆) with メープル(サンディ)

■愛おしい新ウォーバックス
大富豪ウォーバックス役を演じる葛山信吾(葛山の「葛」下部、正しくは「ヒ」)は、『アニー』初参加、ミュージカルも10年ぶりの出演となる。ウォーバックス役は、2017年に『アニー』の演出が山田和也となって以来、藤本隆宏が演じ続けてきた。今回そのバトンを引き継ぎ、役に新たな生命を吹きこむ葛山は、制作発表会見にて「金持ちになることを目標に生きてきた人間が、アニーと出会って、あたたかさ、優しさに触れ、人生が豊かになっていく様を表現したい」と、自分ならではの役作りへの想いを語った。
葛山のウォーバックスは、登場シーンでこそ冷徹なビジネスマンに見えたが、アニーと出会ってからは人間味が増し、ついにはアニーにデレデレとなる。ミュージカルは10年ぶりの葛山ながら、「N.Y.C.」も優しい歌声で魅了する。アニーに自身の身の上話をするシーンは、「アニーに話を聞いてもらえた」という喜びにあふれている。アニーと対話するときの落ち着いた声、あるいは、アニーのためにあたふたする様子、アニーにとある呼びかけをされて嬉しさを隠し切れない人間くささ、そのどれもが愛おしく感じられるのだった。
新ウォーバックスさん、葛山信吾(左)
ウォーバックスの秘書であるグレース役を演じるのは、2021年も同役を演じた笠松はる。ハニガンと対決するときのコミカルさが増し、余裕すら感じる。緊張するウォーバックスに、くすくす笑いながら発破をかけるなど、長年ウォーバックスに仕えている秘書にしか見えない貫禄も見せる。アニー、ハニガン、グレースによるオペラ調のコミカルな掛け合いも、グレースの美しいハイトーンボイスがあるからこそ映えるのだ。
左から、笠松はる、山本花帆、マルシア

■2022年の三悪
2017年・2021年も孤児院の院長ハニガンを演じた(全公演中止となった2020年も演じる予定だった)マルシアは、一言でいうと「パワーアップしまくり」だった。アニーが生意気な態度を取れば、「アニー~~~~~~~~!!」と威嚇、「リトルガールズ(Little Girls)」での声量は割れんばかりで迫力全開。悔しいときには、お気に入りのクッションの上で、『放浪記』の森光子ばりのでんぐり返しを見せてくれる。面白すぎて目が離せない。
そんなハニガンがメロメロになるのは、弟ルースターの前だ。ハニガンの弟で、アニーをだます詐欺師のルースター役には舞台、ドラマ、映画で幅広く出演する財木琢磨。『アニー』初出演である。マルシア演じるハニガンは、2017年・2021年ではルースターに対して塩対応だった。ところが今年は「姉貴~!」と元気よく全力で甘えてくるルースターを受け止め、「よしよし」とあやし、甘やかしている。「可愛い弟キャラ」という立ち位置で、お金を無心してくるルースター。彼と共に登場する恋人リリーは、いつもマイペースながら、お金のことには目ざとく反応する。演じるのは「可憐Girl's」のメンバーとしてYUIKA名義で参加、現在は舞台を中心に活躍中の島ゆいか。こちらも『アニー』初参加である。財木ルースターは、「イエッ!」「ヨイショ!」「ハ~!」と合いの手を入れながら元気よく歌うが、劇の終盤に、とある失敗をしたとき「ゴメン、リリーちゃん!」と島リリーに謝る姿が、ドジで可愛い。初日前会見で、さりげなく報道陣に投げキッスを飛ばしていた財木は、天性の人たらしなのだろう。甘えん坊で元気でドジな愛すべきルースターだから、リリーもハニガンも、そのダメさを許してしまうのだな、と思わされる。
今年の三悪。左から、財木琢磨、マルシア、島ゆいか

■とにかく元気な孤児たち
幕開け、モリー(成瀬みずき)の「ママー、ママー!」という悲痛な叫び。夜中の3時だというのに眠れないことに苛立ったペパー(シーセンきあら)が突っかかると、ジュライ(小林 桜)が反論。テシー(北村 栞)を間に挟んでのケンカの騒々しいこと! 縮こまるテシー、ペパーとジュライのケンカ、ケンカは聞こえないとばかりに泰然自若としているケイト(久住星空)の対比が可笑しい。「リトルガールズ(Little Girls)」での、ハニガンをバカにしまくる生意気な態度、一方で、アニーが出演したラジオ番組を真似る「フリードレス(Fully Dressed)」では、めいっぱい歌って踊る。皆の弾ける笑顔に、観ているこちらのハッピーな気持ちが止まらない。チーム・モップの孤児たち、芝居の緩急がすばらしく、笑いと締める場面のメリハリが楽しかった。歌唱力も抜群だが、とりわけダフィ(岩淵心咲)の声の伸びやかさと、モリーのキュートすぎる声が印象に残った。
「リトル・ガール」のハニガン(マルシア)と孤児たち
ちなみにモリーがハニガンに「アニーがラジオに出ていた」と伝えると、ハニガンが「次はアニーのミュージカルでも作る?」と返す台詞がある。『アニー』の舞台である1933年はまさに、ミュージカル音楽がラジオから流れていた時代。ラジオの普及にあわせ、「ラジオで流せるから」という理由で、ブロードウェイでミュージカルが発展したという一面があった。ラジオといえば、ぜひ注目していただきたいのが、アニーが出演したラジオ番組の収録シーンで舞台最下手に位置する効果音係である。これが、かなりハチャメチャ、やりたい放題をしていた。つい筆者も心の中で「自由~!」と叫んでしまったほど。彼は、アンサンブル・キャストで、ローズベルト大統領も演じる伊藤俊彦。2018年『アニー』でも同役を演じていた。実は彼、今回オープニングから活躍するのだが、それは見てのお楽しみとしよう。
ラジオ番組の収録シーン

■ダンスキッズ、復活
今回出演するダンスキッズは、本来は2020年『アニー』に出演するため、2019年11月に選出されたメンバーだった。だが2020年は全公演中止、2021年は新国立劇場での初日(4月24日)のみの出演で、夏のツアーには参加できなかった。だから、オーディションから2年半の時を経ての出演は、『アニー』ファンにとって嬉しすぎるニュースだった。スケジュールの都合で参加できないメンバーもいるが、ダンスキッズは皆、「明日はきっといいことがある」と、鍛錬を怠らなかったであろう。ビッグナンバー「N.Y.C.」では、高嶋悠花と三輪駿斗がロマンチックに踊り、鳥塚美羽と山田紗良はアクロバティックな技で魅せる。アニー、未来のスター(木村つかさ)、ダンスキッズが舞い踊るシーンは、現実と夢、現在と未来が融合したような美しさ。ダンスキッズはカーテンコールでも見事な舞を披露し、『アニー』全体に華を添えた。
ビッグナンバー「N.Y.C.」。
劇場ロビーのキャストボードにダンスキッズのクレジット。筆者も思わず涙。
90分バージョンも2年目となり、幾分余裕が感じられ、遊びの要素も増えて、新鮮かつ刺戟的だった。その一方で、逆境を生き抜くたくましい登場人物たちを通じて、なぜ『アニー』がどんな時代でも必要とされてきたか、改めて感じ入るものがあった。そして出演者の心情に瞬間瞬間で寄り添う生オーケストラの演奏によって、作品の感動が増すのを肌で感じた。今年こそ、全公演が無事に完走できることを願う。
ローズベルト大統領も一緒に「Tomorrow」
丸美屋食品協賛20周年、バックアップあっての『アニー』。
取材・文=ヨコウチ会長
写真撮影=安藤光夫(SPICE編集部)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着