悪魔と金欠青年の絆を描くA-1 Pictu
res最新作「Engage Kiss」7月2日放送
開始 アニメ映像初披露

(c)BCE/Project Engage 「冴えない彼女の育てかた」の丸戸史明がシリーズ構成と脚本、「デート・ア・ライブ」のつなこがキャラクター原案を務めるA-1 Picturesの最新作「Engage Kiss」の放送が、7月2日からスタートすることが決定した。大久保瑠美が出演し、オープニング主題歌をhalcaが担当することも発表され、第1弾プロモーションビデオと第1弾キービジュアルが公開されている。
 同作は、悪魔が「D災害」と呼ばれる特殊な事件を引き起こすメガフロート都市・ベイロンシティを舞台に展開するラブコメディ。D災害に対応する零細民間軍事会社(PMC)を営む金欠の青年・緒方シュウ(CV:斉藤壮馬)と、甘く危険なキスを代償として彼と契約した、世話焼きで一途な悪魔・キサラ(会沢紗弥)の危うい絆を描く。これまでは日常的なラブコメ作品として告知されていたが、このほど悪魔やPMCといった要素を盛り込んだ作品になることが判明した。
 大久保は、博愛主義を掲げる星天教会のシスターで、世界最大のエクソシスト集団のエージェントという裏の顔をもつシャロン・ホーリーグレイル役を担当。一般人にはシスターとして優しく接するが、エクソシストとしての任務遂行時には、冷徹で手段を選ばない一面を見せるという役どころだ。
 オープニング主題歌は「ヲタクに恋は難しい」や「彼女、お借りします」の主題歌を手がけたhalcaが歌う「誰彼スクランブル」に決定した。今回が初めてのオリジナルアニメ作品とのタイアップとなるhalcaは「わたし、ヤンデレヒロインが大好物なんです!! サビの『あー独りにしないで I miss you, honey !』のところは特にキサラちゃんをイメージして情緒不安定さを意識して歌いました!」と楽曲に込めた思いを明かしている。
 アニメ映像初公開となる第1弾PVの前半では、元恋人の夕桐アヤノ(Lynn)に呆れられながらも貧困生活を送るシュウと、彼を支えるキサラの日常風景を収録。後半では「誰彼スクランブル」が流れるなか、“最強の悪魔退治業者にして、ベイロンシティ唯一の悪魔使い”であるシュウと、悪魔としての姿を表したキサラが、D災害に挑んでいく姿が描かれている。
 第1弾キービジュアルにはシュウ、キサラ、アヤノ、シャロンの4人が集合。制服姿のキサラの影は、PVにも登場する武器を携えた悪魔の姿になっている。
 また、監督を「VISUAL PRISON」の田中智也、世界観設定を「トライナイツ」(シナリオ原案)の矢野俊策、アニメーションキャラクターデザインと総作画監督を「Fate/EXTRA Last Encore」の滝山真哲が務めることも発表された。
 放送は7月2日深夜12時30分から、TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11でスタート。同日深夜2時30分から、ABCテレビとメ~テレでもオンエアされる。6月4日には、キャスト陣が作品の最新情報を発表する生番組も配信。
 さらに、同作を含む「Project Engage」の一環として、スクウェア・エニックスによるスマートフォンゲーム「Engage Kill」の制作も決定した。ヒロインのクロエ・タン役を香里有佐が担当する。

新着