舞台「千と千尋の神隠し」

舞台「千と千尋の神隠し」

【舞台コラム】名作の世界を“生の芝
居”で味わう! 2022年後半の注目舞

 新型コロナウイルスの影響を強く受ける中、細心の注意を払い、できる限りの感染対策を施して、一歩ずつ前へと進んできた演劇・ミュージカル業界。現在も、緊急事態舞台芸術ネットワークの「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」、また政府および各自治体のガイドラインに基づいて公演が開催されている。そうした中、2022年は名作映画、名作コミックを原作とした大作舞台・ミュージカルの上演が多数予定されている。今回は、注目の舞台&ミュージカルをご紹介しよう。(※公演日程は、状況により変更になることがあります)
舞台「千と千尋の神隠し」
 スタジオジブリの大ヒット映画を、橋本環奈上白石萌音主演で初舞台化した「千と千尋の神隠し」は、東京・大阪公演を終え、5月1日~28日に福岡公演を開催する。
 舞台化に当たり、翻案と演出を、ミュージカルの金字塔「レ・ミゼラブル」の世界初演の潤色・演出を担い、英国ロイヤル・シェークスピア・カンパニーの名誉アソシエイトディレクターのジョン・ケアードが担当。主人公・千尋が迷い込んだ八百万の神々の世界を、考え抜かれた演出で作り上げた。
 登場する多彩なキャラクターの動きをアンサンブル(役名のないキャストをシーンごとに複数演じる出演者)たちによる人力で見せる手法は舞台ならでは。橋本、上白石をはじめとしたキャストたちの熱のこもった演技も相まって、物語の世界に没入することができる。
 原作を丁寧に踏襲しているため、舞台初心者にもお薦めだ。7月3日・4日の名古屋・御園座での大千秋楽公演が、Huluストアで生配信されることも決定している。
 5月1日~28日に福岡・博多座、6月6日~12日に北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru、6月22日~7月4日に名古屋・御園座で上演。
ミュージカル「るろうに剣心 京都編」
 16年に宝塚歌劇団によって、18年に早霧せいな主演で新橋演舞場でもミュージカル化され、大きな話題を呼んだ本作が、IHIステージアラウンド東京に劇場を移し、原作ファンからも人気の高い“京都編”を始めて上演する。
 主人公の緋村剣心役を演じるのは小池徹平。さらに、志々雄真実役を黒羽麻璃央、四乃森蒼紫役を松下優也、比古清十郎役を加藤和樹が演じ、演出・脚本を小池修一郎が担当する。
 会場となるIHIステージアラウンド東京は、客席が360度回転し、その周囲を囲むステージとスクリーンで作品世界を体験できる劇場だ。客席の回転、スクリーンの動き、映像、音楽、照明が一体となり、これまでの舞台とも映画とも違った、ここでしか味わえない疾走感や臨場感を体感することができる。
 ミュージカルではあるものの、ストーリー上、殺陣やアクションシーンが多い作品だけに、この特殊な劇場を使った壮大なアクションに期待が高まる。
 5月17日~6月24日に都内・IHIステージアラウンド東京で上演。
舞台「呪術廻戦」
 18年から『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載中の、シリーズ累計発行部数が6500万部を超える、芥見下々の大人気漫画を初舞台化。
 人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で払う呪術師との闘いを描いた本作は、現代社会を舞台に、古来より伝わる呪術を用いて戦うという斬新な内容が話題となり、テレビアニメの放送や映画『劇場版 呪術廻戦 0』の公開など、さまざまなメディアで展開され、人気を博している。
 今回の舞台化に当たっては、虎杖悠仁役を佐藤流司、伏黒恵役を泰江和明、釘崎野薔薇役を豊原江理佳、七海建人役を和田雅成、真人役を太田基裕、五条悟役を三浦涼介が演じるなど、2.5次元ミュージカルで活躍する人気、実力を兼ね備えた俳優が集結。
 脚本は、映画『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平、演出は、数々の作品で脚本・演出を手掛け、NHK Eテレの「みいつけた!」のオフロスキー役でも知られる小林顕作が担当する。呪術を用いた戦いを「舞台」というメディアでどのように表現するのか注目したい。
 7月15日~31日に都内・天王洲 銀河劇場、8月4日~14日に大阪・メルパルクホール大阪で上演。
ミュージカル「四月は君の嘘」
 小関裕太、木村達成、生田絵梨花と、ミュージカル界注目の若手俳優たちが集結した本作は、20年7月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて全公演中止に。2年の時を経て、今回、待望の上演となる。
 12年にマンガ大賞にノミネートされ、その後はアニメ化や映画化もされた新川直司の大ヒットコミックを原作とした本作は、音楽に引き合わされた若者たちの出会いや別れを描いた青春ラブストーリー。
 ピアノの音が聞こえなくなってしまう有馬公生を小関と木村がWキャストで、公生と同い年のバイオリニスト・宮園かをりを生田が演じる。楽曲は、「ジキル&ハイド」や「デスノート THE MUSICAL」などで知られるフランク・ワイルドホーンが全曲書き下ろす。
 小関、木村、生田をはじめ、唯月ふうか、水田航生、寺西拓人といった、歌唱力にも定評のあるキャストがそろっており、その歌声にも期待したい。普遍的な人間愛と音楽の魅力が詰め込まれた本作を、爽やかな風に乗せて届ける。
 5月7日~29日に都内・日生劇場ほか、群馬、愛知、兵庫、富山、福岡で上演。
舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」
 これまでにロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコなど、全世界5都市で開幕し、大ヒットを記録中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」。これまでにローレンス・オリビエ賞やトニー賞を含む60以上の演劇賞を世界中で獲得してきた本作が、7月8日からついに東京で上演される。
 ハリー・ポッターとロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーが魔法界を救ってから19年後の世界を舞台とした本作は、3人の子の父親となったハリーが主人公。ハリー役を藤原竜也、石丸幹二、向井理がトリプルキャストで演じ、「ハリー・ポッター」の世界を体現する。
 見どころは、何といってもその世界観。次々と飛び出す魔法の数々やハリー・ポッターの世界に入り込んだかのような舞台美術と衣裳、独創的で心躍る音楽によって、魔法の空間を体感できる。原作ファンも、そうでない人も楽しめ、共感できるストーリーも本作の魅力だ。世代を超えて楽しめる作品だけに、親子での観劇にもぴったりだ。
 7月8日から都内・TBS赤坂ACTシアターでロングラン上演。(プレビュー公演は、6月16日~7月7日)
(嶋田真己)

エンタメOVO

新着