リス・トーマス

リス・トーマス

ハリウッド実写版「超時空要塞マクロ
ス」、マーベルドラマ「ホークアイ」
演出家が監督

リス・トーマスPhoto by Jesse Grant/Getty Images for Disney 米ソニー・ピクチャーズが準備中の「超時空要塞マクロス」の再編アニメ「Robotech(原題)」の実写映画版の監督に、マーベルドラマ「ホークアイ」の演出を手がけたリス・トーマスが起用されたと、米Deadlineが報じている。
 「Robotech(原題)」は、タツノコプロ製作の「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」の3作品をアメリカのハーモニーゴールド社が再編集して放送したテレビシリーズ。ソニー・ピクチャーズは長年にわたり企画開発を続けており、現在は「アンチャーテッド」のアート・マーカムとマット・ハロウェイが執筆した脚本を、「刑事★コムラッド 同志に別れを」のブライアン・ゲイトウッドとアレッサンドロ・タナカがリライトしている。「300」のマーク・キャントンとジャンニ・ヌナリがプロデュースする。
 トーマスは「サタデーナイト・ライブ」の演出を経て、「刑事★コムラッド 同志に別れを」や「素顔のボヘミアン・ラプソディ」などを担当。マーベルドラマ「ホークアイ」では数エピソードの演出と製作総指揮を手がけている。

新着