横浜流星は広瀬すずとの“恋人どうし
”の関係性をどう作り上げたのか 映
画『流浪の月』場面写真&撮影秘話を
解禁

5月13日(金)公開の映画『流浪の月』(るろうのつき)から、新たな場面写真が解禁された。
『流浪の月』(東京創元社刊)は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)となった小説。10歳で誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文を松坂が演じる。“被害女児”と“加害者”という烙印を押されたまま、事件の契機となったそれぞれの秘密を抱え、更紗と文は15年後に再会する。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮役で横浜流星、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみ役で多部未華子が出演。さらに、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『悪人』『怒り』の李相日監督。
今回解禁されたのは、更紗の恋人・亮を演じた横浜流星の姿を収めた場面写真2点。亮は、“誘拐事件の元被害女児”という特殊な過去を抱える更紗を、守ろうとするがゆえにきつく束縛し、やがてその強すぎる愛情が支配、そして暴力へと変わっていく激しさと脆さをあわせ持つ人物。また、横浜は原作が本屋大賞を受賞する前から『流浪の月』のファンだと公言。映画化権を李相日監督が取得したという噂を聞きつけると、直接李に会って、未決定だった亮役のオファーを受けたという。横浜はオファーを受けて改めて原作を読み返し「亮目線で読むとまた違う見方ができた」「文目線で読んでいた時は『この男、なんなんだよ』と思っていましたが、亮目線で読むと亮にも悲しい過去があり、だからこそ更紗を精一杯に愛して守り抜きたいと思っている、共感できる人間らしい部分がありました」と振り返っている。また、最後には「僕自身が誰よりも亮を愛した」とも語っている。
(c)2022「流浪の月」製作委員会
なお、初共演で結婚を目前にした恋人どうしという設定に、広瀬と横浜はクランクイン前のリハーサルで、なかなか打ち解けられなかったという。横浜は、「李監督から『形は出来ているけど中身が見えない。まずは広瀬すずと横浜流星として二人の距離感を縮めた方がいいんじゃないか』という指摘があり、二人きりで話し合う時間を持ちました。クランクイン直前にロケ地の松本で二人で街巡りをして、蕎麦を食べたりゲームセンターに行ったりと、普通の人どうしが過ごすような日常を体験し、自然と亮と更紗になっていけたような気がします」と、秘話を明かしている。また、前半から後半にかけて感情や風貌が変化していく亮の撮影は、可能な限り劇中の時系列通りに撮影を進めていく“順撮り”で行われたとのこと。横浜は、「順撮りで撮影したことで役の感情が作りやすく、贅沢な現場だと思いました。監督は役者を第一に考えてくれる人だと感じました。すごく幸せな環境の中でお芝居ができて感謝しています」と撮影を振り返っている。
映画『流浪の月』は、5月13日(金)より全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着