山田杏奈 (C)テレビ朝日

山田杏奈 (C)テレビ朝日

「未来への10カウント」“桐沢”木村
拓哉の“不幸自慢対決”に反響 「か
っこ良過ぎた」「桐沢コーチの言葉が
心に響いた」

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第3話が、28日に放送された。
 本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学園スポーツドラマ。(※以下、ネタバレあり)
 松葉台高校の非常勤講師となり、ボクシング部のコーチも続けることになった桐沢は、2カ月後のインターハイ予選に出場し、強豪・京明高校を倒すことを目標に、指導に本腰を入れていた。
 ある日、桐沢は唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)から、「けんかで勝てるボクシングを教えてください」と訴えられる。
 しかし、授業の時間が迫っていたことから、桐沢は「あとで話そう」と話を切り上げた。その後、桐沢はボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)にこのことを話すと、折原は「生徒の問題に非常勤の先生は関わらなくていい」とけん制する。
 放課後、部活が始まると、あかりは、基本練習に励む部員たちの前で「インターハイとかどうでもいい。私は強くなれればいい」と言い放ち、練習場から飛び出す。
 ボクシング部のマネジャー・西山愛(吉柳咲良)から、あかりの母親の元再婚相手・今宮智明(袴田吉彦)が、家に押しかけて、時には暴力を振るっていることを聞いた桐沢は、あかりのことを心配する。
 そんな矢先、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムにあかりが現れる。
 放送終了後、SNS上には、「杏奈ちゃんはこういう役をやらせたら天下一品」「ほんわかしたり、ヒヤヒヤしたり、面白かった」「キムタクから頭ポンポンされたあかりちゃんがうらやまし過ぎる」などの感想が寄せられた。
 また、あかりから助けを求められた桐沢が、今宮をボクシングのリングに上げ、“不幸自慢対決”をするシーンでは、「桐沢コーチの過去が見えた。どん底に落ちるたびにはい上がっているのを知って、勇気をもらえた」「不幸を武器にできるぐらい割り切れたことを表している」「かっこ良過ぎた」「桐沢コーチの言葉が心に響いた」といったコメントが集まった。

エンタメOVO

新着