木梨憲武が『木梨憲武 交響楽団』で
、世界的マエストラ三ツ橋敬子&東京
フィルと共演、スーパー・スペシャル
・ゲストに加藤茶

木梨憲武 交響楽団』と題する催しが、2022年5月2日(月)、クラシック音楽の殿堂・上野の東京文化会館 大ホールで開催された。この公演では、木梨憲武が、世界を股にかけて活躍する指揮者・三ツ橋敬子&東京フィルハーモニー交響楽団と共演、スーパー・スペシャル・ゲストとして加藤茶も登場するなど、笑いあり、感動ありの新たなクラシック・エンタテインメントが実現した。
木梨憲武は、とんねるず時代の「ガラガラヘビがやってくる」「迷惑でしょうが」「一番偉い人へ」をはじめ、“思い出作り”としてスタートした木梨憲武ソロ楽曲「不機嫌なモナリザ」「I LOVE YOUだもんで。」、さらに木梨が愛するヒット曲「さらば恋人」「帰らざる日々」「ガッチャマンの歌」などをオーケストラ・アレンジで歌った。のみならず、「ハンガリー狂詩曲第2番」、「ウィリアム・テル序曲“スイス軍の行進”」「オー・ソレ・ミオ」「ベートーベン第5番“運命”」といったクラシック音楽の代表的ナンバーも飛び出した。
PHOTO:yuichi sugita (POLYVALENT)
PHOTO:yuichi sugita (POLYVALENT)
どのようなコンサートになるか、開演前まで予測不能ながらも高い期待がSNS上で飛び交っていたが、結果、木梨ならではのフィルターを通し、格式ある硬いイメージがもたれがちのクラシック音楽が非常に親しみのあるエンタテインメントとして楽しめる音楽ということが実感できるステージとなった。
なんと言ってもハイライトは、ショウ中盤に木梨が「スーパー・スペシャル・ゲスト」として紹介した加藤茶の降臨だ。ゲストが加藤茶とわかると会場のボルテージは一気にピークに。
PHOTO:yuichi sugita (POLYVALENT)
加藤と木梨との食事会の席で『木梨憲武 交響楽団』の話が出た流れで、シークレットでの出演がったと今回の経緯を明かすなど、極上のトーク、そして往年のギャグもクラシック・アレンジとともに飛び出すなど、この公演でしか成し得ない最高のスペシャル・コーナーとなった。
そのほかにも指揮者の三ツ橋敬子が「魅せられて」を歌唱するというまさかのサプライズもあり、東京フィルハーモニー交響楽団も普段ではありえない展開を堪能した様子だった。
ラストは木梨のソロ・ステージでもお馴染みとなった北島三郎の「まつり」。こちらも尺八、三味線、太鼓が加わるオーケストラの共演という壮大なスケールでのフィナーレとなった。
PHOTO:yuichi sugita (POLYVALENT)
PHOTO:yuichi sugita (POLYVALENT)
木梨自身のお笑い・芸人への果てしないリスペクトと音楽への深い愛情と好奇心が溢れた笑いあり、感動ありの新たなエンタテインメントが誕生した瞬間といった『木梨憲武 交響楽団』となった。
なお、この公演は、アーカイブ配信されることが決定。詳細は後日発表される。そして、この公演でも披露された楽曲が収録されるニュー・アルバム『木梨ミュージック コネクション最終章 ~御年60周年記念盤~』も6月1日にリリースされる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着