つぶやく伊藤健太郎、諭す石橋蓮司 
阪本順治監督『冬薔薇(ふゆそうび)
』予告編・ポスタービジュアル・場面
写真を一挙解禁

6月3日(金)公開の映画『冬薔薇(ふゆそうび)』から、予告編とポスタービジュアル、場面写真が解禁された。
『冬薔薇』は、阪本順治監督がオリジナル脚本で描く最新作。主人公の青年・渡口淳を、本作が2年ぶりの映画出演となる伊藤健太郎が演じる。なお、阪本監督は伊藤をイメージして脚本を当て書き。そのほか、キャストには小林薫、余貴美子、眞木蔵人、永山絢斗、毎熊克哉、坂東龍汰、河合優実、佐久本宝、和田光沙、笠松伴助、伊武雅刀、石橋蓮司らが名を連ねている。なお、本作の撮影は2021年11月に行われ、同月30日(火)にオールアップしている。
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS

(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
本作の舞台は、ある港町。渡口淳(伊藤健太郎)は専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きていた。両親は埋立て用の土砂をガット船と呼ばれる船で運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ませながら日々を過ごしている。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は思いも寄らない人物のものだった。
淳(伊藤健太郎)は、不良グループ同士の揉め事で足に怪我を負い入院するが、頼みのグループからも距離を置かれてしまう。そんなある日、淳の仲間が襲われる事件が発生。予告編では、心の距離を埋めることができないでいる淳の父・義一(小林薫)が「自分で気づくの待ってんだけどね」、母・道子(余貴美子)が「あんた、背筋がぞっとしたことなんてないでしょ」と話す姿や、家族や友人、自分自身の過去と向き合うことなく、ずっと逃げてきた淳の姿が描かれている。また、「俺さ、ひでぇことしてきたかなって」とつぶやく淳に、船の機関長・沖島(石橋蓮司)が「これからはするな」と諭すなど、劇中の人間関係が垣間見える場面も収められている。
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS

(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
また、あわせて解禁されたポスタービジュアルでは、ガット船・渡口丸のブリッジ(操舵室)に立つ義一、冬薔薇の苗木を見つめる道子、振り返りながらどこか遠くを見つめる淳ら家族の姿が切り取られている。
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
(c)2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS
『冬薔薇(ふゆそうび)』は6月3日(金)より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着