越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)の相手役に工
藤美桜、そして竹中直人、岸谷五朗の
出演も決定 映画『まくをおろすな!

2023年に上映される、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴が初主演、室龍太、高田翔、寺西拓人、原嘉孝 が出演、演劇ユニット30-DELUXを主宰する清水順二が初監督する映画『まくをおろすな!』。この度、新たにキャスト、配役が発表された。
演劇ユニット30-DELUX(サーティーデラックス)が、江戸時代を舞台に新たな歴史解釈で描いた舞台『のべつまくなし』は、2019年に東京・名古屋・大阪・北九州で上演し、2020年にはさらにブラッシュアップした『のべつまくなし・改』として生まれ変わり、東京・福岡・大阪・名古屋で再演された。また、劇中の歌とダンスを再構築した『のべつまくなし・LIVE』も上演。3作でのべ3万5千人以上を動員したアクションプレイミュージカルだ。
そして、結成20周年を迎えた30-DELUX(サーティーデラックス)が、今回挑戦するのが、『のべつまくなし』の映画、『まくをおろすな!』。
越岡演じるブン太とバディを組むモン太こと近松門左衛門には、「仮面ライダーゴースト」、「魔進戦隊キラメイジャー」という二大特撮ドラマで変身ヒロインを演じ、ファッション誌「with」のレギュラーモデルやフジテレビ「ポップUP!」月曜レギュラーなどで注目の若手女優、工藤美桜。謎の作家をチャーミングに演じる。
さらに、俳人・松尾芭蕉には竹中直人、忠臣蔵の仇役でありながら、まったく違う裏の顔を持つ吉良上野介義央には岸谷五朗と、映画・演劇の両方で活躍するベテラン勢が緩急自在の演技で、映画初主演である越岡をはじめとした若手をサポートする。
そのほか、出雲也哉子役には、元宝塚男役スターの緒月遠麻、徳川幕府の実権を握る柳沢吉保には、元劇団四季出身、現在ではあらゆる商業ミュージカルで活躍する坂元健児が出演。さらに物語の鍵を握る浅野内匠頭長矩を、30−DELUXの主宰で本作で映画初監督を務める清水順二が演じる。
本映画は、歴史的人物の新解釈を織り交ぜながら、歌って、踊って、殺陣をするエンタメ満載の超デラックスミュージカル時代活劇となっている。
工藤美桜 コメント
作品のお話があった時は率直にすごく嬉しくて、挑戦してみたかった殺陣が出来るということでやってやるぞ〜!という気持ちでいっぱいでしたが、想像の何倍も難しく……でも難しいと感じた何倍も練習したので見守っていただけたらと思います。
私が演じる近松門左衛門は名前は聞いたことあるというくらいでしたが演じるにあたって曽根崎心中を読み、私なりに愛らしさもある近松を演じるようにしました。
そして、今回はミュージカル要素もあるということで歌とダンスにも挑戦!!
とっても楽しいシーンになっていると思いますので、皆さん!! 楽しみに待っていてくださいね〜!!!
岸谷五朗 コメント
若き日の頃、小劇場で必死に作品を創作し観客と共存する事だけが生き甲斐で芝居を打ち続け、まるで天下を取った気分であったが、その現実は50人弱のお客様の前でしか上演できてない非力な時代で、銀幕の世界は別次元であり恐れ多い物であった。
その世界に無謀な挑戦をする事自体が、やっぱり恐れを知らぬ小劇場根性の最たるモノに他ならない。
兎に角必死な劇団員達がやっぱり素敵で好きだ!
結果を恐れなさすぎているが、う〜ん! 面白い!
とっても幸せな接点でした。ありがとう!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着