Group2、およそ1年半ぶりの新曲「Or
dinary」リリース & MV公開 「内省
的なダンスミュージックです」

東京を拠点とするバンド、Group2が新曲「Ordinary」を4月20日(水)にリリース。同曲のMVも公開された。
2020年に2ndアルバム『Group2 II』をリリースし、バンドからヒップホップ、クラブ・シーンでも活躍するアクトとの交流も持つなど、シーンを横断する活動を展開するGroup2。

およそ1年半ぶりの新曲「Ordinary」は、フュージョンやAORからの影響を感じさせるダンス・ミュージック。サイケデリックなシンセサイザーによってGroup2らしいオルタナティブなサウンドに仕上がっている。

MVの監督は、Group2のアーティスト写真と本楽曲のカバー・アートワークの撮影を手がけている renzo masuda(https://www.renzomasuda.com) が担当。MV、アーティスト写真、カバー・アートワークが連動した作品になっており、Group2のサウンドにある不可思議かつポップな世界観が表現されている。

なお、本作は〈HIP LAND MUSIC〉によるデジタル・ディストリビューション&プロモーション・サービス 〈FRIENDSHIP.〉(https://friendship.mu/) がデジタル・リリースをサポートしている。

【Gropu2 コメント】

かれこれもう2年間、マスクをつけた生活を送っている。
お互いを潜在的な感染者だと思い続けながらの対話。
そこでは何を言っても、その発された言葉が“ある文脈”に属してしまうような、そういうもどかしさがある。
そんな、普通で平凡な(=Ordinary)状況とは程遠い今の状況の中で、普通で平凡な言葉や音楽というのはあり得るのだろうか。

この曲で歌われているのは、誰かを待っている時間とか、何かを忘れてしまう事とか、朝が来て夜がくることとか、そう言う何てことのない瞬間のことです。

そういう言葉やイメージが、四つ打ちのキックにのせて、あるいは、ファンキーなギターとベースのグルーブにのせて歌われる。
いかにもGroup2らしい、サビなのかサビじゃないのかわからない抽象的な展開、それでも踊らせようとするビート。まさにこの取り留めのない文書のような。

そういう要素で作り上げられている、内省的なダンスミュージックです。


【リリース情報】

Gropu2 『Ordinary』

Release Date:2022.04.20 (Wed.)
Label:FRIENDSHIP.
Tracklist:
1. Ordinary

MVクレジット
Director:renzo masuda
Stylist:yuya nakajima

■ 配信リンク(https://FRIENDSHIP.lnk.to/Ordinary)

■ Group2 オフィシャル・サイト(https://group2band.com/)
東京を拠点とするバンド、Group2が新曲「Ordinary」を4月20日(水)にリリース。同曲のMVも公開された。
2020年に2ndアルバム『Group2 II』をリリースし、バンドからヒップホップ、クラブ・シーンでも活躍するアクトとの交流も持つなど、シーンを横断する活動を展開するGroup2。

およそ1年半ぶりの新曲「Ordinary」は、フュージョンやAORからの影響を感じさせるダンス・ミュージック。サイケデリックなシンセサイザーによってGroup2らしいオルタナティブなサウンドに仕上がっている。

MVの監督は、Group2のアーティスト写真と本楽曲のカバー・アートワークの撮影を手がけている renzo masuda(https://www.renzomasuda.com) が担当。MV、アーティスト写真、カバー・アートワークが連動した作品になっており、Group2のサウンドにある不可思議かつポップな世界観が表現されている。

なお、本作は〈HIP LAND MUSIC〉によるデジタル・ディストリビューション&プロモーション・サービス 〈FRIENDSHIP.〉(https://friendship.mu/) がデジタル・リリースをサポートしている。

【Gropu2 コメント】

かれこれもう2年間、マスクをつけた生活を送っている。
お互いを潜在的な感染者だと思い続けながらの対話。
そこでは何を言っても、その発された言葉が“ある文脈”に属してしまうような、そういうもどかしさがある。
そんな、普通で平凡な(=Ordinary)状況とは程遠い今の状況の中で、普通で平凡な言葉や音楽というのはあり得るのだろうか。

この曲で歌われているのは、誰かを待っている時間とか、何かを忘れてしまう事とか、朝が来て夜がくることとか、そう言う何てことのない瞬間のことです。

そういう言葉やイメージが、四つ打ちのキックにのせて、あるいは、ファンキーなギターとベースのグルーブにのせて歌われる。
いかにもGroup2らしい、サビなのかサビじゃないのかわからない抽象的な展開、それでも踊らせようとするビート。まさにこの取り留めのない文書のような。

そういう要素で作り上げられている、内省的なダンスミュージックです。


【リリース情報】

Gropu2 『Ordinary』

Release Date:2022.04.20 (Wed.)
Label:FRIENDSHIP.
Tracklist:
1. Ordinary

MVクレジット
Director:renzo masuda
Stylist:yuya nakajima

■ 配信リンク(https://FRIENDSHIP.lnk.to/Ordinary)

■ Group2 オフィシャル・サイト(https://group2band.com/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着