MORISAKI WIN

MORISAKI WIN

【MORISAKI WIN インタビュー】
まだ不安の多い状況だからこそ
言えることなのかなって

純粋に心地良い曲として
気持ち良く聴けると

では、MVはどんなイメージになりそうですか?

これから撮影なんですが、車でドライブしてるイメージですね。実は「anymore」と「Live in the Moment」と「My Place, Your Place」の3作のMVは裏テーマがつながっているんです。時間軸的には発表した順番と逆で、どんどん遡ってて今回の「My Place, Your Place」が最初の部分にないるんです。

3部作のMVのエピソード1に当たるのが、今回の「My Place, Your Place」のMVになると?

そうです。「Live in the Moment」はスーツをきちっと着こなしてきれいな格好で人前でパフォーマンスしていて、そこから開放的になりたくなって大自然でスーツのネクタイをほどいてるのが「anymore」。その2作に辿り着く前の最初の部分を「My Place, Your Place」で描こうと思ってます。“人前でパフォーマンスするために何で向かおうか?”“だったら車だよね”って話になったんです。3本のイメージがひとつの線でつながっているので、全部のMVで僕はあえて同じスーツを着てるんですよ。それぞれのMVでも成立してますが、3作続けて観ていただくっていう楽しみ方もできるんです。

それは面白いですね。では、「My Place, Your Place」を作り終えての手応えを聞かせてください。

手応えはすごくありますし、結構いいと思います。さっき言ったように、告白でも結婚式でもいろんなシチュエーションで聴いてもらえる楽曲になってるんじゃないかな? そういうのは関係なく、純粋に心地良い曲として気持ち良く聴けると思います。

なるほど。では、これからの活動についてうかがっていきましょう。5月に東京と大阪でワンマンライヴツアー『MORISAKI WIN -Dancing Charter Flight』が開催されます。どんなステージになりそうですか。

前回の『FIRST FLIGHT』『FIRST FLIGHT -Transit』は生バンドとのライヴって感じだったんですが、今回は雰囲気をガラッと変えて、タイトルに“Dancing”と入っているとおりバックダンサーさんも呼んでダンスにスポットを当てたステージにしたいと思っているんです。グループを辞めてダンスをしなくなってから2年ぐらい経つんですよ。自分のできる武器が減らないように、もう一回ダンスを頑張りたいと思っているんです。しばらく全然踊っていなかったので、振り付けが全然頭に入らなくて(笑)。“ダンスってこんな難しかったっけ?”って思いましたね。でも、今までせっかくやってきたわけだし、やらないのはもったいないし、そうやって自分で自分を追い込んで頑張っています。

それはソロとしてのライヴをもっと確立していきたい、ショーとしてお客さんをより楽しませたいという気持ちの表れですよね。

そうです。ライヴの中でいろんな演出があるといいと思うんですよ。特にダンスに関しては、もっとグルーブを大事にしたダンスを増やしたいっていう想いもあります。がっつりと振り付けを入れた曲との違いを見せて、ライブ全体にメリハリをつけられたらなって。大きなことを言うと、ブルーノ・マーズと三浦大知くんを足して割ったような感じにしたい(笑)。

強者のいいポイントを参考にしつつ、MORISAKI WINのステージに昇華していくと。

はい! もちろん簡単じゃないですけどね。でも、高い目標としてそこを目指すって気持ちですね。あと、これからの想いとしては、前回やったバンドでのライヴに、今回のダンスのライヴをミックスしたものをいつかやりたい気持ちはあります。やりたいことがありすぎるんですよ(笑)。それをひとつひとつ叶えていきたいですね。

いろいろ野望があると。他にはどんなことをやっていきたいですか?

夏はミュージカルがあるのでライヴ活動は難しいと思うんですが、誕生日の8月20日はスケジュール次第ですが何かイベントができればいいなと思っています。正直言って、ファンの方と会える現場をもっと増やしたいんですよ。コロナ禍で減っちゃったんで、“僕は本当にファンがいるのかな?”と不安になったりして(笑)。しょうがないことではあるんですけど、応援してくれている方に全然会えないのは寂しいですし、やっぱライヴは大事にしたいですね。ちゃんとした公演もありつつ、ちょっとしたミニイベントも増やしていけたらいいなっていう気持ちはあります。そうした場で自分の考えをファンに話して、それによって僕自身にプレッシャーをかけて追い込んで、“みんなで新しい景色を見に行こう!”ってことがしたいですね。

取材:土屋恵介

配信シングル「My Place, Your Place」2022年5月2日配信 日本コロムビア
    • ※詳細はオフィシャルHP等をチェック

ライヴ情報

『MORISAKI WIN -Dancing Charter Flight- OSA』
5/03(火) 大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

『MORISAKI WIN -Dancing Charter Day Flight- TYO』
5/05日(木) 東京・ 昭和女子大学人見記念講堂 ※2公演
開場14:15 / 開演15:00
開場18:15 / 開演19:00

MORISAKI WIN プロフィール

モリサキウィン:1990年8月20日生。ミャンマーで生まれ育ち、小学校4 年生の時に来日、その後中学2年生の時にスカウトされ、芸能活動を開始。08年にダンス&ヴォーカルユニットに加入し、メインヴォーカルを担当。俳優としてもさまざまな役を演じ活躍する中で、2018 年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディ・プレイヤー1』で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビューを果たす。その後も数多くの映画やドラマに出演。20 年7月にアジアから世界に発信するエンターテイナー“MORISAKI WIN”として「パレード - PARADE」でメジャーデビュー。18 年より母国ミャンマーの観光大使を務め、現地でもドラマやCM に数多く出演している。MORISAKI WIN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着