【日向坂46】けやき坂46初アルバム”
走り出す瞬間”の魅力を解説

2018年6月20日、けやき坂46初の単独アルバム”走り出す瞬間”がリリースされました。このアルバムには、Type-A、Type-B、通常版を合わせて、全28曲を収録しています。今回は、その”走り出す瞬間”の魅力について、お伝えしていきます。リード曲”期待していない自分”まずは、このアルバムのリード曲”期待していない自分”です。佐々木美玲がセンターを務め、パフォーマンス中の彼女の表現力からは凄まじいものを感じます。MVでは、メンバーそれぞれが特技を披露しています。また、MV終盤において、メンバー全員でのビル屋上で風を浴びながらのダンスパフォーマンスは圧巻です。曲終わりには、アルバムタイトルでもあるメンバーの”走り出す瞬間”を映しているカットにも注目です。この曲のパフォーマンスからは、グループとしてもっと前に進むんだという意気込みを感じることができます。魅力がたくさん詰まった良曲となっています。ソロ曲、ユニット曲が多数収録“わずかな光”、”男友達だから”、”居心地悪く、大人になった”といったソロ曲を3曲収録。この斎藤京子のソロ曲”居心地悪く、大人になった”は彼女の歌声に惚れること間違いなしです。ユニット曲も多数収録され、りまちゃんちっくの”沈黙した恋人よ”は、最も人気なユニット曲のひとつです。(”沈黙した恋人よ”初収録は、欅坂46 1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」)他にも、“線香花火が消えるまで”、”ノックをするな!”、”三輪車に乗りたい”、”キレイになりたい”などの魅力的なユニット曲が多数収録されています。ライブで盛り上がる曲多数このアルバムでは、ライブで盛り上がる曲も多数収録。以前より披露されている”誰よりも高く跳べ!”、“NO WAR in the future”等に加えて、“ひらがなで恋したい”、”おいで夏の境界線”、”半分の記憶”等が初収録されています。“ひらがなで恋したい”は日向坂46となった今でも、ライブで披露され、盛り上がりを見せています。以上、けやき坂46初の単独アルバム”走り出す瞬間”の魅力を紹介させていただきました。日向坂46として活躍している今だからこそ、改めて聴きたいのがけやき坂46(ひらがなけやき)の楽曲です。ぜひ、”走り出す瞬間”に再注目していただきたいです。※個人の見解を含みます。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着