「ガンダム ククルス・ドアンの島」
に内田雄馬ら出演決定 本予告、本ビ
ジュアルも公開

(c)創通・サンライズ 6月3日から全国公開される劇場アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」に、内田雄馬らの出演が決定し、本予告映像と本ビジュアルが公開された。
 1979年に放送された「機動戦士ガンダム」の第15話「ククルス・ドアンの島」を、同作のアニメーションディレクターなどを務めた安彦良和が、新たな切り口で再映像化。戦争に巻き込まれ、地球連邦軍の新型モビルスーツ・RX-78-02 ガンダムのパイロットになった少年アムロ・レイが、「帰らずの島」での残敵掃討任務のさなか、20人の戦災孤児たちとともに暮らすジオン軍の脱走兵ククルス・ドアンと出会う。
(c)創通・サンライズ(c)創通・サンライズ 内田は、ドアンとともに暮らす子どもたちの年長者で、年齢が近いアムロと関係を築いていくマルコス役を担当。島の子どもたちにとって母親のような存在であり、ドアンに優しく接する少女カーラ役を、今作で本格的な声優デビューを果たす廣原ふうが務める。廣原を抜てきした理由について、安彦監督は「ほとんどキャリアがないなかでも、芝居の才能が十分だと思いました。経験が少ないことが魅力になるなと感じました」と明かしている。
(c)創通・サンライズ 予告編映像は、「帰らずの島」に降り立ったアムロが、ドアンによって囚われの身となってしまう場面からスタート。アムロが子どもたちの面倒を守りながら暮らすドアンと心を通わせていく一方、ジオンの将軍マ・クベが陰謀を巡らせる様子や、ドアンを追う元同僚・サザンクロス隊の出撃シーンなどが描かれる。さらに、森口博子が歌う主題歌「Ubugoe」が流れる後半では、ドアンの身を案じるカーラが涙を流す一幕や、アムロの仲間であるスレッガー・ロウらが子どもたちとともに走る場面、ガンダムやドアン専用ザク、サザンクロス隊の高機動ザクによるメカアクションなどが盛り込まれている。
 本ビジュアルは、物語の舞台となる島の夕暮れに包まれた灯台を背景に、アムロとドアンを中心としてメインキャラクターやモビルスーツが集結したイラストとなっている。
 また、5月18日に同作の最速上映イベントが開催されることも決定した。完成披露舞台挨拶には、安彦監督に加え、アムロ役の古谷徹、ドアン役の武内駿輔、ブライト・ノア役の成田剣カイ・シデン役の古川登志夫、カーラ役の廣原が登壇する。4月30日~5月8日に、ローソンチケットでチケットの先行抽選を受け付ける。なおイベントの模様は、全国15館の劇場にライブビューイングで中継される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着