JASRACがウクライナのクリエーターら
を支援、ウクライナ出身の音楽家イン
タビューを公開「彼らが“楽器ではな
く銃を持って戦っている”ことはとて
も悲しくてたまりません」

日本音楽著作権協会(以下、JASRAC)の公式ページに、ウクライナ出身の音楽家/ナターシャ・グジーさんのインタビューを公開した。
これは、 CISAC(著作権協会国際連合)が実施している「Creators for Ukraine」とJASRACが連携し、ウクライナのクリエーターらを支援する取り組みの一環として公開されたもの。
ナターシャ・グジー
ナターシャさんは、2000年から日本語学校で学びながら日本での音楽活動を開始。「日本とウクライナの文化の懸け橋になりたい」という思いで活動を続けているという。来日して20年以上経っていることもあり、ウクライナの音楽との交流はあまりないそうだが、「今この瞬間に彼らが“楽器ではなく銃を持って戦っている”ことは、とても悲しくてたまりません」と語っている。このインタビューの中で、祖国ウクライナへの思いのほか、 ウクライナの音楽や文化を紹介している。
「Creators for Ukraine」は、
1.ウクライナ支援基金の創設、
2.創作者による支援声明への署名、
3.「Songs for Ukraine」キャンペーン
で構成されている。
CISACは3月16日、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻により被害を受けているウクライナのクリエーターや著作権管理団体、その職員などの支援のため、220以上の加盟団体と協力して「Creators for Ukraine」を立ち上げた。JASRACは、国際的な著作権管理団体のネットワークの一員として、CISACと連携して最大限の支援に取り組むことになった。
「Creators for Ukraine」では、CISACがウクライナのクリエーターおよび軍事侵攻の被害者を支援するための基金を創設。JASRACを含む21の団体と創作者評議会から120万ユーロ(約1億6,400万円)が集まりまった(4月13日現在)。第一弾として既に30万ユーロ(約4,100万円)が、ウクライナの700人以上のクリエーターに対する支援金の給付に使われた。また、70万ユーロ(約9,600万円)が、ウクライナに隣接するポーランドの著作権管理団体(ZAIKS)が実施している、クリエーター支援活動や難民支援活動(施設提供や支援基金)に対する助成のほか、ハンガリー、スロバキア、ルーマニア、モルドバの難民支援の慈善団体やNGOに対する寄付に使われた。ウクライナのクリエーターなど各支援先から CISACに感謝の言葉が寄せられているという。(※上記金額は、 2022年4月末日の為替レート(1ユーロ=137.33円)に基づき計算)
JASRACは3月25日、この基金に1,500万円を寄付。現在、JASRACに著作権を管理委託する権利者や役職員からの寄付を募っており、後日追加で送金する予定とのこと。
また、CISACはウクライナのクリエーターや軍事侵攻の被害者と連帯する声明を公開。 声明ではロシアに対し、罪のない市民の殺害、街や都市の破壊、自由と民主主義に対する攻撃、人権侵害、そして文化への暴挙を停止するよう求めるとともに、世界中のクリエーターに署名とハッシュタグ #CreatorsforUkraine でのシェアを呼び掛けている。
この支援声明は4月28日、世界50カ国・4,000人以上のクリエーターの署名と共に、ウクライナのオレクサンドル・トカチェンコ文化情報政策大臣に届けられた。近日中に、「オープンレター(公開書簡)」として各国の文化大臣にも送付される予定だという。CISACでは引き続き、あらゆるジャンルの創作者に署名を呼び掛けている。
そして、世界の著作権管理団体が自国の音楽配信事業者や放送局などを通して、ウクライナのクリエーターの作品の利用を呼びかけ、ウクライナの創作者コミュニティーへのロイヤルティーを増加させるキャンペーン「Songs for Ukraine」は、SNS上でハッシュタグ #SongsforUkraine を付けてお気に入りの作品をシェアすることも推奨している。ウクライナの音楽著作権管理団体(NGO-UACRR)とハンガリーの著作権管理団体(Artisjus)が協力して、ウクライナの楽曲を集めた三つのプレイリストを作成し、公開している。
■CISACビヨルン・ウルヴァース会長(ABBAメンバー)コメント
CISACビヨルン・ウルヴァース会長(ABBAメンバー)
「Songs for Ukraine」は、 国境を越えてウクライナの作品をプレイすることによって、 クリエーター支援になるシンプルでありながら優れたスキームです。 配信サイトや放送局にはこのキャンペーンに参加して、 支援のためにできる限りのことをしてほしい。

■CISACガディ・オロン事務局長コメント
CISACガディ・オロン事務局長
ウクライナの方々がすさまじい苦難に直面している中、 「Songs for Ukraine」は、 世界の創作者コミュニティーがウクライナのクリエーターとの連帯を示すための一つの方法です。 ウクライナの創作者の楽曲や作品を鑑賞し、 プロモートし、 シェアすることで、 ウクライナへの支持を表明すると同時に、 ウクライナのクリエーターがロイヤルティーを得る助けにもなります。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着