聡太役の奥平大兼

聡太役の奥平大兼

【インタビュー】映画『マイスモール
ランド』奥平大兼「こういう問題があ
ると知っていただき、状況が少しでも
改善されるきっかけになれば」難民申
請が不認定となるクルド人の少女と心
を通わせる高校生役に込めた思いとは

 昨今、世界中で注目を集める“難民”の問題。幼い頃、故郷を逃れたクルド人の家族と共に来日し、日本の高校に通う17歳の少女サーリャ(嵐莉奈)の目を通して、難民問題をベースに日本の現状を映し出した意欲作『マイスモールランド』が5月6日から全国公開となる。是枝裕和監督率いる映像製作者集団“分福”の新鋭・川和田恵真が商業映画初監督を務める本作で、サーリャと心を通わせる高校生・聡太を演じたのは、鮮烈なデビュー作『MOTHER マザー』(20)で数々の映画賞に輝いた注目の若手俳優・奥平大兼。2年ぶりの映画出演となる本作の舞台裏、役に込めた思いなどを聞いた。
-『MOTHER マザー』以来2年ぶりの映画出演となりますが、出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。
 僕は映画で俳優としてスタートしたので、気持ち的には「帰ってきた」という感じで「頑張ろう!」と気合が入りました。この2年、映画の現場がずっと恋しかったので、「戻ってこられた」という思いも強かったです。
-そういう2年越しの思いがかなったこの映画では、「難民」という難しい問題とどのように向き合ったのでしょうか。
 クランクインするまではあえて何も調べず、役作りもしないようにしていたので、「クルド人」という言葉以外は一切知りませんでした。実は監督の意向で、莉菜さんの家族(劇中でサーリャの家族を演じているのは、実際の嵐の家族)に会ったのも、現場が初めてだったんです。クルド人や難民を巡る細かい事情については、現場で初めて触れる方がいいのかなと。撮影が進む中で、聡太と一緒に知っていった感じです。
-当然、台本は読んでいたわけですよね?
 読みました。でも僕は、台本を自分のパート以外は読まないんです。結末を知っておかないと都合が悪い場合はさっと読みますが、基本的には自分のせりふだけを覚えるようにしています。相手のせりふは知らないまま、情報もないまま、撮影のときに初めて聞いて反応するというやり方をしています。ただ、それはこの現場に限ったことでなく、他の現場でもほぼ同じです。
-川和田監督からは芝居について、どんな指示がありましたか。
 役について、「こうしてほしい」という話はなく、「自由にやってもらって構いません。せりふも好きに変えてもらって大丈夫」と言ってくださったので、現場で感じたまま演じさせていただきました。
-難しい問題を扱った物語の中、サーリャと聡太の交流は希望にあふれた青春映画のような雰囲気で描かれ、そういう奥平さんの芝居も効果を上げています。2人が交流する場面の芝居は、どのようにして生まれたのでしょうか。
 監督からは「聡太はサーリャにとって楽しい時間を一緒に過ごす相手で、映像的にも聡太との時間は楽しくしたい」と言われていました。だからと言って、無理に楽しくするのも違うので、僕はシンプルに、サーリャを喜ばせることと、自分が楽しむことだけを心掛けました。その方がサーリャも素直に反応できるんじゃないかなと思ったので。
-サーリャ役の嵐さんはこの映画が俳優デビュー作となりますが、芝居について2人で相談することはあったのでしょうか。
 お芝居の話はしないようにしました。僕も莉菜さんと同じように、お芝居の経験が全くないまま『MOTHER マザー』でデビューしたので、気持ちは少し分かるんです。他の役者さんから、お芝居について「こうしてみたら」と言われても、どうしたらいいのか分からないし、やれる自信もなかったですし。
-そうすると、嵐さんとは現場でどんなふうに過ごしていたのでしょうか。
 本人は何も言っていませんでしたが、初めてのお芝居で主演を務め、サーリャという大変な役を演じるのは、ものすごいプレッシャーだったと思うんです。だから、莉菜さんがお芝居をしやすいようにしてあげられたら…とは思っていました。とはいえ、僕もまだ2年目で、他人にアドバイスができる立場でもないので、せめてカメラが回ってないときは楽しく過ごそうと、服や音楽の話で盛り上がっていました。それこそ、「ここは本当に撮影現場なのか?」というぐらいの勢いで(笑)。
-現場の雰囲気はいかがでしたか。
 川和田監督も初めての商業映画ということで、最初に「皆さんと一緒に作っていきたい」とおっしゃっていましたが、とてもアットホームな現場で、居心地はすごくよかったです。莉菜さんも楽しそうでしたし、みんなで模索している感じがあって、「一緒にものを作っている」という手応えがすごくありました。
イギリス人の父と日本人の母を持ち、映画の製作に当たって2年に渡る取材を重ねた川和田監督や、日本、ドイツ、イラン、イラク、ロシアという5カ国にルーツを持つ嵐さんは、この作品に対して並々ならぬ思いがあっただろうと想像します。そういう思いは、現場でどう感じていましたか。
 この映画やサーリャに対する思いは、僕よりも遥かに強いものがあったはずです。でも、僕が聡太を演じる上でそれを反映してしまうと、役として成立しないと思ったので、そこは追求しないようにしました。その辺は、監督と莉菜さんがきちんと理解しているはずなので、僕は聡太として求められていることをしっかりやろうと。
-その点、この映画の中で聡太の立場は、日常で難民の問題に接する機会が少ない日本人の代表のような存在です。聡太という役を通してこの問題に向き合ってみて、どんなことを感じましたか。
 こういう問題があると知ることができたのは、1人の人間としてすごくよかったです。今回、聡太を演じて気付いたのが、サーリャのような事情を抱えた人が身近にいたとしても、同情して、ことさら優しくしたり、態度を改めたりする必要はないのかなという事です。そういう人たちの中にも、他の人たちと同じように接してほしいと思っている人は多く、特別扱いする方がとげ(のある行為)になるんじゃないかなと。僕にも複数の国にルーツを持つ友だちがいるので、知らなかったためにとげになることをしていたのならもちろん改めます。でも、そういう場合以外は、そのままでいいのかなと。ただ、一番いいのは、こういう問題が解決して、映画にしなくても済むようになることだと思います。
-そういう意味では、難民の問題を扱ったこの映画は多くの人の注目を集めそうですが、その点はどう感じていますか。
 僕自身がそうだったように、こういう問題があることを知らない人もまだ多いはずです。出演したとはいえ、難しい問題なので、どうしたらいいのかという答えは、今のところ僕にも見つかっていません。ただ、まずはこの映画をより多くの方に見ていいただき、知ってもらうことで、状況が少しでも改善されるきっかけになってくれたらと思います。
(取材・文・写真/井上健一)

エンタメOVO

新着