女王蜂「犬姫」の歌詞の意味は?短編映画のようなクオリティの高いMVにも注目

女王蜂「犬姫」の歌詞の意味は?短編映画のようなクオリティの高いMVにも注目

女王蜂「犬姫」の歌詞の意味は?短編
映画のようなクオリティの高いMVにも
注目

女王蜂初のデジタルシングルを2月にリリース

▲女王蜂-犬姫【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
女王蜂は初のデジタルシングル『犬姫』を2022年2月16日にリリースしました。
その後『犬姫』は2月27日にMVがYouTubeでプレミア公開されました。
CDとしては3月3日に行われた日本武道館でのライブ「犬姫」で会場限定シングルとして販売されています。
その中には女王蜂の代表曲である「Introduction」をリアレンジした「Introduction:Plan B」も収録されています。
女王蜂のボーカルのアヴちゃんは2022年5月に公開予定の映画「犬王」の主人公の声を務めており、その時に声優であり俳優の津田健次郎と共演を果たしています。
『犬姫』のMVでも映画「犬王」からの繋がりで津田健次郎が出演しており、まるで短編映画のようなクオリティの高いMVが仕上がっています。
犬姫・盲人・殿の三角関係を表現した歌詞
『犬姫』のMVには主人公の犬姫と、犬姫に惹かれる盲人、そしてその2人の関係を壊そうとする殿の3人が主に登場します。
1番の歌詞はおそらく目がほとんど見えない盲人の犬姫に対する気持ちが書かれているようです。
犬姫 歌詞 「女王蜂」
https://utaten.com/lyric/tt22042101
歌い出しの「骨を砕き肉は踊る」という歌詞はおそらく「血湧き肉躍る」という慣用句から来ており、感情の高ぶりから全身力がみなぎっている様子が表現されているのでしょう。
実際のそのあとの歌詞でも「腕が高鳴っている」とあることから、盲人は犬姫を前にしてかなり感情が高ぶっているようですね。
犬姫 歌詞 「女王蜂」
https://utaten.com/lyric/tt22042101
こちらの歌詞の「わぬ夢」や「幻」というのは盲人から見た犬姫のことを言っているのでしょう。
MVからもわかるように、盲人と犬姫ははっきり言って全く違う世界で生きてきた2人で、盲人から見た犬姫は「幻」のような存在で2人が結ばれるのは「叶わぬ夢」のようなことだと解釈できます。
犬姫 歌詞 「女王蜂」
https://utaten.com/lyric/tt22042101
このサビの部分は、盲人の犬姫に対する思いとも読み取れますし、あるいは殿からの犬姫に対する思いかもしれないですね。
盲人の犬姫に対する思いだとしたら、自分はどうなってもいいから「憧れ(犬姫)」のところに行きたい、という強い気持ちだと解釈できます。
殿の犬姫に対する思いの場合は、盲人と犬姫が互いに惹かれ合っていることに、殿は嫉妬を覚えているのでしょう。
盲人を殺してでも自分は犬姫と繋がりたいという強い思いを感じ取ることができます。
演技と現実の境界線がなくなってしまった世界
犬姫 歌詞 「女王蜂」
https://utaten.com/lyric/tt22042101
2番の歌詞は、おそらく犬姫の盲人に対する思いが書かれているのでしょう。
殿は盲人と犬姫の関係を全く認めておらず盲人を殺してしまったにも関わらず、犬姫はそれでもなお盲人に惹かれ続けています。
これまで生きてきた世界など関係なく、天国で出会った人も地獄で出会った人も出会ってしまえばみんな同じ、立場が上でも下でも関係ないという考え方を読み取ることができますね。
実際にMV内では、盲人が死んでしまった後も愛し続けた犬姫は盲人の狂気に取りつかれてしまっています。
そして衝撃なのが、その犬姫を演じていたアヴちゃん本人も取りつかれてしまったということです。
アヴちゃんはどのタイミングで狂気に取りつかれてしまったのかは分かりませんが、全身全霊で盲人と犬姫の2役を演じたことで、これらの役に惹かれてしまったのかもしれませんね。
アヴちゃんはエヴァンゲリオンのファン?
犬姫 歌詞 「女王蜂」
https://utaten.com/lyric/tt22042101
こちらの歌詞の「序・破・Q・顛末」というフレーズに注目です。
この部分は「序破急」という舞楽や能楽の構成様式を表す言葉からきており、MVの舞台が能楽堂になっていることに掛けられているのでしょう。
しかしなぜ「急」の部分が「Q」と表記されているのでしょうか?
これは2007年から4作に分けて公開された映画「エヴァンゲリオン新劇場版」から来ているようです。
この4作品は「序」「破」「Q」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」というそれぞれのタイトルが付いています。
このことから、アヴちゃんはエヴァンゲリオンのファンなのか?という声も上がっています。
「犬姫」はアヴちゃんの歌唱力とクオリティの高いMVがリンクした名曲
今回は女王蜂の『犬姫』の歌詞の意味を考察してきました。
元々女王蜂が好きな方はもちろん、女王蜂の音楽を聴いたことがない方もぜひMVを見て、聴いてみてください。
アヴちゃんの素晴らしい歌唱力と演技力、MVの構成に魅了されること間違いなしです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着