松木美定や東京事変、Kroiの新曲、注
目のガールズグループ・LE SSERAFIM
など『New Music Wednesday [Music+
Talk Edition]』が今週注目の新譜を
紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、カバーを飾っている松木美定が浦上想起をゲストに迎えた楽曲や、東京事変Kroi、Tokimeki Recordsの新曲、海外からは注目のガールズグループ・LE SSERAFIM、レディ・ガガやサム・スミスの新曲、カムバックしたPSYなど、注目の新作12曲をたっぷり紹介! また紹介アーティストが出演するライブやフェス情報も掲載しているので要チェック!
松木美定、浦上想起「舞台の上で」
松木美定が、浦上想起をゲストボーカルに迎えた新曲「舞台の上で」をリリースしました。松木美定は、2018年から活動を始めた東京を拠点に活動するシンガー・ソングライターで、ジャズをバックグラウンドに持ちながらポップスを生み出すメロディメーカーとして注目を集めています。浦上想起はくるり岸田繁や音楽プロデューサーの蔦谷好位置らに絶賛されている多重録音/打ち込み音楽家です(蔦谷好位置は『関ジャム 完全燃SHOW』内の2021年ベスト曲特集で、浦上想起の「爆ぜる色彩」を5位に挙げています)。また、米津玄師の「POP SONG」でピアノを弾いたことでも話題になっています。
今回、松木美定にとって初の『New Music Wednesday』カバーとなります。4月2日(土)に東京・渋谷で開催された都市型フェス『SYNCHRONICITY’ 22』で、松木美定は浦上想起のライブにトランペッターとして参加。その日のライブ後にTwitterで新曲のリリースが発表されていました。二人はアーティスト仲間であり、かねてからの友人という関係で、今回のゲストボーカル構想は昨年夏ごろからスタートした模様。浦上想起の可憐で優しいボーカルが松木美定の作る複雑なメロに乗り、魅力的な作品となっています。そして今作は松木美定が初めて自身でトランペットを演奏しレコーディング、彼の作品の中でもジャズテイストの強い一作となっています。
東京事変「私生活」
東京事変が「私生活 新訳版」をリリースしました。2007年にリリースされた東京事変のサード・アルバム『娯楽(バラエティ)』の収録曲「私生活」を新訳したバージョンとなっています。東京事変は、昨年2021年12月24日(金)に放送された『MUSIC STATION ウルトラSUPER LIVE 2021』で「私生活」 を演奏していました。「労働」などがひとつのテーマでもあるこの楽曲ですが、労働者が権利を主張する「メーデー」である5月1日(日)にリリースされています。
Kroi「Pixie」
Kroiが新曲「Pixie」をリリースしました。『SWEET LOVE SHOWER SPRING 2022』、『OSAKA METROPOLITANROCK FESTIVAL 2022』、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2022』、『GREENROOM FESTIVAL'22』、『FUJI ROCK FESTIVAL’ 22』など今年は多くの音楽イベント、フェス出演が決定しており、Spotifyでもリスナー数が伸び続けているKroi。メンバーの千葉大樹はTwitterで「我々の(というか半分僕個人の)最近のムードになっている「広大なスケールの中にKroiシグネチャーなベッドルーム感を同居させるサウンドメイク」が理想に近い形で表現できたかな、と思ってます!」とコメント。タイトルの「Pixie」は妖精を意味しており、日常に潜む夢の世界に誘ってくれる妖精を探す物語をテーマに楽曲は制作されています。
レディ・ガガ「Hold My Hand (Music From The Motion Picture "Top Gun: Maverick")」
レディ・ガガの新曲「Hold My Hand (Music From The Motion Picture "Top Gun: Maverick")」がリリースとなりました。今作は1986年に公開されたトム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』の続編で、5月27日(金)に日米同時公開される映画『トップガン マーヴェリック』のサウンドトラックです。レディ・ガガは映画『アリー/ スター誕生』のために制作したブラッドリー・クーパーとの「Shallow」で『アカデミー賞』「歌曲賞」を、『ハンティング・グラウンド』のために制作した「Til It Happens To You」も歌曲賞にノミネートされるなど映画音楽を過去に何度も提供しています。本楽曲は、レディ・ガガとはアルバム『Chromatica』、『Joanne』を共作し、ジャスティン・ビーバーの作品を手がけたことでも知られるブラッド・ポップが共同プロデューサーとしてクレジットされています。
サム・スミス「Love Me More」
先週リリースされ『New Music Friday Japan』にリストインしていたサム・スミスの新曲「Love Me More」が『New Music Wednesday』にもリストイン。サム・スミスは昨年2021年、映画『ディア・エヴァン・ハンセン』のサウンドトラックとしてサマー・ウォーカーと「You Will Be Found」をリリースしていますが、それを除いた自身のオリジナル作品としては2020年のアルバム『Love Goes』以来となります。タイトルに表されている通り、自分自身を愛し、自分自身を肯定できるようになったことの喜びが表現されています。長年のコラボレーターである音楽プロデューサーのジミー・ネイプスとスターゲイトと再タッグを組んだ楽曲で、Spotifyでは各国の『New Music Friday』のカバーを飾っています。
ジャスティン・ビーバー、ドン・トリヴァー「Honest」
先週の『New Music Friday Japan』でカバーを飾ったジャスティン・ビーバーの新曲「Honest」が『New Music Wednesday』にもリストインしています。今年に入ってもケラーニの「up at night」やオマー・レイの「Attention」などに客演参加しているジャスティン・ビーバーですが、客演楽曲を除いた本人名義のシングルとしては昨年の「Ghost」以来のシングルとなります。スクリレックスの「Don’ t Go(with ジャスティン・ビーバー&ドン・トリヴァー)」でも共演した、ラッパーのドン・トリヴァーが客演参加しています。ジャスティン・ビーバーは先週75秒の新曲「I Feel Funny」もリリースしており、MVがヒップホップのプラットホーム、リリカル・レモネード上で公開されています。このMVはリリカル・レモネードの創始者であり映像監督でもあるコール・ベネットが監督を務めており、「Honest」のMVの撮影の合間にコール・ベネットのiPhoneで撮影されたものとなっています。
PSY「That That(prod. & feat. SUGA of BTS)」
「江南スタイル」のヒットなどで知られるPSYが、4月29日(金)にニューアルバム『PSY 9th』をリリースしました。PSYのアルバムリリースは、2017年5月発表の『PSY 8th 4X2=8』以来およそ5年ぶり。BTSのSUGAがプロデュース、フィーチャリングで参加した「That That(prod. & feat. SUGA of BTS)」が『New Music Friday Japan』に続き『New Music Wednesday』にもリストインしています。「That That(prod. & feat. SUGA of BTS)」はリリース後70カ国を超える国のソングチャートで1位を獲得しており、Spotifyのグローバルチャートでも現在16位にチャートインしています。SUGAの方からPSYに「プロデュースをしたい」というオファーがあり、今回のコラボが実現した模様です。
LE SSERAFIM「FEARLESS」
LE SSERAFIMが、1stミニ・アルバム『FEARLESS』をリリースしました。LE SSERAFIMは宮脇咲良、ホ・ユンジン、KAZUHA、キム・ガラム、ホン・ウンチェ、リーダーのキム・チェウォンからなる6人組グループで、BTSやTOMORROW X TOGETHERが所属する韓国の芸能事務所HYBE初のガールズグループとして注目を集めています。リリース前から先行注文数が4月29日(金)時点で38万枚を突破するなど注目を集めており、5月2日(月)午後6時に公開した「FEARLESS」のMVの再生数は公開から19時間で1000万回を突破。日本、ブラジル、フィリピン、シンガポール、インドネシア、チリなど世界各国のチャートで1位を獲得しています。Spotifyではプレイリスト『K-Pop Fresh』のカバーも飾っています。
Tokimeki Records「You Are Nobody(feat. ひかり)」
Tokimeki Recordsの新曲「You Are Nobody(feat. ひかり)」がリリースになりました。Spotify次世代アーティスト応援プログラム『RADAR:Early Noise 2021』にも選出されていたTokimeki Recordsは、初のオリジナルアルバム『透明なガール』を今年の秋にリリースすることを発表しており、本楽曲はアルバムからの先行シングルとなります。80年代、90年代のカバー曲で脚光をあびてきたTokimeki Recordsですが本作はオリジナル楽曲で、今後の新たな展開が期待されます。ヴォーカリストには、Tokimeki Recordsではお馴染みのMimeのシンガー・ひかりを迎えて制作されています。
TAIKING「Summer Again」
RADWIMPSや藤井風、オカモトコウキ(OKAMOTO’ S)などのライブサポートアクトを行い、幅広く活動しているSuchmosのギタリストTAIKINGが新曲「Summer Again」をリリースしました。TAIKINGは昨年ソロプロジェクトをスタートし8月にデビューシングル「Easy」をリリース、ファーストライブとして野外フェス『SWEET LOVE SHOWER 2021 -25th ANNIVERSARY-』への出演が決定していたものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催が中止。その後、2月26日(土)に東京・渋谷CLUB QUATTROでソロとして初のワンマンライブを開催していました。今年は『OTODAMA’ 22~音泉魂~“BACK TO THE OFURO”』や『GREENROOM FESTIVAL'22』などの大型イベント・フェスへの出演が発表されています。なおTAIKINGは先日リリースになったオカモトコウキのニューアルバム『時のぬけがら』にも参加していますが、二人は7月に東京と大阪で2マンライブ『Between You And Me Vol.1』を開催することも発表されています。
SEKAI NO OWARI「Habit」
『New Music Friday Japan』にもリストインしていたSEKAI NO OWARIの新曲「Habit」が『New Music Wednesday』にリストイン。4月29日(金)から公開されている映画『ホリック xxxHOLiC』の主題歌で、監督を務めている写真家の蜷川実花の「今を生きる若者たちへの優しさを込めてほしい」というオーダーに応えた楽曲です。蜷川実花は6月22日(水)に発売されるCDシングルの初回限定:フォトブック盤のジャケット写真やフォトブックも撮り下ろしています。今まで写真作品としては何度もコラボレーションをしたSEKAI NO OWARIと蜷川実花が、映画を通してコラボレーションした作品となっています。
Perfume「さよならプラスティックワールド」
『New Music Friday Japan』にもリストインしていたPerfumeの新曲「さよならプラスティックワールド」が、『New Music Wednesday』にリストインしています。NHK『みんなのうた』4月〜5月の新曲として放送されている楽曲で、インターネットやSNSがあたりまえで情報過多な現代、誰しも少なからず息苦しさや違和感を感じている中、「自分の感覚や自らで実体験することによって、もっと素敵な未来や運命に変えられる!」というメッセージが表現されています。Perfumeは今年の初夏に2018年8月リリースの「Future Pop」以来約4年ぶりとなるニューアルバムをリリースすることを発表しています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO

『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!?
今週のメッセージテーマは「あなたが初めて買った曲は?&あなたが初めて行ったライブは?」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着